あなたの想いを描く吉田肖像美術”四方山話”

肖像画家のたわごと・日常便り

肖像画のご相談はお気軽に東京都中野区にある「吉田肖像美術」へ

2017年06月22日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは   

 0120-94555   

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ! 

 

2013年文部科学大臣賞受賞作品(顔部分)

初めまして!こんな私がお描きしております  

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。

    

www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66b.html

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!

 肖像画普及キャンペーン実施中!
国会議事堂肖像画掲額作家による”高級品質肖像画”

是非この機会に価格表    

「肖像画家」の検索で、分不相応にも2点も画像が掲載されていますね~。2点は文部科学大臣賞受賞作と衆議院議長賞受賞作でした。不思議なことに内閣総理大臣賞受賞後の作品ということもあり、緊張した張りが取れ、気負いなく本来描きたいものを心行くまま表現した作品でしたね。自身でも気に入った作品の代表格です。内閣総理大臣賞までの道のりは過去の作品の傾向と対策で躍起になり、気持ちが張り詰めたままだったようです。

 

朝の9時半には東美さんがお見えになり今年の出品作と企画展用の内閣総理大臣賞受賞作を引き取っていただきました。東美さんには毎年出品作一覧表をお渡しして、事前に出品作の裏面に申し込み番号の記入などを含め、全面的に協力して頂き大変助かっています。東美さんのご協力で審査日の進行状況が格段に向上することになります。内閣総理大臣賞受賞は肖像画家人生において一つの通過点ということでしょうが、実際にはとても大きな心の柱となっているように実感しております。受賞できそうで受賞できなかった葛藤の日々が、現在では心地よく蘇ります。悔しい思いがあってこそのものだったと改めて思います。

その後予約していた練馬区の歯医者さんへ。待合室の雑誌AERAを見ていると下のような記事が・・・。自民党本部へは昨年4月アポなしで、突然のことにも関わらず総務部長の粋なはからいで、会場に掲げられている歴代自民党総裁の肖像画を間近で拝見させていただきました。おまけに自民党総裁室まで見学させて頂いた日の記憶がよみがえりました。

 

 その時の記念にと・・・。(2016年4月のブログより)

昨日に引き続き世界堂さんへ出向き、24日東京都美術館での審査日に必要な、模造紙や文具の購入に出向いております。

現在制作中です

一絵一会  

     

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分)   

     

          

    

 肖像画のお問い合わせは                              

 0120-94555                          

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                            

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                          

詳細はクリック吉田肖像美術                        

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。    

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全日肖展審査日は今週24日... | トップ | 全日肖展の審査日を明日に控... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

記念の贈り物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。