あなたの想いを描く吉田肖像美術”四方山話”

肖像画家のたわごと・日常便り

左ハンドルともお別れです。

2017年05月18日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは   

 0120-94555   

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ! 

 

2013年文部科学大臣賞受賞作品(顔部分)

初めまして!こんな私がお描きしております  

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。

    

www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66b.html

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!

 肖像画普及キャンペーン実施中!
国会議事堂肖像画掲額作家による”高級品質肖像画”

是非この機会に価格表    

二日前のことに、GONTANの定期健診のため世田谷の獣医さんのもとへ。以前より気にかけていた車でしたが、世田谷区ついでということで環八沿いのシュテルン世田谷へお邪魔しました。ようやく事務局からGOサインが出ていたことから車を見に行くことになりました。なんと、現在のステーションワゴンタイプからクーペタイプへ・・・。それも乗り慣れた左ハンドルから30年ぶりに右ハンドルとなります。試乗した際はドキドキの右ハンドルでしたが、どうにか慣れそうということで見積もりを出していただくことに。下取り価格やその他の内容も予想した範囲内でした。そんな流れから、早速今日は準備した車庫証明のための書類を担当の営業マンに取りに来ていただきました。後は数日後の納車となります。車好きの私としては、ようやく乗りたい車に出会ったという感じですね。車のために仕事をしている感じ!?そんなことはないのですけれど、ささやかな男のロマンかもです。

前回の納車時車の入れ替え時のショットです

 

三十代からの懐かしの愛車遍歴人生のそれぞれの場面には必ず登場しておりましたね。

一絵一会  

    

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分)   

    

          

   

 肖像画のお問い合わせは                             

 0120-94555                         

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                           

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                         

詳細はクリック吉田肖像美術                       

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肖像画の緊急対応は「吉田肖... | トップ | 肖像画制作注文は東京都内に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。