念版屋スケッチブック

日々のスケッチ、星のメモ帳

北海道探鳥紀行_2、太平洋の鳥

2014-07-13 17:41:32 | 野鳥

             朝8:20分ころ  犬吠埼あたり

 

朝4時ころ目が覚めてデッキに出ると夜露は多かったようだが朝焼けで天気はもちそうです。

朝食後またデッキへ出て海を眺めていると鳥が洋上を飛んでいるのを見つけた。

三脚とデジスコ機材は車から降ろしていたのでさっそく組み立て撮影することにした。

太平洋は広く鳥までの距離もそうとうなものである。

次の日は霧で撮影できたのはこの日だけで、種類も2.3種でした。

 

オオミズナギドリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロアシオホウドリ

アホウドリ も撮りたかったがこの クロアシオホウドリ しか見られなかった。  翼長は広げると2mはあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミズナギドリ

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然にも  右上に サメ のヒレらしきが写っていた。

 

 

 

 

 

 

 

福島沖、親潮と黒潮の潮目付近で発見、距離は200mほど

イルカ  名前不詳・・・カマイルカ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミズナギドリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の場所で見かけた イルカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海面すれすれ、右羽は海面を擦っている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道探鳥紀行_1 出航 | トップ | 北海道探鳥紀行_3、洋上風景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (亀吉1981)
2014-07-14 21:58:14
洋上の天気が悪くて残念でしたね。
でもアホウドリ類は見たことないのでうらやましい。
デジスコでないと難しい距離のようですね。
望遠鏡覗いて船酔いは大丈夫でしたか?
アホウドリ (ごんべ絵)
2014-07-15 15:34:50
時期的なものもあるかもしれません。
1ヶ月ほど前ネットでアホウドリ撮影している画像みたような。

船酔いはまったくありませんでした。
根室で漁船に乗ったときは大揺れで酔うかとも思われましたが撮影に必死で船酔いどころではなかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む