僕の家内は招き猫が好き

個人的なエッセイ?

アニメ 「Re LIFE」

2017年10月03日 | Anime
「真面目でつまらない女でしょうか?
 とっつきにくいですか?」

夕暮れの校舎で、少女はうつむき、つぶやいた。

アニメ 「Re LIFE」を見ています。

人生、やり直したいと思ったことはありませんmか?

人生つまづきまくりの、海崎新新太27才。
ニート男の、学園人生ストーリー。

大学院まで出たのに、就職した会社を、たった三か月でやめた男。
27才の無職の青年が、あるプロジェクトに参加するる羽目に。

薬により、若返った外見。
けれど、中身は27才のまま・・・。

勉強や、友だち、スポーツ・・・。
クラスメイト、それぞれの悩みに、主人公は触れていきます。

おせっかいって、わかっているんだ。
でも、頭の中が、あいつらのことでいっぱいになっている。

テスト4点の、お馬鹿な主人公。

「俺がつまづいてきたからこそ、わかるんだ。
 努力しなきゃ、なにも変わらないって・・・」

「おっさん」の学園生活が、始まりました。

すごく、真面目に作られたアニメです。
ラヴコメ?の中にも、熱い気持ちがあって。

冒頭の委員長とのシーン(第2話)は、ホロリとしてしまいました。

青春の悩み・・。
やり残したことが、たくさんある。

もう一度やり直せるとしたら、どうする?
あなたなら、どう生きるの・・・?

そんな言葉を抱かせてしまう、アニメです。

すごく素敵なアニメですよ。
良かったら、どうぞ。

◆ 参考文献 「Re LIFE」 d アニメストア

ps
朝、本堂に朝勤に行った時のことです。
畳の上に、黒い板切れが落ちていました。

こんなところに、板切れ?
昨日は、なかったのに。

私は、近づきました。
目を近づけると・・・。

なんとそこにいたのは、巨大なムカデ。
鳥肌・・・。

こんなの、見たことがない。

火箸を持った家内が、トイレに流しました。

「ねぇ、トイレから出てこないよね・
 座ったとたんに、チクッて・・・ないよね?」

ムカデを流したところで、用を足す。

「祟りじゃ~」
なんて言葉が出てきそう。

この記事をはてなブックマークに追加