僕の家内は招き猫が好き

個人的なエッセイ?

夏の夜

2017年07月29日 | 日記
花火のはじける音が、山間にこだまする。

今日は、花火大会。
たくさんの人たちが集まりました。

山の上から、打ち上げる花火。
わが家からは、大輪の花が見えます。

もう、すっかり夏。
蚊取り線香の香りとともに、雰囲気を醸し出しています。

ただ今、8月の「星降る街」の製作中です。
家内が、コンビニへ、コピーに行きました。

今月は、ナオキチの「夏の修行」の荷造りもあります。
昨晩、眠りについたのは、午前3時。

そして、家内は午前5時に、起床。
午後8時に帰ってきて、「星降る街」の作成です。

その横で、のんびりと、この日記を書いている、私。
「バチが当たるわよ」

イラストを書き入れながら、不気味な家内。

だって・・・「あなたは不器用だから、なにもしないで」って言ったのは、君じゃないか。

まるで、ラストショーのように、フィナーレを迎えた、花火の炸裂音。
やがて訪れる静寂に、身を包みながら、私は居心地の悪さを感じていました。

ps
今季アニメで、面白そうな作品。

「ホールルームへようこそ」
競技ダンスのプロを目指す、中学生のお話です。

何度見ても、あきない。
盛り上げ方が、上手です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈り | トップ | 「精霊流し」 星降る街 »

あわせて読む