念版屋スケッチブック

日々のスケッチ、星のメモ帳

ノビタキ

2014-07-18 06:36:08 | 野鳥

 

 

 

   北海道の草原では一番多く遭遇した鳥です。

今まで地元では夏羽は一度も見たことが無かった・・・初冬に郊外の田畑に来るが冬羽でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巣立ったばかりの幼鳥でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霧多布湿原にて

 

 

 

 

 

 

霧多布湿原

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オジロワシ | トップ | シマセンニュウ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (N.E)
2014-07-18 13:27:52
ごんべ絵さん、こんにちは。

オジロワシもシベリアに帰らず日本で過ごすのにも大変なんでしょうね。

ノビタキは霧多布湿原で撮影ですか。
今の時期は霧の発生も多く無いのでしょうね。
ノビタキのオメメが可愛いですね。
草原のどこでも (ごんべ絵)
2014-07-19 11:52:22
ノビタキは草原ではどこでも見られました。
霧多布は2枚だけです。

オジロワシは日本の一部の地域で繁殖しています。

オオワシは見かけませんでした・・・サハリンは海を一つ隔てただけなのですが、日本には無い自然が残っているのでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む