ごん太ジイジの旅日記

リタイヤしたのを機に何か記憶に残るものにしたいと思い、ここに忘備録として愛犬ゴン太目線で旅の記録を残すことにした。

秘境七滝「お宿 華坊」へ行ってきました(朝食)

2016年12月31日 | 旅行
今日は今からお風呂に入って、ご飯を食べて11時にチェックアウト(通常は10時)して自宅に帰ることになるが、おばあちゃんを娘夫婦のところへ預けているので、ゆっくり帰れるようだ。

朝ご飯は、昨日と同じ食事処で頂いた。

平たい九つに分かれたお皿に少しづつおかずが分けられており、みそ汁は熊本名物の団子汁となっていた。
ここは親父の大好きな卵かけご飯ができなかったので、とても残念そうだった。

     

朝食をすませ、朝風呂に2回入り帰る準備を始めたところ、10時過ぎに入口でゴトゴト音がしたが、気にしないでいたところ、しばらくして従業員が挨拶に現れた。何事かと聞いてみると、間違えて部屋の掃除に来たということだった。11時のチェックアウトを知らなかったようで、親父たちがまだ居たので、ビックリしたようだ。
若い女性の従業員は、カタコトの日本語でスミマセンと謝っていたので、気にしないようにと言って下がらせた。
黒川もそうだったが、若い従業員は外国人が目立つようだ。

ここ華坊が今年最後の温泉地となり、このブログも何とか大晦日までに書き上げることができた。

今年の上期は親父の病気、入院等があり、動けない時期があったことから、10月以降、九州ふっこう割と高速道路のサービスを利用して大分、熊本地方を立て続けに巡ってきたが、それぞれに感慨深いものがあったようだ。

来年も親父の体調が許せば、母ちゃんの好きな温泉巡りができると思うので、その時はまた、ブログにアップしたいと言っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秘境七滝「お宿 華坊」へ行... | トップ | 世界遺産「軍艦島」からホテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事