風景写真春秋

残日録代わりの風景写真です。
もちろん「日残りて、昏るるに未だ遠し」という意味合いです。

イワシの水揚げはまだ続いています

2016-11-05 | 三重県・海・伊勢湾
 三重県津市北部、白塚漁港です。
 最盛期よりも水揚げ量は減りましたが、イワシの水揚げはまだ続いています。

①漁を終えた船が帰ってきました。


②防波堤にいたカモメが一斉に飛び立ちました。


③船の後を追います。


④接岸した船からポンプでイワシを吸い上げます。








⑦マイワシが主ですが、量も少なく形も小さくなりました。


⑧外道のセイゴなどは自家消費用です。





⑩カモメの群れが舞っています。


⑪ここに写っているのはユリカモメばかりです。


⑫氷を積み込んでいます。


⑬カモメの群れは港口まで追って行きます。


⑭防波堤の上にもびっしりカモメがいます。


⑮再び漁場へ向かいます。
 右の船は津港から中部国際空港へ向かう高速船です。


⑯港の北では、水上バイクが競技用のブイを回っています。


⑰また船が帰ってきました。
 イワシ漁は毎日ではありませんが、12月いっぱい頃まで続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 磐梯山と秋元湖・小野川不動滝 | トップ | 桧原湖・猪苗代湖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む