ゴン日和

フレンチブルドッグ ゴンと家族の日記

We will never forget you ⑦

2016-12-08 00:42:09 | ゴン

こんばんは。fumiさんです。


ヘルニアの手術をして年が明けた春にはお山も再開できてゴンも嬉しそうだったね。

病院でのチェックを兼ねたリハビリ通院の間隔もあくようになってきて脚の回復も
絶好調。

この頃からあなたの新たな能力が・・・





ボール探知機。草むらの中のボールを察知して潜ると絶対咥えて出てくる。(笑)
そしてそのボールは絶対お持ち帰りだったよね。
おかげでお家にはものすごい数のボールが集まったんだよ。

お持ち帰りでもあまり歓迎しないお持ち帰りもしたよね。



海岸にはいろんなものが流れ着いているから・・・。
つぶれてもお持ち帰り・・・。




春に断念した湘南平にリベンジ。



お山歩きは階段や高い段差は必ず抱っこだったね。




そのうち抱っこされる所が分かるようになってて・・・「待って」って言うと待っててくれたね。

そこさえ気をつければホントに今まで通りのお散歩と変わりがなかった。
後はどんどん歩いて筋力をつけるだけ。
だから楽しかったよね。



お山での父さんの指笛にも良く反応してくれて・・・。
走って一所懸命戻って来るあなたがたまらなく可愛かった。





広い公園では必ずボールを追いかけて遊んだよね。

もうなんの不自由も感じないくらいの回復ぶり。

そして2014年8月11日




いつもの公園へお散歩へ行った帰りに自分へのプレゼントとしてボールをgetして




4歳をむかえたね。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

We will never forget you ⑥

2016-12-05 19:55:16 | ゴン

こんばんは。fumiさんです。


2013年12月からはリハビリの始まりだったね。

病院でのリハビリも最初は週2回ペースで行ったね。



病院では水中歩行や体のバランスをとるといったようなリハビリを夕方母さんがお迎えに
行くまで頑張ってました。

お家でのリハビリは毎日頑張ったよね。



まずはお家から出る時も飛び降り禁止にされちゃったりね。
でも「待て!」って言ったらちゃんと降りずに待っててくれたよね。

退院して次の日からしばらくは10分程度のお散歩だったから近くの市役所広場




アスファルトは禁止だから抱っこ。ずっと立ち止まっているとだんだんヘナって。
でもしっかりと足上げチッコしてたんだよね。母さん、これにも驚いたよ。

 それにもうしっかりと後脚でカキカキまで。

少しずつ時間も延びてきて




河川敷に行ったり



諏訪野原公園へ行ったり
でも、広い所へ来るとつい走り出しちゃったりして父さんも母さんもハラハラしてた。



それから歩きずらい砂浜を歩かせるのも筋力UPにいいってことで海岸も散歩したね。

諏訪野原、河川敷、海岸の3つをローテーションしながら雨の日以外は寒い日だって
行ったよね。



この頃から始まったみたいだね、穴掘り・・・・。
海岸での楽しみ方を考えたのかな。

年が明けて2014年も・・・




 最初の頃よりはだいぶ良くなってきた感じ。でもまだまだ。

この頃はスタスタと歩くというより一歩一歩踏みしめて歩くことが大事。ってことで
おやつを使いながらの練習も取り入れてました。





後脚の筋力UPに坂をゆっくり上がることもやってたね。

広い場所にきてもボールもフリスビーもできないのはちょっと物足りなかっただろうなぁ。
でもそんな時のストレス解消にとんびさんから教えてもらったスプリンクルス。



これはゆっくり歩く練習にもなったし走れないストレス発散にもなったと思う。

2月に入ってこの年は雪がたくさん降った年でもあり



雪で遊ぶなんてめったにできないから諏訪野原に連れて行ってあげた。




あなたは歌の文句そのものだった。よっぽど嬉しかったんだね。

2月の後半にはアスファルトの上の散歩もOKがでたから坂道がある裏山をよく歩いたよね。

雨の日は



バーを跨いで足上げのリハビリ。跨いだ先におやつをおいてやったよね。

アスファルト上も歩いたけどやっぱり主に散歩は芝生の上や砂浜。



坂を上ったり下ったり楽しみながらのリハビリ




3月には芝生の上や砂浜であれば走れるように。



砂堀もだんだん激しさを増してきたよね。でもこれって自分で考え出した後足強化なのかな?

何にしても「歩くことがリハビリ」。あなたにとっては楽しいリハビリだったよね。

そしてとうとう桜の咲く4月



記念すべきお山再開は湘南平。とっても嬉しそうだったんだけど・・・・



チョイスしたコースがまずかった・・・階段が多くてスリングに入れられ途中で下山

車で上まで上がって公園散歩になっちゃったんだよね。




でもその後すぐにまだまだ桜が綺麗だった




21世紀の森で本当にお山再開。

手術から5ヶ月。
こんなに早く再開できるなんてね。


・・・・・つづく・・・・・

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

we will never forget you ⑤

2016-12-03 00:52:54 | ゴン

こんばんは。fumiさんです。


2013年8月11日 この日は偶然だったかな?
西丹沢へ遊びに行ったんだったね。




夏はやっぱり山と川がいいよね。

で、夜は・・・



この年は母さん手作り食でご馳走だったね。
母さん、あなたは何でも食べてくれたから苦労しなかった。

普段の散歩も相変わらずで



元気いっぱい歩いたね。

10月に入ってからも



フリスビーやったり



海へ行ったり

母さんと二人で



箱根の浅間山に登頂

 海でGetしたボールで



ボール遊び

あの日が来ることなど想像もつかなかった11月に入ってからも



これも母さんと二人で




矢倉岳登頂



酒匂川河川敷での電車ダッシュ

そして1週間程前には





綺麗な紅葉を見ながらの金時山登頂




21世紀の森へも行き



前日もごくごく普通に海散歩して

そして当日(11月17日)も午前中母さんと




丸太の森を歩いたよね。
でもその夜



背中を伸ばすように動けなくなってて・・・
病院へ行ったけど痛みどめで様子を見るってことっだったけど

次の日からはもう痛そうにすることも無かったけど
3日たっても全然良くならず再度病院へ行ったけどハッキリとした診断がなく
「~の疑い」って事でもなく・・・
自分たちでPCで調べてやっとあなたがヘルニアかもしれないって思って病院を探したんだよね。

そんなことをしている間にも症状は悪化してしまって



下半身麻痺。



診断結果はグレード5。その日のうちに手術になっちゃたんだよね。
父さんも母さんもあなたが再び歩けることを祈ったよ。

あなたは凄かった。



術後3日後で立ってた。面会に行った母さんの所まで歩いたんだよね。
もう嬉しくて涙が止まらなかったよ。

2週間入院の予定が1週間で退院できるほどの回復ぶりには先生も驚いていたね。



この日からいっぱい頑張ったね。


・・・つづく・・・・

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

we will never forget you ④

2016-12-01 00:27:44 | ゴン

こんばんは。fumiさんです。


2012年春と秋に念願の子と会う事ができたんだよね。
(会いたかったのは父さんと母さんだったかも・・・ね)

2012年春(ゴン 1歳9ヶ月)



ゴンの母方のいとこになるぶん太君。同じ2010年生まれ。
脚が長めのスリムなハンサムボーイ。





何のツボにハマったのか・・・山積みにされたサザエの殻にビビり吠え。
ぶん太パパさんにからかわれてたよね。



ぶん太家か洋服のプレゼントを頂いてその場で着せたらぶん太君とお揃い。






ランチして海散歩して。
ぶん太君、波が苦手で近づこうとするとしゃがみこんでたよね。




今はぶん太君には妹ができたんだよ。
あられちゃんとも会いたかったね。


2012年秋 (ゴン 2歳3ヶ月)

 ここは山中湖。この日はとっても風が強くて寒かったのを覚えてるよ。



父犬、母犬とも一緒の弟のリヴ君。
弟っていっても半年しか違わないから人間でいったら同級生。
念願かなって会う事ができて父さんも母さんもテンション上がっちゃったよ。
あなたは別の意味でテンションあがってたよね。

この最初の行動が凄くおかしかったんだよね。
ご対面の時、最初離れた所で立ち止まり少しづつジリジリお互い接近して行って



このまま数秒・・・・



お互い匂いを嗅ぎ合って・・・・
この間、あなたは何を感じどんなことを思っていたの?



そしてあなたからの『ガウガウ』



体の大きさがひと回り大きい弟リブ君。







弟に詰め寄られてタジタジ。
どっちがお兄ちゃんだか・・・。
でもやっぱり兄弟、良く似てたね。
もうちょっとあなたが遊び上手だったらきっと仲良く遊べたよ。
リブ君は遊びたそうだったから。



あの時リブママからいただいたネックウォーマーは今まで寒い日は活躍したね。

『また会おうね。』っていう約束は果たせなかったけど会えて良かったよね。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

We will never forget you ③

2016-11-30 01:01:51 | ゴン

こんばんは。fumiさんです。


2012年8月11日



たくさんの初経験をして2歳をむかえたね。



1歳の時に初体験した川に行ったり。
すごく冷たくて夏にはもってこいの川遊び。

もちろん2歳の年も




フリスビーを楽しんだり
父さんの指笛戻しも練習したよね。ゴンは上手だったね。




海散歩したり



なんでこんなことが楽しいんだろうと思うくらい電車ダッシュしたり

でも普段の散歩にちょっとした変化が・・・

この頃の母さんはまだお仕事もしていなかったから時間がある時には
家の裏手へ行けば車もあまり来ない農道がたくさんあったからそんな所に
よくお散歩行ったよね。




こっちの方が楽しそうだったよね。

そんな時、こんな風にワンコと楽しむことができるんだ・・・って思わせてくれる子とその子の飼い主さんに
出会ったんだよ。
大阪に住んでいるボブとその相棒さん。
ボブがお山を楽しそうに相棒さんと歩いている姿はちょっと衝撃だったんだ。
お山を歩くボブの目はとってもイキイキしてた。凄くかっこよかった。
母さんもあなたとこんな風に歩けたらきっと楽しいのかなって。

手始めに気軽に歩けるところを探して・・・


(足柄万葉公園)

電車を見る時やフリスビーや海の時の時と同じに目がキラキラしてたよ。

これが『山犬ゴン』の始まりだったね。

いろいろあなたと歩けそうなところを探しては連れて行ったよね。



(丸太の森)



(21世紀の森)


(夕日の滝)




(西丹沢)

いろんな所歩いたね。
どこに行っても楽しそうにしているあなたが好きだったよ。
こんな楽しい事を教えてくれたボブと相棒さんに感謝だね。


・・・・つづく・・・・・

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

フレンチブルドッグ

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村