Toy Box

ごちゃ混ぜ日記

がんばったね!

2015-01-28 15:31:14 | Weblog

残念でした。

錦織圭選手の全豪オープンテニスは終わりました。

3-6、4-6、6-7と3ー0の成績で・・・

今日の対戦相手は世界ランキング4位のワウリンカ選手(スイス)で彼には前回の全米ではフルセットで勝っています。

私、ベスト32位入りからTV観戦で熱くなっています。(時差が2時間なので日中に見られる)

前回の4回戦でフェレール選手(スペイン)と対戦し結果は「3-0と圧勝」と報じられましたが、

ハラハラの場も多く手に汗を握りました。

(肝心な時こそファーストサービスなのにセカンドとなるとため息が思わず出ましたよ

実力は互角ですが、肝心なポイントを逃さなかったのが勝因だったと思います。

でも今日の試合で錦織君の持ち味が生かされなかったのは、対戦相手が一枚上手だったから。

(サービスもバックハンドも安定してました)

残念でしたが日本国中を大いに沸かせてくれたのは事実です。

ありがとう! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都旅行

2015-01-23 11:27:02 | 趣味

京都へ3泊4日の旅から帰宅しました。

シーズンオフの京都は団体客も少なく、寺社仏閣をゆったりと拝観できましたが、

新緑や紅葉、花も無く寂しい限り。

しかし、この4日間で11の仏閣を拝観出来たのは、この時期だったからでしょう。

「あの仏像は、あの障壁画はどのお寺だったのか?」と拝観したお宝の品々が多すぎて、

場所が把握できない有様ですが・・・日頃の勉強不足を反省しています。

建仁寺(京都最古の禅寺)の雲竜図。当然ながら複製。(本物は撮影禁止)

最後に訪れたのは「醍醐寺」。

秀吉によって催された「醍醐の花見」はあまりにも有名な桜の名所ですが、

満開の桜を想像してそぞろ歩きを楽しんで来ました。

五重塔

開花時の桜を想像して下さい。

今回の旅は琳派(桃山から江戸にかけて活躍した芸術家・本阿弥光悦が芸術村を開いた琳派誕生から今年で400年。)

の装飾性と洗練された美を心ゆくまで味わえたのが収穫です。

長谷川等伯の障壁画、俵屋宗達の「牛図」、尾形光琳の「寿老松竹梅」は特別展示です。

その中でも一番印象に残ったのが養源院の宗達襖杉戸絵です。

表現が奇抜でモダンで美しい。

京都を訪れる度に欠かさないのが「三十三間堂」。

毎回拝観してもその感動は変わらず。お気に入りのお寺です。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都から

2015-01-20 12:34:42 | モブログ
京都、二日目です。

今回は特別拝観の寺社巡りです。

何度来ても落ち着く町ですね。

南禅寺三門から・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待っていました!

2015-01-18 09:58:37 | 趣味

やっと開花しました。

去年、1月13日のブログに載せた「寒椿」が、蕾を付けてからおよそひと月後に開花したのです。

硬い蕾が膨らむまで時間のかかることといったら・・・

一年前の写真と比べると、上に伸びましたが、葉が落ち、花は小ぶりになった感じがします。

数えたら5つ蕾を付けています。

明日は大寒。

まさにその名にふさわしい時期に咲くのですね。

去年の買ったばかりの「寒椿」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正月は終わり

2015-01-12 11:40:02 | Weblog

松の内も過ぎ、「鏡開き」も終わり、平常の毎日に戻りました。

来年用に使う飾り物を片づけ、暮れに活けた花がくたびれて来たのでアレンジすることに。

処分するにはもったいない、まだまだ楽しめそうですからね。

花器を変えて活けたら、

右の花器は手作りです。

カビの生えたお供え餅は、今日中にお腹におさめるつもりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病院通い開始

2015-01-06 19:34:53 | Weblog

今年初めての肩の治療に行ってきました。

快方に向かっている実感があったのに、数日前から度々就寝中の痛みが再発していました。

その旨を一月ぶりの診察で医師に伝えたら「ぶり返したね」と言われがっかりしました。

注意していたつもりでしたが、年末の家事で使いすぎたのでしょうか。

ヒアルロン酸を加えられた注射をして貰い、次の診察は3週間後と言われてきました。

完治には程遠いようですが、本当に以前の状態に戻るのか不安です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2015-01-03 16:23:29 | Weblog

運動不足の解消の目的で続けている散歩です。

今日は3,3キロ先にある「住吉神社」(日本の東京都中央区佃にある)へ初詣に行ってきました。

呉須で描かれた陶製の扁額は珍しい。

(摂津国佃村にちなんで「佃」と命名、正保3年(神功皇后)と(徳川家康の霊)の分霊を奉遷し、

摂津国佃の住吉社の分霊(住吉三神)とともに祀るべく、住吉神社が創建された。)・・・webより拝借

小さな境内は、地元の神様として愛されている雰囲気が、漂っており心地良さを感じました。

又、近代的なビルが立ち並ぶ周辺は、古い日本が息づいており新しい街とのバランスも興味深いもの。

住まいに近い、深川不動尊や富岡八幡宮は何度かお参りしましたが、あの混雑はいただけない。

この住吉さんは、すっかりお気に入りになりました!

 

午前10時頃

この時期、自宅から連日観られる風景。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年 新年を迎えて

2015-01-02 12:32:03 | Weblog

年が明けてから飾ったお供えです。

なんと数時間でこの通り・・・乾燥した誰かの「かかと」のようではありませんか!

平均30%の湿度の昨今ならしょうがないか。

僅か一週間滞在の娘たちを羽田空港まで送って来ました。

空港の新春のお飾りに期待していたのですが、LEDでライトアップされたツリーだけでした。

(つまり昨年の冬期間からのもの)

それに比べ成田空港は、豪華な新春のデスプレイを施して乗降客を楽しませてくれました。

(去年、一昨年に娘の帰国時に見ている)

やはり日本の玄関は成田ですか・・・

それにしても早朝と言うのに、羽田の混雑ぶりはかなりのもの。

沢山の土産物抱えたアジアのカップルや家族連れでごった返していました。

娘家族の空港への送迎は、毎年繰り返されていますが、送った後の静寂さは

嬉しいような寂しいような・・・・

おそらくそれは、自分の置かれている環境で変化していくのでしょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加