あなたの想いを描く吉田肖像美術”四方山話”

肖像画家のたわごと・日常便り

肖像画を大切な人に贈る喜び、贈られる喜び「吉田肖像美術」

2017年03月07日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは   

 0120-94555   

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ! 

 

2013年文部科学大臣賞受賞作品(顔部分)

初めまして!こんな私がお描きしております<自画像部分> 

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。

    

www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66b.html

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!

 春の感謝キャンペーン実施中!
国会議事堂肖像画掲額作家による”高級品質細密肖像画”

是非この機会に価格表   

この水槽の中にも小さな生命が、

地球を水槽に例えれば人間はもっともっと小さな存在ですね。(何をぼやいているんでしょう)

今日は情報収集や気分転換も兼ね久しぶりに代官山へ向けてドライブ

旧山手通リから帰路へ・・・

昨日になりますが、肖像画研究会に参加されている陶芸家のさんが何気に言われた一言に、人生を教わりました。肖像画研究会の中ではおそらく一番年長さんです(失礼)。”簡単なことこそ、一番難しいんですよこの一言には深いものが詰まっているようで、いろいろ考えさせられることになりました。今更ながらに素晴らしい哲学がこめられたお言葉ですね。なるほどと思えるいろいろな過去の場面が思い起こされます。仕事でいえば日常何気なく動かしている筆でも、実際は長い年月を費やした結果なのだと。いとも簡単に思えたことが、実はそうではなかったということに改めて気づかされたようです。簡単なことがなかなかできないといった事例は数知れず、好きなことに取り組む場合でも最初は大変な苦労があるものですよね。私も昔そうであったように・・、今更ですが忘れかけた教わる側の気持ちが思い起こされたようです。肖像画研究会ではどのようにお伝えしていければよいのかといった点でも、目から鱗ではないですが大きな収穫となりました。

こんな話を思い出しました。生まれながらの盲目の少女が、医療の発達で成人になり手術を受け奇跡的に目が見えるようになったそうです。眼は見えるのですが、当初普通に歩くことが困難だったそうです。人は歩くことでも日々小さいころから転んだり、つまづいたりしながら脳で感覚を蓄積していき徐々に普通に歩けるようになるのです。目が見えるようになっていきなり健常者のように歩けるかといえば、そうでななくいろいろな物体や階段の段差など把握し幼少のころの脳トレを経て歩けているわけですね。

今朝テレビ朝日の番組で左官職人の方を取り上げていましたが、その方は3歳のころから左官職人だった厳しい父親のしつけで、毎日小手の塗り方を覚えさせられたそうです。小さいころは嫌だったものが、大人になりある時左官の魅力にはまったそうです。当然のようにその道のプロとなり、現在では海外でも活躍されているアーテストとなっております。国立近代西洋美術館の内装なども手掛けられたそうで、困難に立ち向かう強い姿勢には感銘を受けます。素晴らしい生き方をされていますが、成功の秘訣は?と問われ。”とにかくに継続することですと”やはりこの一言が出ましたね。

そういえば、私も3歳の頃から古くなった箸を一本持って、家の前の砂地に朝から夕暮れまで夢中になって絵を描いていましたね。社会人になり途中20年以上のブランクはありましたが、現在の仕事の礎になっているようです。一時期在籍していた会社では、”仕事とは何ぞや!”といった徹底した根性物語を教わったようで、この時期のノウハウも一役かっているのでしょう。人生においての経験は何一つとして無駄なことはないということでしょうか。なんの保証もない自由業でやっていけていることも、過去の経験が力強い味方になっているようです。くじけていたら苦境の中でも頑張った昔の自分に申し訳ないのですね。今日は改めて自分を振り返るイイ一日となったようです~。。

一絵一会

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分) 

    

2012年「全日肖展」東京都美術館にて”内閣総理大臣賞”受賞作品   

         

2016年制作 F100号        

 肖像画のお問い合わせは                      

 0120-94555                  

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                    

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                  

詳細はクリック吉田肖像美術                

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肖像画のご相談は東京都中野... | トップ | 肖像画作成は東京都中野区に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

記念の贈り物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。