風景写真春秋

残日録代わりの風景写真です。
もちろん「日残りて、昏るるに未だ遠し」という意味合いです。

彼岸花と棚田 その1

2016-09-18 | 三重県・山・北勢
 三重県亀山市坂本町にある、日本の棚田百選のひとつ坂本の棚田を訪ねてみました。
 稲刈りは終わっていると思われますが、棚田の風景と彼岸花の咲いているのを見たかったからです。

①彼岸花が土手に咲いています。
 しかしその数は多くありません。








④稲の収穫の終わった棚田です。
 機械による刈り取りです。


⑤棚田のあぜ道は農作業の邪魔になるからでしょうか、ほとんど彼岸花はありません。


⑥高齢化や人口の減少などにより、やむを得ず放置された田が増えています。


⑦下から見上げた棚田風景。
 集落から遠い棚田の下部は、特に放置田が目立ちます。
 1999年(平成11年)に棚田百選に指定された当時は440枚あったのですが、今は300枚程度と思われます。





⑨舗装された農道があり、農作業の車が走っています。








⑫彼岸花は用水路の土手に多く咲いています。
 彼岸花はこれからです。











⑯一枚の田んぼにコスモスが植えられていますが、まだほとんど咲いていません。


⑰東海自然歩道が鈴鹿山麓を縫って整備されています。


⑱上部からの風景。
 新名神高速道の工事が進んでいます。


 明日はその2です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 湖の風景 北海道 その3 ... | トップ | 彼岸花と棚田 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三重県・山・北勢」カテゴリの最新記事