念版屋スケッチブック

日々のスケッチ、星のメモ帳

アヌガマAnugama_お経音楽?

2017-07-11 20:33:16 | 音楽

 

 以前FMから録音しておいた音楽のを聴いていてとても引っかかった(気に入った)曲、

アヌガマAnugama の 「サイレント・ジョイ」 から検索してCDを6枚ほど注文した。

まだ海外発送の1枚が届いていないが、他のアルバムは聴きました。

 

「サイレント・ジョイ」はCDカバーを見ると1994年11月のものなので割と初期のものでしょう。

まだメロディーが残っていてこのメロディーに引き付けられてCDをまとめて買ったのですが。

 

最近のCDを聴くとメロディーというようなものは無く、いきなりお経をやるときにたたく鐘の音が出てきたり、都会の喧騒のような唸り音がバックにあったりで真面目に聴いたときは腹が立ってきた。

詐欺に引っかかったような、なんだこの手抜き作曲家は・・・と思った次第です。

 

がしかし、絵を描きながらバックミュージックとしてかけていたところ、意外と絵の仕事に集中でき、うるさい感じは全くなく、仕事中は一日中かけていてかえってはかどりました。

1952年生まれ、ドイツ出身で

ヒーリング・ミュージック・シーンのリーディング・アーティスト。

現在はハワイに住んでいるようです。

 

**********

少し悩み停まっていた絵のほうも、基本的な疑問が解決しかかってきました。

太陽、月、地球のエネルギー位置関係を応用して描き進めているのですが・・・。

**********

 

明日から検査入院です。

帰ったらまた絵の仕事に励みたい。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七夕 | トップ | 再考 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気胸で入院です (Miyama)
2017-07-15 19:10:17
私は右側の肺が昨年の11月頃から悪くなっているとCTの結果でドクターから言われていました、2月に気胸容疑(一時的に穴が開いて塞がった)入院、今回は5月21日深夜に右肺気胸を発症、31日に退院、6月3日に右肺気胸を再発、肺の穴が開いた部分は別々で2回目は穴が塞がらず薬を注入し癒着させてあなを塞ぎました、手術一歩手前でした、普段は特に症状はありませんが突然に息苦しくて、動けなくなります、少し休むと若干は動けますが、直ぐに息苦しくて、2回とも救急車の世話になりました。私の場合少し肺気腫があるそうですが、その痛みはありません。
定期的に肺のCTで検査してもらうのと呼吸器内科の専門医に診てもらうと良いと思います。
まだ、右肺は悪く後何回か発症があるとドクターから言われています、次は手術で3分に1は肺を取るそうです、酸素を持って歩く必要があるようです。
これもタバコを42年吸っていた報いかも?
お大事に (ごんべ絵)
2017-07-16 22:00:22
Miyamaさんまだまだ頑張って前向きに、これからですよ。
私の場合胸の痛みは少し楽になりました。
忘れていると時々痛みます。
まあ心臓は悪くなかったので歩いたり、時には自転車に乗ったり運動も心掛けたいと思っています。
病は気からと言いますし、
絵を描く時座って猫背で胸を圧迫していたことも原因かもしれないかと・・・姿勢も正し、最近では立って描くようにています。

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事