言力屋(ごんりきや)

趣味や言いたい事などについて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再掲 第2次安倍内閣発足について

2016-11-05 22:47:15 | 投稿
高知新聞 「声ひろば」欄 2012 1218 投稿

16日、衆議院選挙が行われた結果、自民党が圧勝し、近く自民党政権、安倍晋三総理再誕の運びとなった。そこで原発、TPP、消費税増税の3点についてこれから起こる事を解説したい。
まず、第一に安倍氏は前回内閣総理大臣であった2006年12月になされた「巨大地震による原発の危険に関する質問」に対し、安全神話そのものの答弁によりその重要性を無視した結果、福島原発事故を人災たらしめた立役者である。また福島原発の事故後、いち早く地下式原子力発電所政策推進議員連盟の顧問に就任し、もし事故等が起こっても冷却も修理も覚束ない欠陥施設を普及させようとしている原発推進論者である。次にTPPについては聖域なき関税撤廃を反対条件とし、それをクリアすれば交渉参加を表明している。だがTPPの危険な点は単なる価格破壊のみならず、食品の安全基準、米国の法令の日本への適用、ゆうちょを代表とする国民の財産の外資への提供にある。また、消費税増税についてはGDP成長を条件に導入予定だが、既に震災復興を名目とした国債発行、公共事業拡大、日銀への紙幣増刷の要求などによる見かけ上の経済成長により増税の条件はクリアされている。国民の皆様においては以上の条件を踏まえた上で、自らが今回の選挙でいかに愚かな選択を行ったか、遺憾ながら思い知ることとなることを予想する。

結果 没

投稿日 2012/12/21 投稿 | リンク用URL | コメント (0)


補足

例え結果が分かっていても抗うのを止めるべきではない
例え人間は死ぬ事が決まっていたとしても、生まれてからその瞬間までにある事こそが「人生」なのだ
決まりきった行動しか出来ない「無能」の為に「人生」を無駄にする必要などないのである
ただそれは「物理的に迷惑な存在」に過ぎないのだ
例え世界を悪魔が書き換えたとしても、自分が正しく生きる事を止める必要等無いのだから
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トミカ トミカプレミアム 19 ... | トップ | ユニバーサルユニット ガン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

投稿」カテゴリの最新記事