ごも日記

後藤組設計室の業務日誌です。たまに後藤智揮の日常を書いてます。

武蔵境の家 現場監理①

2017-05-20 | 武蔵境の家
武蔵境の家はゴールデンウィーク明けから改修工事が始まりました。

現場監理は毎週、施主打合せは隔週の頻度で
夏の引渡しまで続けていきます。


5/8。着工して5日目。解体作業が進んでいます。


5/16。構造材がみえてきました。柱には貫の跡や棚板の欠き込み跡も確認できます。


一部、間取りの変更に伴い、柱の移動や梁の補強等も行いました。


5/20。筋交いを新たにとりつけた箇所です。


建築工事と合わせて給排水、ガス、電気工事も進んでいます。
ちなみに今回の給水はヘッダー方式を採用。写真の青い架橋ポリエチレン管が給水管です。
コメント

武蔵境の家 着工へ向けて

2017-05-07 | 武蔵境の家
見積り調整中の武蔵境の家は着工へ向けて進んでいます。
以下、ざっと報告です。

4/24 晴れ

着工前最後の解体調査です。軸組の確認のため、メインの和室の小屋組や
床下を確認しました。構造上検討が必要な箇所がいくつかありましたが、
前向きに対応できそうです。


和室の小屋組。再利用するため、丁寧に天井板を外しています。


天井裏からの1枚。左側に縁側と庭が広がっています。


4/30 晴れ

工事請負契約前にお施主さんと見積り調整項目の最終確認を行いました。
調整項目の一部は工事の増減精算と合わせてチェックしていくことになりました。


よく晴れた1日で、庭のみどりも元気。


娘さんも手を真っ黒にしながら押し入れの天袋に登ってました。笑顔です。


5/7 晴れ

連休の最終日は3者(施主、工務店、設計者)で打合せを行い、
工事請負契約を結びました。施工は村上建築工舎さんです。
契約後は3者で近隣挨拶。



来週から着工です。
コメント

武蔵境の家 産地見学

2017-04-09 | 武蔵境の家
4/9 雨

見積り調整中の武蔵境の家ですが、材料の確認を兼ねて産地見学を行いました。
今回施工をお願いする村上建築工舎さんの紹介で、埼玉県は飯能にある
大河原木材さんで西川産のヒノキやスギ材をみせてもらいました。


大空間の倉庫。出荷前の木材が整然と積まれています。
倉庫の小屋組は燃えしろ設計になっているそうです。迫力あります。


大河原さんによる説明。中央はヒノキ床板です。


年輪を数えてます。4寸角のヒノキの柱、62歳だったようです。


セミナーハウスの見学。ここは杉の厚板が貼られています。思わず寝転がっているところ。


打合せ風景。見積り調整中ですが、新たな提案に喜んで頂けました。

打合せ後はあけぼの子どもの森公園へ。サラッと見学するつもりが、
思わず長居してしまいました。(長くなるので、ブログでは割愛します。)

昼食を挟んで、さいごは所沢にある村上建築工舎にお邪魔しました。


左官屋さんにつくってもらったオリジナルの壁サンプルを見せてもらいました。
この写真ではわかりませんが、かなりいい感じです。

上のサンプル確認が目的だったのですが、
工場の入口に巨大な模型が置いてありました。1/5の軸組模型です。




どうやら村上大工の大学の卒業研究とのこと。当時、大工さんに弟子入りしてつくった大作です。
番付から仕口まで忠実につくられていて、実際に組んだり外したりできます。
お施主さんも私も食いいるよう見てしまいました。これはスゴい。

と、多少の脱線もあり10~17時と長丁場にはなりましたが、
よい打合せができたと思います。
コメント

武蔵境の家 見積り調整

2017-03-25 | 武蔵境の家
3/25 晴れ

武蔵境の家は見積り調整の段階に入っています。

13時から打合せスタート。工務店から上がって来た見積書、
それを元にこちらでまとめたVE案の減額リストで打合せを行いました。
VE案では建物の間取りや性能は変えずに、部分的なDIYや施主支給、
設備検討などでの調整を考えています。

各項目の採用の可否は近日中に連絡をいただくことにして、
まずは予算内に収まるメドがついたので、こちらもホッとしました。



座敷でみたらし団子をいただきながらの、春らしい穏やかな打合せとなりました。
コメント

武蔵境の家 実施設計打合せ

2017-02-18 | 武蔵境の家
2/18 晴れ

実施設計の打合せのため、午後から武蔵境の家へ。
この日は電気と設備を中心に話し合いました。
3月上旬には概算見積り図をまとめたいところ。

途中から今回工事をお願いする工務店というか大工さんが合流。
現場調査と紹介を兼ねて打合せに来て頂きました。



合わせて、外壁内や床下の断熱材の状態も確認。
壁内の断熱材は湿気で表面が黒ずんでいたもののきちっと充填されています(写真左)し、
床下にもボード上の断熱材が貼られていました。ベタ基礎が施工されていたのは驚きました(写真右)。
30年前の建物ですが、見えない箇所も丁寧に施工されていたことが分かりました。



打合せは2時間ほどで終了。

二子新地に戻って、19時頃からニコルーチェのプレオープンに妻と呼んで頂きました。
おいしい料理とお酒にご近所さんとすっかり長居してしまいました。
ニコルーチェは2/22(水)オープン。大山街道沿いのイタリアンのお店です。

コメント