僕の家内は招き猫が好き

個人的なエッセイ?

おやすみなさい

2017年06月30日 | 日記
昨晩からの雨が、降り続いています。

「11時からのお葬式は、大丈夫かな?」
真っ暗な空を見上げながら、心配になりました。

でも、10時になると、雨はピタッとやみました。

「おばあちゃんが、助けてくれた?」
ちょっと、不思議な気分です。

それから、雨が降ることもなく、お葬式は無事に終わりました。
緊張の時間が過ぎて、今は静かな時間を過ごしています。

今は、色々なことを考えている。

生命のこと。
死ぬっていうこと。

そして、生きるっていうこと。

火葬場で、点火のスイッチを押す、ご遺族の心情。
お題目をお唱えしながら、震える背中を見つめていた。

生と死のはざまの中で、僕はもがいている。
遺影に手を合わせながら、たくさんの感情が、浮かんでは消えていく。

今日は、早く布団に入りましょうか。

「おばあちゃん、おやすみなさい・・・」
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい階段 | トップ | カラス »

あわせて読む