あなたの想いを描く吉田肖像美術”四方山話”

肖像画家のたわごと・日常便り

肖像画のご依頼は信頼のよしだあきみつのアトリエへ!

2016年10月11日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは   

 0120-94555   

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

詳細はこちらをクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ! 

 

2013年文部科学大臣賞受賞作品(顔部分)

初めまして!こんな私がお描きしております<自画像部分> 

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。

    

www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66b.html

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html 

北海道のとある市の議会事務局から朝一番でコンテ擦筆肖像画のご承認のお電話を頂きました。今後の肖像依頼についてのお話も頂きました。額縁の手配を早急にしないといけません。大変ご丁寧なお電話有難うございました。北海道ならではの寒い地域の問題もあります。コンテ画の基底材が紙ということで、温暖差による結露といったことの対策です。暖房を常時施すようにするといったことの対応をされるとのことです。この確認を取れてからと思い、額縁の手配を遅らせていた経緯があります。肖像画を飾る環境も含め、肖像画を大切に長く保存して頂くための配慮も必要となります。

草刈りも終え、温泉にもつかり、美味しいものもいただき、普段あまり観ないDVDでの映画鑑賞も5本を見終えました。あっという間の5日間、後は仕事をしないといけませんが、次回は来月ということで・・・・。仕事を継続するうえで、肖像画を描くといった製造部門的仕事も大切ですが、企画や営業に関する情報収集も大変重要となってきます。がむしゃらな時代は体力的にも過ぎたように感じますが、時代的背景も視野に、井の中の蛙にならないよう冷静に物事を見ていくことが今後求められるのでしょう。なによりも”茹で蛙”になってはいけませんね。

 

環七の事故渋滞を避け、246から山手通り経由で無事帰還いたしました。

・・・・・ 

     

2016年制作     

肖像画のお問い合わせは                

 0120-94555                 

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!             

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!           

詳細はこちらをクリック吉田肖像美術            

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。                    

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体育の日ですね。肖像画は「... | トップ | 肖像画の注文制作は信頼の「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

記念の贈り物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。