あなたの想いを描く吉田肖像美術”四方山話”

肖像画家のたわごと・日常便り

東京都美術館”第64回全日肖展”四日目を迎えました。

2017年07月06日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは   

 0120-94555   

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ! 

 

2013年文部科学大臣賞受賞作品(顔部分)

初めまして!こんな私がお描きしております  

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。

    

www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66b.html

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!

 肖像画普及キャンペーン実施中!
国会議事堂肖像画掲額作家による”高級品質肖像画”

是非この機会に価格表    

全日肖像展開催4日目、本日も沢山の来客をお迎えできました。企画部長としても連日詰めかけておりますが、一年に一度のイベントですから参加できることに意義があると思っています。全体の流れを把握することで、様々な問題点に気付かされることもありますね。

肖像画研究会参加者において大きな国会賞を受賞された方へ、大変おめでとうございます。受賞の喜びをかみしめると同時に、今後受賞者としての周囲に対する責任も自覚されることでしょう。さらに真の実力へステップアップしてほしいと望みます。数十年トライしても受賞できない方も大勢おられる中で、ご本人の努力もありつつも肖像画研究会という独学では得難い他の方の作品を同時に見ることができる環境に身を置いたことも気持ちの片隅に。現状の表現においてはまだまだ未熟なものを感じますが、今後の成長を期待するものです。賞の内容に満足することなく謙虚に日々研鑽していってほしいと願います。なぜなら肖像画家の仕事は実践現場ではるかに手厳しい世界であるからです。ここで気を緩めることなく更に自身の道を切り開いていってほしいと思います。国会賞の栄誉は一生の宝物になることでしょうね。

昼食は東京都美術館内のレストランで

ちょっと気になった作品、今後の制作を楽しみにしている作家の作品例

 

一絵一会  

      

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分)    

      

          

    

 肖像画のお問い合わせは                               

 0120-94555                           

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                            

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                          

詳細はクリック吉田肖像美術                         

肖像画が初めてといった方 内容を分かりやすく掲載しております。    

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第64回全日肖展三日目(東... | トップ | 東京都美術館”第64回全日肖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

記念の贈り物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。