あなたの想いを描く吉田肖像美術”四方山話”

肖像画家のたわごと・日常便り

肖像画のご相談は東京都中野区にある「吉田肖像美術」へ

2017年01月30日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは   

 0120-94555   

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ! 

 

2013年文部科学大臣賞受賞作品(顔部分)

初めまして!こんな私がお描きしております<自画像部分> 

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。

    

www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66b.html

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html  

 謹賀新年新春感謝キャンペーン実施中!
国会議事堂肖像画掲額作家による”高級品質細密肖像画”
是非この機会に
価格表
   

制作初日古くなった白黒お写真から描き起こしております。奥様のお気持ちにお応えできるよう制作致しております。

夕方になりましたが秘書の方からお電話を頂きました。早速の対応に社長様からのご承認とお褒めのお言葉を頂きました。

< 吉田肖像画塾 >                 

吉田肖像画塾は少人数制でご指導しており、  全国・都内でも数少ない”肖像画に特化”した研究会です。  将来の肖像画家を目指せるように、実践に沿った指導を心がけています。肖像画にご興味のある方、油絵は初めてという方でも大丈夫です。ご自身で驚くほどの上達をお約束いたします。多くの画家たちがそうであったように、出会いが大きな意味合いを持ちます。一つの出会いから始まり、やがて大きな輪の中で、自信を持ってご自身の才能を発揮している事に満足感を覚えて頂けることでしょう。    肖像画家の登竜門でもある第63回全日肖展(東京都美術館)で”衆議院議長賞”受賞者、”参議院議長賞”受賞者が吉田肖像画塾生から、”後援会賞”も二名 の方が受賞されました。目指せ!内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞。      

勇気を持って新しい世界への第一歩を踏み出しましょう。お待ち申しあげております     

貴方の描いた肖像画を東京都美術館に展示しませんか。   

肖像画家の登竜門”全日肖展”に挑戦!  

全日本肖像美術協会東京事務所代表吉田秋光がバックアップ致します。   

東京都中野区中野5-42-9-302    

肖像画塾のお問い合わせ0120-94555   

・・・肖像画研究会制作風景・・・ 

本日の肖像画研究会は渋谷区からさんと千葉県からさんの参加です。

 

大胆な構図でありながら、画面全体から静寂を感じることができ主役の表情から物語が生まれています。人体をリアルに描き込む作業でより大きな感動が生まれてきそうですね。

 

こちらは有名な寺院の高僧の方からのご依頼です。心して制作に取り組みましょう。

 

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分) 

   

2012年「全日肖展」東京都美術館にて”内閣総理大臣賞”受賞作品  

        

2016年制作 F100号      

     

肖像画のお問い合わせは                      

 0120-94555                  

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                   

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                 

詳細はクリック吉田肖像美術                

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肖像画のお求めは信頼の「吉... | トップ | 肖像画のお求めは「吉田肖像... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

記念の贈り物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。