くりまんじゅうの日記

おばばのひまひま日記です。
平成のシーラカンスと言われております。。

四方竹2016。

2016-10-14 | 食物関係

今年もまた秋のタケノコ 四方竹の季節到来で 実家の生け垣にしている
四方竹から にょきにょき出たものを折ってきました。

  
  

毎年この時期に四方竹を載せ 同じことを綴っていますが この季節にわずか
ひと月間しか収穫できない 四角いタケノコ四方竹の  こちらは昨年の記事です ⇒ 

高知では珍しくもないですが 県外には知られておらず 歌手でいえばまだ紅白
出場がなく 一流になるを夢見て 地方で営業する演歌歌手 という感じでした。 

四方竹は 収穫して日持ちしないことから発送が困難でしたが 輸送網の発達で
今は遠くまで送れるようになり 地方の歌手も やっと都会へ出陣です。

実家地区の農家は たいていが生産者農家であり じゃ~~んと 四方竹の
皮をはぐ器械音が ひと月の間村中に響いて この季節の風物詩でもあります。

四方竹は 今回折った分が生け垣の初収穫で 出始めほど   タケノコの筒が太く
収穫の回を重ねるごとに 小さくなっていきます。

四方竹農家でなく 親竹の世話もしないわが家では 2回ほど収穫したらあとは
もう 指の回りほどに筒が細ります。

 
 

甘い目に煮た四方竹に しょうがを刻みゴマを炒り 柚子酢の寿司飯を詰めて
もう一方は 四方竹と相性のいい親鳥を入れ ピリ辛に炊きました。

短い期間の四方竹を待ち まだ出んかねと 先月から 産直に問い合わせが
あるそうで そんな待ち人に お待たせしましたと 四方竹の季節がきました。



  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来年の手帳。 | トップ | お四国巡礼17-1 結願。 »
最近の画像もっと見る

44 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くりまんじゅうさんへ (銀めばる)
2016-10-14 00:16:03
高知にきたからこそ
知りかつ食する食べ物の一品となりました
今宵
みませのじゃこ天と一緒に煮物にし
優しい歯触りで美味しく頂きました
都会ではめずらしい (鮎)
2016-10-14 04:52:13
お早う御座います。
初めて見ましたし、初めて名称をききました。
大阪では見たこともなく、知識不足もあるのかな?
名前の通り、四方が四角ですね。
おいしそうな手料理食してみたくお腹が泣いております。収穫は、今の時期なんですかね・・・
高知へ行ったら絶対に食べてやるからって決意です。
季節の味わい (ルイコ)
2016-10-14 05:31:01
 この時季ならでは、その土地ならではの味わいですね。
まさに竹輪に詰められたお寿司ですね。サクサク食感なんでしょうね。
 甘辛のお煮しめ風もその味わいは想像できますが、やはり現物を味わいたいです。
 高知の秋は四方竹のお寿司。岡山ならママカリ寿司でしょうか・・・。
くりまんじゅうさんへ (ミッキー)
2016-10-14 09:08:41
四方竹初めて耳にする名前です。
今の季節に出る竹の子って珍しいですね。
煮付けに、柚子の香りのお寿司とってもおいしそうです。
以前カボスを沢山頂いて、カボスで寿司飯を作った事がありましたが、
柚子の香りも美味しいでしょうね。

さて。お四国巡礼結願の 高野山
お帰りなさい。
お元気でお帰りのようで何よりです。
こんにちは (のびた)
2016-10-14 10:53:17
多分 食べたことはありません
四角いたけのこ 珍しいですね
地方の歌手に会ってみたいです(笑)
四方竹 (ぐり)
2016-10-14 11:14:08
高知独特のタケノコなんですね
四角くなっているところがまた珍しいし
季節的に今というのも驚きます
こちらには笹竹の子がありますけど春のものですし
お寿司がおいしそうやわ~
ゴクンと生唾の見込みました
たとえがいいですね地方の歌手
皮をむく機械があるんだそうですね
痛い思いをしてむいたものですけど
Unknown (ひまわり)
2016-10-14 11:20:44
秋に筍 珍しいですね
食べた事がありません  地方地方に特産品が
知らない物があるもんだと 感心しています

この筍の中に寿司飯を詰めて 独特ですね
くりまんじゅうさん 今度何時かチャンスがあったら食べさせてね
忘れないでね
先がない身 チャンスはないかもね~
Unknown (pico)
2016-10-14 11:32:59
おはようございます。

四方竹でっていうんですか、珍しいです。
こっちにはそんなの無いですよ。今、ところどころで
マコモダケというものを栽培している農家の方が
みえます(実は私の荒廃も栽培し販売しています)

春の筍と同じような食感でしゅおかね。

機械で皮を剥くって大掛かりですね。

すごいアイデアですね (chidori)
2016-10-14 11:48:08
もちろん私にはできなくぃと思います。でも適応できるような気もします。
ところ変われbなんとやら、珍しいお料理の紹介ありがとうございました。

また手帳の話題、私も今まで12年間、民生委員手帳を使ってきましたが、新しい年からその資格もなくなりますので、今から新しい手帳見つけようと思います。
参考になりました。
四方竹 (ようちゃんばあば)
2016-10-14 12:05:05
いいですね、地元ならではのもの。
この季節にタケノコ…食べてみたいです。
お寿司なんて 生唾ごっくんです。
そして 竹を生垣にするというのがまたすごいですね。
地下茎が伸びて始末に負えない なんて言うことがないのですね。

こんにちは (コスモス)
2016-10-14 12:09:04
初めて知りました
秋のたけのこ、四方竹と言うのですね

たけのこにお寿司を詰めたの めずらしいです
親鳥と ピリ辛に炊くのも おいしそうですね
四方竹 (しまそだち)
2016-10-14 15:36:25
秋に筍 
春の筍のシーズンに細い筍が採れますが、秋に

 四国の人のお土産に干した(?) のを戻したのを
頂いたことありました 
この筍だったのかしら
細かったです  
銀めばるさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 16:16:57
そうでしょうね 銀めばるさんも高知へ来られなかったら
食べることがなかったでしょうね。春のタケノコももちろん
美味しいですが四方竹がもっと好きという人は周りにもいます。
短い期間しか収穫できないので より有り難く思うのでしょうか。
鮎さんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 16:22:38
この前 徳島で民宿をされている方が四方竹の煮たものを
blogに載せておられ文中 高知の四方竹と書かれていました。
今の時期 高知の居酒屋さんでも四方竹を様々な料理に
したものが出ていると思います ぜひお越しください。
ルイコさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 16:27:21
岡山のママカリ 隣でご飯を借りて食べるほど食が進む
といわれるママカリで作ったお寿司は美味しいでしょうね。
こちらで作ろうにもママカリが手に入りません。その地の
特産品を使った料理は 現地へ行って食べるが一番でょうね。
ミッキーさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 16:32:37
四方竹は秋に収穫できるというところが まず珍しいでしょうね。
コチュジャンを入れてピリ辛漬物にしたパックも 地元の
婦人会が開発して売っています。天ぷらにしてよし白和えに
してよし くせのない四方竹はどう調理してもいけます。
のびたさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 16:38:33
東京にお住いでしたら どこに売っているでしょうか
高知のアンテナショップかな? 調理して煮つけなどに
なったものが食べ物屋さんで出るでしょうかね。日持ちが
しませんので ここが地方歌手の弱点なんですね。
ぐりさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 16:45:05
自宅で食べる四方竹は手を黒くして皮をむき先が折れます。
売る四方竹は先が折れたらB級品になり値が下がりますので
農家は皮はぎ器械で先を槍にします。それと収穫したら
すぐに湯がかないとアクが出て黒くなり 美しい緑になりません。
ひまわりさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 16:49:33
吹き出しましたよ ひまわりさん。あなたが先がない身なら
我々はもっと先がないですよ。ひまわりさんちのでっかい
押し寿司 あれもご当地お寿司ですよね 豪華で食べたいです。
ひまわりさんが褒めてくれたので もう1枚写真を追加します。
picoさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 17:05:13
お四国を回られるpicoさんはご存知かと思いましたがね
四方竹の頃にちょうど高知を巡礼しておれば食べられます。
ただし ひと月だけの短い間です。マコモダケというのは
タケノコの仲間ではないですね 食べてみたいおいしそう。
chidoriさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 17:09:01
出来ますよ 四方竹さえ手に入れば寿司飯を詰めるのは
簡単ですもの。高知では春のタケノコの伸びた筒を煮て
ご飯を詰めるタケノコ寿司も露天市に並びこれも美味しいです。
長い間 民生委員のお仕事ご苦労様でした。
ようちゃんばあばさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 17:14:38
元々は四方竹を2-3本 父がもらってきて植えたものがどんどん
増えました。今は空き家になっていますので広がらないよう
手入れしないと家へ入れなくなります。四方竹のお寿司も
もう2回目収穫のものには筒が細くて 寿司飯が入りません。
コスモスさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 17:19:17
今の時期 朝産直へ行くと開店を待っていたお客さんが
さあっと四方竹の棚に急ぎます。1袋300円のものがあっと
いう間になくなります。四方竹農家も若い人がおらず老人
夫婦がやっていますので産直にも 大量には出ません。
しまそだちさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-14 17:22:58
県内でも全地区で採れるものではなく 南国市 高知市の
山間部で採れる四方竹です。こちらで湯がいたものを買うのは
そう高くないけれど 県外へ送るには発泡スチロールの箱に
氷詰めになりますので 重量がかかり結構高くなります。
たしかに・・・ (鈴音)
2016-10-14 20:35:45
そうそう昨年読みました。
へぇ~ そういうタケノコがあるんだ?と探したが
どこにもなくて…しばらくして 店先で見つけて
うれしがっって買って帰りましたが、記事のような
旨いものには変化しなかった~(笑)
そして 思うことは「田舎はえぇなぁ~」だ。
くりまんじゅうさんの作る料理食べてみたいです。
こんばんは (のりのり)
2016-10-14 20:55:48
わおー! ちいちゃい筍の中のお寿司を詰めてある!
なんとかわいいんでしょう。
なんと楽しいんでしょう。
こんなのが山盛り出てきたらわいわい盛り上がりますよね。
いいなあ。
おおぉぉお!!("▽"*) (キミコ)
2016-10-14 20:58:32
去年も確か見せて頂きましたよね!
いいわぁ(#~¬~) ~ジュル

タケノコに詰めたお寿司って!。:*:・(*´ω`pq゛ポワァン
これほどのご馳走もないでしょう!!
いいなあいいなあ!
どんなに食べたくてもそちらに行かない限り食べられないって所がせつないです(゚うェ´゚)・・・
Unknown (タカコ)
2016-10-14 21:12:08
秋に筍?昨年も見せていただえてるの?
ああ、、見ました。でも秋には、驚き、
タケノコに酢飯を詰めて、

郷土の味を伝える くりまんじゅうさんの料理は何時も美味しそう~~
今晩は(^^)/ (hiroko)
2016-10-14 21:25:48
今年ももうそんな時期ですか、昨年も
見せて頂いたのを覚えて居ます。
名前のごとく四角い形をしているんですね。
何時もくりさんならではの手の込んだ
お料理ですね、どんな味がbするんやろ?
くりまんじゅうさんへ (まりも)
2016-10-14 23:05:31
四方竹 高知で初めて知りました
やはり 県外の方々は 知っている方が少ないと思います
お寿司も 一口サイズで良いですね
美味しそう!
はい 食べたいです
不思議な四角 (maria)
2016-10-15 09:27:24
四方竹は本当に不思議です。
どうして四角に育つのかしら?
是非食べて見たいですね〜(^。^)
高知にも二回行ったことが有りますが、四方竹は覚えがありません、、、
マコモタケも食べた事は無いですね。
売られているのを見ても、親しんで無いので買った事も無いんです。

くりまんじゅうさん、地方の演歌歌手の例えが可笑しくて思わず笑ってしまいます! すみません、、、笑
鈴音さんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 17:01:45
昨年の四方竹記事をリンクしましたが 一昨年も四方竹を
載せており 毎年同じようなことを綴っております。
そちらには出ているのですね ぜひ買って炊いてみてください。
どんな味付けにも順応する 素直な四方竹ですから。
のりのりさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 17:05:51
タケノコのお寿司は四方竹でもマダケでも 筒へ寿司飯を
詰めるか 上に置き押し寿司にするかで のりのりさんが
作られるような芸術作品にはなりません。こうして山盛りに
しておけば ぽいぽい口に放り込んで夜にはなくなってます。
キミコさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 17:08:48
コメントをくれた大阪の方が見かけて買ったと言われてますので
四方竹の湯がいたものが出ていると思いますが やはり
この時期に来ていただき こちらで四方竹料理を色々と
食べてもらうが一番です ぜひお越しくださいませ。
タカコさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 17:12:53
皆さまが載せておられるような おしゃれな料理が作れず
母が作っていたような 煮たり焼いたり天ぷらにしたりが
せいぜいの私の腕ですので 昔からの地のものを使った
料理になります。タケノコ寿司はこちら青空市でも売っています。
hirokoさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 17:20:03
高知はタケノコへ寿司飯を詰めて タケノコ寿司として
年中売っています。 マダケ はちくなど筒状のものを
塩漬けして保存し 塩抜きしたものを甘く炊いて寿司飯を
詰め 田舎寿司として日曜市に出しており人気があります。
まりもちゃんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 17:24:11
四方竹の生産地で明日 四方竹祭りというイベントがあり
毎年たくさんの人が来てくれます。私は行きませんが夫は
地区の役員として朝から手伝いに行きます。地区の婦人会が
作った四方竹のお寿司が あっという間に売り切れるそうです。
mariaさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 17:29:28
mariaさん 3度目の来高はぜひ 四方竹の時期になさいませ。
わずかひと月しかないですので 狙って来られますように。
もうちょっと日持ちがしたら 地方歌手も遠くまで営業に
行けるのですがね あまりにも鮮度が落ちやすいが難です。
秋の筍 ()
2016-10-15 17:36:32
筍は春だとばかり思って居ましたが、秋にもあるんですね。
竹の種類も多いけど四方竹は高知の特産ですか?同じ四国でもあまり見かけない種類ですね。高知のお寿司には色々なバリエーションがあって面白いですね。
イタドリや茗荷やこんにゃくやを握り寿司の上にのっけて有ったりしますね。
四方竹のお寿司は高知の日曜市なんかには出てないのかな。食べてみたい気がします。
燦さんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 17:48:39
秋のタケノコ四方竹は高知市 南国市の中山間地帯で
主に採れるそうで 九州でも一部生産しているようです。
↑四方竹のお寿司だけのパックは地味ですから これに
茗荷のピンク色 シイタケの黒 コンニャク寿司などと共に
四方竹のお寿司も1つ入れて 田舎寿司盛り合わせとして
日曜市で売っており 柚子酢が香り美味しいですよ。
おはようございます (あざみ)
2016-10-16 07:45:35
「四方竹」初めて知りました。
秋のタケノコ、珍しいですね。
しかも形も珍しい。
料理の仕方も珍しいし、おいしそう。
食べてみたいです。
タケノコの皮をはぐ機械があることも
初めて知りました。
お早うございます (延岡の山歩人K)
2016-10-16 07:48:45
お早うございます
タケノコは 好物でよく食べますが
タケノコの種類は まったくわかりません
四方竹 という竹があるのですね
初めて聞きました

タケノコの輪切りに
寿司ご飯を詰めて・・・
これも初めて拝見しました
美味しそうですね 味見させてください(^^)/
あざみさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-16 17:26:25
四方竹農家はわずかひと月の短い間に 結構な収入が
あります。先が折れたら商品価値は半減しますので先が
槍になる器械を入れて皮をはぎます。それと収穫したら
すぐに湯がかないと黒くなります なかなか気難しい四方竹です。
延岡の山歩人Kさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-16 17:30:18
四方竹はごく素直なタケノコの味ですが 秋に採れると
いうところが珍しいですね。九州でも一部生産があるようですが
高知が一番の産地です。それもわずかひと月で終わるという
潔いというか 短い間楽しんでまた来年ということになります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。