あなたの想いを描く吉田肖像美術”四方山話”

肖像画家のたわごと・日常便り

肖像画のお求めは「吉田肖像美術」へ!

2017年06月09日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは   

 0120-94555   

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ! 

 

2013年文部科学大臣賞受賞作品(顔部分)

初めまして!こんな私がお描きしております  

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。

    

www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66b.html

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!

 肖像画普及キャンペーン実施中!
国会議事堂肖像画掲額作家による”高級品質肖像画”

是非この機会に価格表      

今朝はコンテ擦筆肖像画の件で、横浜市金沢区からご依頼者の姪にあたる方がお子様ずれでお見えになりました。元のご依頼者は愛知県の方で一部修正のご依頼を頂いておりました。お送りした写真では分かりにくかったようで、お見えになったのは念を入れ確認の為ということです。来週の法事を控え納期的なことを大分気にされていたご様子ですが、姪の方に画像を叔父様に送って確認を取っていただくことができました。まもなくご依頼者ご本人か様からお電話で、本日制作費をお振込み致しますとのことでした。これで一件落着です。身内の方にとっては大事なものとなりますので、微細なことでも慎重な対応が必要となります。(表情については問題なく快諾、若干背景を暗く、家紋の輪を取り除いてほしいとの内容でした。)

本日の肖像画研究会はさんの参加です。お客様とのアポが気になり、ご無理を言って申し訳なかったのですが少し時間を早めて頂きました。その後お話を頂いた都内の会社へ車を走らせました。会社は古くから茶道具を取り扱っているご様子です。出していただいた抹茶を頂きながら物腰の柔らかい社長ご夫妻ということもあり、緊張も交えずにお話をさせていただきました。内容的には絹本でお描きして掛け軸にしたいとのお話です。依頼元は茶道の大御所とのことのようですので慎重にお話を進めたいと思います。来週のアポで直接家元の本丸へお伺いし詳細の詰めをすることになりました。当初肖像画の事についてはあまりご存じでなかったようで、三越の外商部へお電話をされて私の肖像画サイトに辿り着いたようです。伊豆伊東市にいた時にお電話が入り本日のアポイントとなりました。

伊豆伊東滞在中といえば、衆議院事務局秘書課の方から全日肖展の”衆議院議長賞”の承認が降りたとのご連絡がありました。これで担当していた衆参両議院の承認がとれたこととなります。今日肖像画研究会のメンバーのOさんからお電話を頂き今月の肖像画研究会の日程調整を致しました。来週の火曜日ということに決まり5日間肖像画研究会が続くことになりました。Oさんは全日今回初めての全日肖展参加となります。将来有望な青年といった印象です。今後全日肖世代代わりの時期に重要な人材になることと思います。技術面では猛特訓となりそうですが、のりしろ充分といったところです。なかなか自分の時間が取りづらい状況になっていますが、時間を有効活用する方向で仕事をこなしていきたいと思います。

 

先代のものを参考資料としてコピーして頂きました。

< 吉田肖像画塾 >                   

吉田肖像画塾は少人数制でご指導しており、  全国・都内でも数少ない”肖像画に特化”した研究会です。  将来の肖像画家を目指せるように、実践に沿った指導を心がけています。肖像画にご興味のある方、油絵は初めてという方でも大丈夫です。ご自身で驚くほどの上達をお約束いたします。多くの画家たちがそうであったように、出会いが大きな意味合いを持ちます。一つの出会いから始まり、やがて大きな輪の中で、自信を持ってご自身の才能を発揮している事に満足感を覚えて頂けることでしょう。    肖像画家の登竜門でもある第63回全日肖展(東京都美術館)で”衆議院議長賞”受賞者、”参議院議長賞”受賞者が吉田肖像画塾生から、”後援会賞”も二名 の方が受賞されました。目指せ!内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞。          

勇気を持って新しい世界への第一歩を踏み出しましょう。お待ち申しあげております           

貴方の描いた肖像画を東京都美術館に展示しませんか。    

      

肖像画家の登竜門”全日肖展”に挑戦!公募規定もこちらから      

全日本肖像美術協会東京事務所代表吉田秋光がバックアップ致します。     

肖像画塾のお問い合わせ0120-94555   

・・・肖像画研究会会員制作風景・・・ 

皆さん同様に大詰めといったところ、微細な部分への筆入れだけとなっております。大胆な部分はすでに終了しているので、そこから細部へと追及する作業を大切にしましょう。お顔においては一ミリ二ミリといった加筆で慎重に進めましょう。

一絵一会  

     

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分)   

     

          

    

 肖像画のお問い合わせは                              

 0120-94555                          

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                            

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                          

詳細はクリック吉田肖像美術                        

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。    

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨入りですね・・・ | トップ | 肖像画の贈り物に信頼の「吉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。