風景写真春秋

残日録代わりの風景写真です。
もちろん「日残りて、昏るるに未だ遠し」という意味合いです。

京都・東福寺 その2

2017-06-15 | 京都府
 京都市東山区にある東福寺です。
 通天橋を下って、方丈へ向かいます。

①下から見上げた通天橋。








④三ノ橋川。





⑥境内は苔と青もみじ。




















⑬方丈へやって来ました。
 ここは西庭。
 さつきの刈り込みと砂地で、大きな市松模様を作っています。





⑮北庭。
 苔と敷石で、幾何学的な市松模様を描いています。
 この時期は背後のさつきが彩りを添えています。











⑳この方丈の庭は昭和の名作庭家、重森三玲の作です。


 なお、「通天橋」という名前に関連して、島根県隠岐、国賀海岸の「通天橋」の写真を参考までに貼り付けます。
 海蝕により岩がアーチ状にえぐられて出来たもので、天上界に通じる岩の架け橋として名付けられました。



㉒遊覧船でこの巨大なアーチのなかをくぐり抜けて来ました。




 
 東福寺とまったく関係のない写真でしたね(^^;)。

 明日は最後、その3です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都・東福寺 その1 | トップ | 京都・東福寺・光明院 その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む