僕の家内は招き猫が好き

個人的なエッセイ?

因果応報

2016年12月24日 | 日記
 「お父さん、26日に最後の授業があるから、明日帰るね」

帰省しているゴンキチが、僕に言った。

 「そのあと、友だちと遊ぶから、30日には戻ってくるね」

てっきり、27日に戻ってくると思っていた僕は、がっかりした。
30日まで遊ぶって、なに、それ?

ゴンキチのことだから、危ない遊びはしないと思うけど、
なんかね・・・どこか納得できない。

お父さん、お母さんは、一所懸命に働いているのに、(まぁ、僕は暇だけど)
「遊ぶ」という単語が、口から出ることが信じられない。

家の手伝いくらい、してよ。
小言を言えば嫌われるから、言えない僕も情けないけど・・・。

ps
もし、もし・・・。
どの口が、そんな偉そうなことを言っているのですか?

あなた、たしか・・・「青春は、遊ぶための、大切な時間」って、豪語して、
親を泣かせ続けていたんですよね。

「帰ってきて」と、お母さんが、いくら頼んでも、返事をしなかった。

人を悲しませると、いつか自分に還ってくる。
因果応報よ!

(家内談)

・・・君にしては、難しい言葉を知っているのね。

「コラッ!」

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武士は食わねど高楊枝 | トップ | 「葉っぱのフレディ」 星降る街 »

日記」カテゴリの最新記事