ごも日記

後藤組設計室の業務日誌です。たまに後藤智揮の日常を書いてます。

姉ケ崎の家 産地見学

2017-05-03 | 姉ケ崎の家
5/3 晴れ

姉ケ崎の家、この日は飯能で構造材や仕上材(床/天井)の産地見学を行いました。

お施主さんには、はるばる浜松から車で来ていただきましたが、
ゴールデンウィークということもあって渋滞にはまり、
打合せは1時間ほど遅く、11時頃からスタートしました。

前回の武蔵境の家と同じように、飯能の大河原木材さんで西川材のスギやヒノキを見学。
江戸時代から、材木は近くの入間川から荒川、隅田川を経て木場まで流していたとのこと。
なお、西川材の名称は江戸から見て西の川から運んでいたからだそうです。


倉庫内に積まれた出荷前の材木の前で、大河原さんに熱く説明いただきました。
出荷するときは自分の子たちを嫁に出す気持ちになりますと大河原さん。


製材の多くは倉庫から見えるこの山から伐り出されているそうです。


写真左のセミナーハウスも見学。伝統工法で建てられ、仕口や継手など随所に見所があります。


引き続き、セミナーハウスでの打合せ。外構計画や展開図、仕上げの確認を行いました。
実際に床や天井と模型を見比べながらなので、イメージしやすかったように思います。
かしわ餅をいただきながら、2時間ほど顔を突き合わせて話し合いました。

遅い昼食を挟んで、今回施工をお願いする所沢の村上建築工舎へ移動。
こちらは工場(こうば)を見学させてもらいました。



同年代の施主、設計、施工でよいものにしていきましょうと、お施主さん。
昨年、最初にお施主さんにお会いした時に言われたことを思い出しました。

連休の初日でしたが、みなさんに対応頂き、意義深い1日となりました。
実際に住まい手とつくり手の顔が分かり、信頼関係を築いていくことが
よいものづくりへときっと繋がると再認識した産地見学でした。
コメント

姉ケ崎の家 地盤調査

2017-02-25 | 姉ケ崎の家
2/25

実施設計中の姉ケ崎の家、地盤調査を行いました。

今回は木造住宅なので、建物4隅と中央の全5点でスウェーデン式サウンディング試験です。
正式な調査報告書はまだですが、調査会社からの速報によると、十分な耐力が
確認されたので地盤改良は行わず直接基礎で大丈夫とのこと。
よい結果が出て、まずは一安心でした。



上の写真は年末に訪れたときのものです。
周囲では住宅が続々と立ち始め、昨年5月に初めて見た時からは
様子が変わって来ています。焦らずじっくり進めていこうと思います。
コメント

姉ケ崎の家 ショールーム巡り

2017-01-08 | 姉ケ崎の家
1/8 雨

午後からはあいにくの雨でしたが、横浜はみなとみらいで、
姉ケ崎の家のお施主さんとショールーム巡りを行ってきました。

キッチン、浴室、トイレなど水回りを中心に確認したのですが、
徒歩圏内にいくつもショールームがあって、効率的に見て廻れました。
さすがに正月明けの3連休だけあって混んではいたものの
担当の方に説明いただき、スムーズに仕様を決めることができました。


コメント

姉ケ崎の家 概算見積り

2016-11-08 | 姉ケ崎の家
11/8 曇り

先週まとめた姉ケ崎の家の概算見積図をもって、
千葉市内の工務店へ行ってきました。二子新地からだと電車で約2時間。

概算見積図の説明を行った後は会社から少し離れた資材置き場も見学。
樹種もサイズもとにかく多く、中には60cm角のヒノキの柱(?)や
聞いたことのない樹種もありました。加工機械も充実していて、
思わずテンションが上がってしまいました。加工場はやっぱりいいですね。



何はともあれ、概算見積り。想定通り進むことを期待しています。
コメント

姉ケ崎の家 実施設計へ

2016-10-03 | 姉ケ崎の家
10/3 曇りときどき雨

姉ケ崎の家は今夜、基本設計の打合せでした。
およそ月一回ペースで、電話(とメール)で打合せを行ってきましたが、
基本設計案がまとまり、これから実施設計を進めていくことになりました。



上の模型写真、中庭まわりの光の廻り方を検討するための1/50の模型です。
新篠津の家に続いての平屋ですが、違った趣の住宅になりそうです。
コメント