風景写真春秋

残日録代わりの風景写真です。
もちろん「日残りて、昏るるに未だ遠し」という意味合いです。

京都・東福寺・光明院 その3

2017-06-16 | 京都府
 京都市東山区にある東福寺から、その塔頭(たっちゅう)のひとつである光明院へ向かいます。

①方丈、南庭。
 210坪もある広い枯山水の庭園。
 巨石と渦を巻く砂紋は四海を表わしているそうです。








④ここから通天橋の裏側が見えます。


⑤こちらは竜吟庵へ向かう偃月橋(えんげつきょう)。


⑥映画「マジソン郡の橋」を思い出す、屋根付きの橋です。
 そういえば通天橋も屋根付きの橋ですが、そこではそういう思いはしなかったですね。








⑨三門。現存する禅寺の三門(山門)としては日本最古もの。


⑩本堂。


⑪経堂。


⑫こちらは塔頭のひとつ光明院の庭園。
 白砂と苔に石組みを置いたもので、波心庭とよばれています。
 この庭も東福寺の方丈の庭と同じく、作庭家重森三玲の作です。




















⑲静かな庭園で一組しか拝観者はいませんでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都・東福寺 その2 | トップ | 霧と雲の風景 関東地方 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京都府」カテゴリの最新記事