風景写真春秋

残日録代わりの風景写真です。
もちろん「日残りて、昏るるに未だ遠し」という意味合いです。

ある日の海 その6

2017-07-16 | 三重県・海・伊勢湾
 三重県津市白塚海岸です。
 毎日犬を連れて、カメラバッグを持って海へ行っても、ブログを構成するに値する写真が撮れません。
 この日は晴天と釣り人がいたおかげで、どうにかブログ1回分は掲載出来そうな写真になったと思います。
 昨日、7月15日の写真です。
 24ー105mm、150ー600mmのレンズを使っています。

①今日は小潮、満潮はちょうど今ごろ、9時半過ぎです。
 三連休の初日、南北の防波堤におよそ10人ほどの釣り人がいます。
 この人はルアー釣り。


②入道雲の出来かけのような雲が青空に湧き上がっています。
 なぜか海の色が悪く、汚れたような濃紺色です。





④あちらこちらに、小イワシの群れが渦を巻いています。





⑥灯台の付近に釣り人が3名います。
 上を飛ぶのは鵜です。


⑦津市街方向を見ています。
 手前でボラがジャンプしました。


⑧北側、河芸方向の上空は、飛行機雲が走っています。


⑨チヌ(クロダイ)釣りの人が行きます。


⑩上空を舞っているのは鳩です。
 後方は津市西郊の長谷山。





⑫600mmで迫っています。
 津駅前のホテルを中心とした複合施設、アスト津です。


⑬さっぱり釣れません、といって次ぎ次に釣り人が帰り始めました。


⑭漁港の北側です。
 休漁日で船の動きはありません。


⑮釣り人が数人います。


⑯こちら側の人たちも、釣れている様子はありません。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 京都 青もみじ 永観堂 その3 | トップ | 京都 青もみじ 哲学の道 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
釣り人♪ (mako)
2017-07-16 10:53:41
おはようございます。

かえって人を入れた方が臨場感があっていいですね♪
それにしても600mmは迫ってきますね。
重いのでしょうね。
一枚目のお写真は、地球が丸いのだと判りますね。
24ー105mm、のレンズで撮られたのでしょうか?
Unknown (てくてく)
2017-07-16 12:27:09
海のある所に住んだことが無いので、空と雲と山と海の景色に、わー広いんだなぁと見せて頂きました。ありがとうございます。波の音を聴きながら海辺でこんな景色を見てみたいです。
それにしても、遠くそうな魚の種類や鳥の名前がわかるのは何故なんでしょう?
釣り人 (いせえび)
2017-07-16 13:39:58
makoさん、こんにちは。
漁港の防波堤は、そこで釣りをしている人が入ったほうが断然いいですね。
私は出来るだけ許可を得て写すのですが、今回は事前にあいさつをしたり、釣果を聞いたり、話をしているので、暗黙の了解のもとに、黙って後ろ姿だけを写させてもらいました。
600mmズームは安物なのでこの種のレンズとしては、比較的軽いほうです。
天気のいい日だと十分、手持ちで扱えます。
①は24mm相当です。
19-35mmという広角もあるのですが、かえって広すぎて違和感があり、使っていません。
コメントをいただきありがとうございました。
鳥や魚 (いせえび)
2017-07-16 13:53:57
てくてくさん、こんにちは。
春頃はカモメ類、シギ類、カモ類などの群れがいたのですが、渡りなどをしたりして、今は姿がほとんど見えなくなりました。
私はブログをしだしてから、身近な海鳥の
名前は大体分かるようになりました。
遠くで舞っているのは、海鳥でない鳩ですね。これは拡大をして確認してあります。
私は子どもの頃から釣りをしており、伊勢湾の魚の姿や習性、そして食べ味もおおよそ分かります(^^)。
あの跳ねているボラも釣ったことがあります。
この日は潮が動かず、海の青さに透明感が不足していましたが、本当はもっと青いのですよ。
波の音と潮風、潮の香を感じに、ぜひ海へお出かけください。

コメントを投稿

三重県・海・伊勢湾」カテゴリの最新記事