School Bus

今日はこんなことありました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゼミからも追われる。

2006-03-28 00:54:23 | 大学。
ゼミの追いコン。
このゼミから卒業するなんて、ほんとサミシイ。
エグったり、騒いだり、泣いたり、笑ったり。。
いろんなこといっぱいあって、ここに全部は書けないけど。
ただ一ついえるのは、この学部入って、この専攻選んで、このゼミと出会えてよかったってこと。
先生もゼミ生も最高でした

初めはどうなることかと思ったけどね。キャラ濃すぎで。
でも結局は、「類は友をよぶ」。
みんな仲良しこよしになりました。

大学で一番の思い出。私のキャンパスライフの全て。
そんな居場所から巣立ちました。
もう大人です。泣かないもん。

3次会のカラオケ、相変わらずのアニソンで。
最後まで爆笑でした。
この雰囲気、忘れないようにしたいと思います。。

2徹で朝5時まで。
さすがに死にました
次の日のデート、待ち合わせの1時間半後に起床しましたが何か?
ここ最近、すっかり居眠りキャラですが何か??

はぁぁぁ…しっかりしなきゃ。。

以上、「大学」ってカテゴリー、最後の記事でした。


この記事をはてなブックマークに追加

最後の大騒ぎ。

2006-03-23 20:11:31 | 大学。
卒業式の後は、むさこへ戻り、
プリクラとって、そっこー袴を脱ぐ。

せっかく何万円も出してかりたのに、数時間で脱いじゃうなんてもったいない
でもだからこそ貴重なのかもだけど。

で、脱いだらすぐドレスに着替えてパシフィコ横浜へ。
園遊会です
ディズニーに出てきそうなお姫様みたいな人がいっぱいいたよ
超ゴージャスだった

今年のゲストはなんと、つんく♂ww
なぜつんく
トークしてた。
しかも、「僕の歌は暗い歌が多いから…」と歌った曲が
山口百恵
もっと暗い感じの曲だったよ

でも、食事おいしかったし、何年ぶりかに会えた友達とかいて感動でした
(予備校一緒だったみなさま、あたくしヤスキチに会ったよ!マジ嬉しかった相変わらずのメガネで安心しましたww)

園遊会でクタクタになった後、今度はサークルの飲み会。
しかも魚民
安上がりなとこがまた、うちのサークルっぽくていいねww

私は気づくと眠くなり→横になり→I賀に起こされる、という連続だったよ…
でも途中寝たりしながらも、結局22:00~5:00までいました

最後まで楽しい飲みで、よかったです
ありがとうアルメ○ア

<今日の写真>
園遊会でMゼミの皆様と。みんなゴージャス

この記事をはてなブックマークに追加

発つ多麻羅、あとを濁しまくり。

2006-03-23 16:02:00 | 大学。
本日、大学を卒業いたしました

天気も、お決まりの雨
のはずでしたが、無事大学に着く頃には晴れてましたよ
あたくしの雨女っぷりも改善されたものだわ

朝、7:30頃武蔵小杉のホテルへ。
袴を着付けてもらう。
やっぱり着物はいいね。大好き

で、10:00から大学の記念館で式に出席。
でも、途中で出口に向かうTむちゃんに遭遇。
「どうしたの?」と聞いたら、
「学生証を、着付けの会場に忘れてきちゃったの卒業証書、もらえないから取りに行くの」と言われ。
「やばい私も今、持ってない!」ということに気づき。
急遽、二人で式を抜け出し、Tむちゃんの彼氏に車でむさこのホテルへ連れてってもらう。

着付け会場のおば様方は、私があまりにも早く帰ってきたのでみんなビックリ。
おば様方:「どうしたんですか?」
私:「学生証を忘れてしまったんです。学生証がないと、証書がもらえないみたいで。急いで取りに来たんです
おば様:「まぁそれは大変!急いで探さなきゃ」

たくさんの人の荷物の中から、あたくしのかばんを発見。
急いでカード類を入れてた場所を確認する。

「あった」と思って、手にしたのは…

慶○カード…
大学のクレジットカードでした

え~~、学生証を家に忘れてきた罪です…
証書、もらえず…

とりあえず、大学に戻ることに。
Tむちゃんと急いで学位授与の教室へ。
もう真面目な先生の話とか始まっていたので、遅刻してきたうちらは大注目された
クスクス笑われてしまったよ

で、一人ひとり名前を呼ばれて前に出て証書を渡される。
学生証と引き換えに。

忘れたあたくしは、
証書渡される→受け取る→くるっとひっくり返す→教授に返還、
てな感じで。
また没収されてしまった
もちろん、教室は大爆笑でしたよ。
「最後の最後まで、またウケねらって~~
とか言われましたが。
故意ではありません。ハズカシイ。。

教授には「また彼氏と取りに来れば?」とか言われ。
もう取りに行きません。。
はぁぁ
今日もツメの甘い、多麻羅なのでした。。(続く)

<今日の写真>
グループDのみなさま+Mちゃこ。卒業なんて、サミシイよぉぉ

この記事をはてなブックマークに追加

研究室。

2006-03-17 08:48:26 | 大学。
3月14日。

今日はエルモと遊びに行く予定でしたが、
卒業アルバムを大学に取りに行かなくてはならないことに気づき。
急遽、大学まで一緒に来てもらうことになりました

三田キャンパスには来たことない、って言ってたのに、
歩道橋上でいきなりデジャヴを感じたらしく。
6月に一度来たことあったかも、と言い始め
なんだよもぉ。。

無事アルバムをゲットし、キャンパスの中をうろうろ。
途中「返却されてる卒論も取りにいかなきゃ」ってことにも気づき、
教授の研究室前へ。

研究室外の廊下に論文が置いてあるので、そっと自分の論文を取り出す。
その場で「ここ直さなきゃダメっぽいみたい」とかエルモと話してたら、
(その声を聞いたからか)なんと研究室の中から教授が出てきた

教授、エルモとご対面
ウチの親にも友達にも会ったことないのにww
まさか教授が、最初に紹介する人になるとは
お互い、「あっ…どうもどうも」みたいな感じになっててウケたww

「彼氏が出来たんだってねぇ~噂はかねがね聞いてるよ~~」と言われ。ハズカシイ。。

エルモは教授の息子さんと同じ名前なので。
名前で紹介したら、教授は「良いお名前ですねぇ~~」とか言ってて面白かった。

「じゃあお邪魔しないように、戻ります」とか言って、また研究室に入っちゃうしww
ほんとビックリでした
今度の飲み会、携帯パクられて電話かけられるかもなので、注意しなきゃ

とんだハプニングに巻き込まれたエルモ。
その後、キラキラしたものがついたピアスくれたり、リゾートに連れてってくれました。
どうもありがとう感謝です

この記事をはてなブックマークに追加

寝ゲーム。

2006-02-22 23:09:30 | 大学。
アルバム作りは、オールウェイズサイゼ。
企画・予定の議論が難航し、限界よろしくな雰囲気に…
寝ゲームの始まりです。

この記事をはてなブックマークに追加

かめはめは。

2006-02-18 21:03:51 | 大学。
こないだ、卒アルの作業をサイゼリアでしていたら、隣の席にいた人が、突然カメハメハをくらい…
マジ、衝撃でした!!

この記事をはてなブックマークに追加

サンバード。

2006-02-17 23:38:12 | 大学。
先週から、ゼミ卒アル作成が本格化し始めました☆

先週はメディアのグル学で、レポにおわれて必死こいてる学生ににらまれながら、写真選び&アンケート集計で爆笑してました。

でもって今週は、祖師ヶ谷大蔵のKティの家で作業。祖師ヶ谷は、小学生の時に生ダラで「長崎屋~のサンバ~ド♪」という歌を聞いて以来、気になっていた場所で。行けてよかったです。

昼前から21時くらいまで、ぶっ続けで作業したのに、写真ページ4つ分しか完成せず…

それだけ凝ってしまったのよ…先がおもいやられる…

ゼミの皆様、プロフィールにのっけてほしいゼミメンバーの秘密・噂などを、まだまだ募集してるんで、思いついた方は早めにあたくしに教えてくださーい☆

完成が楽しみだ♪
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

大事な仲間。

2006-01-20 03:31:34 | 大学。
今日でゼミは最後。
発表するのは大変だったけど、なんか終わっちゃうのはホント寂しい。
発表後、メンバー一人ひとりがコメントをした。
あたくしは不覚にも大泣きしてしまった
泣いて始まり、泣いて終わったゼミだったな。

入った時は、すごーく仲良しだった友達が他のゼミに行っちゃったりで、ものすごく不安だった。
みんな頭いい発言ばっかするし。ついていけないと思ってた。
でも、一生懸命でものすごく熱くなる仲間と勉強・遊びにはっちゃけていたら、いつの間にかゼミが大好きになってました
もちろん、課題は毎回きつかったけど。
就活の頃とか特に。
大事な面接の時は、必ずといって良いほどレポとか発表の準備に襲われた。
特に、今度入社する会社とか。
7月の最終面接の日は、ゼミにエグらされて、ほんっとダメかと思った。
(詳しくは7月6日付近の記事を参照ください)
でも、人間、生きるか死ぬかの瀬戸際が一番いい表情してるんだよね
ゼミでエグった表情だったからこそ、内定出来たんだと思ってます

そして、ゼミ仲間にはほんとお世話になりました。
Y本の面接の時とかは、みんなから一言ずつ応援メールを送ってもらったり。
誕生日を祝ってもらえたり。
合宿・飲み・遊び…常に熱くて気配り上手なみんなに、楽しませてもらいました。
全部、いい思い出です。本当にありがとう

そして先生。
超笑顔で、でも超厳しい先生だけど。
この先生のゼミでよかったと思います。
お笑い好きだし。
(この日、いきなり「めちゃイケに出てなかった?シンクロのコーナー。」とか言われて、マジびびった
座ってた場所も当ててた。何で見てるの
何やらお酒を飲みながらめちゃイケ見てたら、私が映っていたらしく。
はじめは、酔っ払って幻覚を見ているのかと思ったらしい。
そして最終的には「さすがに卒論で忙しいのに、のんきにめちゃイケなんて観に行けないだろう。人違いだ。」と思ったらしい。。
アハハ…卒論ほったらかしで観に行きましたが…。何か??
「提出一週間前にHGを観に行った→卒論の時間足りなくなった」なんて、死んでも言えないっっww)
そんな感じで、いい先生でした。

このゼミでは、「一生懸命やること。相手のこと考えること。空気読むこと。明るく楽しく盛り上げること。笑うこと。」を学びました。
このゼミで学んだことは一生忘れません。
このゼミで、このメンバーで、一緒の時間を過ごせてよかった。
間違いなく私の人生の大切な時間。
これからも時々思い出して温めたりしながら、大事にしていきます。
メンバーの方々、ありがとうございました

この記事をはてなブックマークに追加

集大成。

2006-01-20 02:54:40 | 大学。
今日はゼミ。
卒論発表の日でした。
一人15分で発表。あたくしはトップバッター。
相変わらずの緊張で、ちょっとグダグダになってしまいましたね
まぁ、レポがまとまってなかったんで、発表もまとまるはずがないんですが。
でもなんとか終わって、良かったです。

どんなこと書いてるの?ってある人に聞かれたんで、ちょっとだけ卒論のこと書きます
あたくしは今回、「子育て力向上支援の必要性」ってテーマで論文書きました。
今、親の育て方の関係で、身体的にも内面的にも問題を抱えている子どもがいる。
それは何が原因なのか、今までそうした状況をどうやって改善しようとしてきたのか。
で、これからそれを改善する案として、総合施設(幼保一元化施設)ってのが有力視されてて。
それって何なのか、なかなか設置される話し合いが進んでないけど何が問題なのか。
日本はまだまだ総合施設が未発達だけど、イギリスでは実際に総合施設で子育て支援がされてて、しかも成果があがってる。
イギリスの総合施設ではどういう子育て支援がされてて、どういうメリット・デメリットがあるのか。
それを踏まえて、総合施設設置に行き詰まってる日本で、今何が出来るのか。

ざっといえば、そんな感じでした。
(こういえば、ちゃんと15分でまとまったのに…あたし、何やってんだろ
イギリスをなんで対象国に選んだのか。
私は「日本と経済・女性の社会進出のバックグラウンドが似ていて…」とかウダウダ言ってたけど、
率直に言えば、「イギリスが好きだったから」で
てか「何度も行きたかった国だから」で
そんな不純な動機だったから、論文書くための情報がなかなか集まらなくて。
普通、データとか見て「書けそう」と思ったらテーマに選ぶよね
そこらへん、あたくしは順番バラバラ無計画なんです…ほんと、苦労しました←自業自得

で、ロンドンに実際情報収集へ行ったわけですが。
11月の記事にも書いたけど、いろんな総合施設にメールしても断られたり。
文部省へ行ったらつまみ出されたり。散々でした
でも、そんな中、バリーさんっていう人が仕切っている総合施設に呼んでもらえた。
そこは、美術館を貸しきって親子の無料イベントやったり、10ページにも渡る会報を定期的に親子に送ったり。ほんとやる気メラメラな施設だった。
「自分がやらなきゃ誰がやる?今やらなきゃ、いつやるの?」みたいな、熱い人で。その人が惜しみなくくれた資料が、今回ほんとに役立ちました。

あとは、間違い電話がきっかけで訪問することになった施設。
この施設はイヤイヤ行ったけど、ここの訪問記が結果的には施設の実態や有効性を証明する、一番の情報になりました。

日本では、(たまたまテレビで見かけた)地元のNPO子育て広場。
ここのMさんっておば様にも、本当にお世話になった。
人気のある施設で、地域のお母さん達が子どもをつれて、一日に何人もやってくる。
「自宅のような雰囲気の中、子育てに関する悩みを解消してもらいたい」と、
この広場は、Mさんの自宅で開かれていて。
いつもにぎやか
お母さん達の会話を聞いていたら、
「○○さんが『こないだもうすぐつかみ立ちするわよ』って言ってたけど、ほんとに子どもがつかみ立ちしたのアドバイス聞いておいて、助かったわ」みたいなやりとりが聞こえてきて。
マンション街で、孤独な子育てが多い地区なのに、唯一ここではお母さん達同士の助け合いが行われている。
で、この雰囲気の良さを噂で聞いたボランティアのお菓子職人とかヨガの先生が広場にやってきて、プログラムを行ったり。
お母さんたちも積極的になってきて、元美容師が「子どもの髪の切り方」を教えたり、韓国人ママが韓国の家庭料理教えたり。
まさに「子育てしながら、親育ちも行われる場」でした
私が「地域に根ざした子育て支援が必要」って言ってたのは、
この辺の様子を見て思ったからです。

この三ヶ所の施設は、偶然出会った場所ばかり
もし、この施設に会わなかったら、私の卒論はもっとやばかったに違いありません。
ほんとにツイてました
最後の結論はほんとやっつけだったけど。もうちょい時間あったら、もうちょいちゃんと書けたかもだけど。
この研究が、今後の人生に役立つといいな。
思い返してたら、いろいろ思い出しちゃって。
長々と書いちゃって、すみませんでした

この記事をはてなブックマークに追加

ゲイ人嫌い。

2006-01-18 00:11:31 | 大学。
今日は江戸文化(エロ文化)の試験日。

「サブカルチャーの限界について」という試験テーマの噂が流れていたので、それを考えて行くことに。
でもいくら考えても、限界は見つからず。。

どうしようもないので、授業で唯一記憶に残っている「同性愛」についてちょっとだけ調べることに。
ネットでちらっと検索。
奥深い。
キモイ。
グロイ。
おえっっ
ダメだぁぁ。。

そっこーリタイア。
高校生の時は「よくゲイっぽい人、好きになるよね」と言われていたあたくしですが。
好きなのは「ぽい人」だけで。
ゲイが好きなわけではございません。

ゲイとホモの違いはわかったけどさ。
あたくしの手にはおえない奥深い世界だったので、ちらっと見て寝ちゃいました

で、いよいよ試験。
先生が問題を配る。
「①サブカルチャーの問題点 ②講義のテーマの概説 ③江戸時代の時代の呼び名(?)を漢字で書けるだけ書け」

なんじゃそりゃ~
噂と違~~う!年号とか、一つも知らんし。
(←あたくしは、「日本史は平安時代まで」のエセ日本人なもんで。)

とびっくりしていたら、
周囲の学生からもブーイングの嵐が。
したら先生、「じゃあいい!③はなし!!」とかいって。
そっこー問題1題消去ww
じゃあもとから載せるなよ、みたいな。

とりあえず、同性愛について語ってきました。
Kばっちから借りた漫画とかね。
「ユリスモール」みたいな。
どうなることやら。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加