ごも日記

後藤組設計室の業務日誌です。たまに後藤智揮の日常を書いてます。

片浦のパン屋さん イベントのお知らせ

2017-04-15 | 片浦のパン屋さん
前回盛況だった片浦のパン屋さんのイベント、第二弾が開催されます。

天正庵の庭園造り〜初級編〜です。
改修予定の建物の前にある大きな庭のベースづくりです。今回はその第一歩。
その道のスペシャリストにお越し頂き、剪定の基礎から取り組んでいきます。


前面道路から見た敷地。溢れんばかりの緑です。


庭には大きな椿(写真右)が育っています。

以下、フェースブックページの転載です。

お店の庭にある、とても大きな椿の木。

この場所でお店をやろうと思った理由のひとつでもあります。

今は伸び放題、荒れ放題になってしまっているこの庭を、
景観デザインの先生方に指導していただきながら素敵な庭園を造ります。

一朝一夕で出来る作業ではないので、今回は初級編として、
来年、5年、10年先の姿をイメージしながら剪定や伐採をし下地造りをする予定です。

剪定の基礎や、木々の生態系を利用した木の間引き方
伐採した木材の活用方法など庭の手入れから、
山の開墾まで幅広く活用できる技術を教わることができます。

前回の宝探しで出てきたお宝たちの大鑑定大会もします!!

お店に展示予定の物以外の鑑定結果はFacebookでは、あえて公表はしません。
本当に必要としている方の手に渡ってもらいたいので
そんな方が現れるまでお店で展示、保管しておきます。

天正庵の庭園造り〜初級編〜
日時 | 2017年4月22日(土) 10:00-15:00
場所 | JR東海道線 根府川駅  9:30集合 ※駅から車で乗り合わせます。
服装 | 作業しやすい服装
持物 | 軍手(お貸出しもできます)持ち帰りたいものを入れる袋
昼食 | 眺望の最高なレストランでみんなでランチ
申込|こちらのFBページから申し込み下さい。
コメント

武蔵境の家 産地見学

2017-04-09 | 武蔵境の家
4/9 雨

見積り調整中の武蔵境の家ですが、材料の確認を兼ねて産地見学を行いました。
今回施工をお願いする村上建築工舎さんの紹介で、埼玉県は飯能にある
大河原木材さんで西川産のヒノキやスギ材をみせてもらいました。


大空間の倉庫。出荷前の木材が整然と積まれています。
倉庫の小屋組は燃えしろ設計になっているそうです。迫力あります。


大河原さんによる説明。中央はヒノキ床板です。


年輪を数えてます。4寸角のヒノキの柱、62歳だったようです。


セミナーハウスの見学。ここは杉の厚板が貼られています。思わず寝転がっているところ。


打合せ風景。見積り調整中ですが、新たな提案に喜んで頂けました。

打合せ後はあけぼの子どもの森公園へ。サラッと見学するつもりが、
思わず長居してしまいました。(長くなるので、ブログでは割愛します。)

昼食を挟んで、さいごは所沢にある村上建築工舎にお邪魔しました。


左官屋さんにつくってもらったオリジナルの壁サンプルを見せてもらいました。
この写真ではわかりませんが、かなりいい感じです。

上のサンプル確認が目的だったのですが、
工場の入口に巨大な模型が置いてありました。1/5の軸組模型です。




どうやら村上大工の大学の卒業研究とのこと。当時、大工さんに弟子入りしてつくった大作です。
番付から仕口まで忠実につくられていて、実際に組んだり外したりできます。
お施主さんも私も食いいるよう見てしまいました。これはスゴい。

と、多少の脱線もあり10~17時と長丁場にはなりましたが、
よい打合せができたと思います。
コメント

旅行@蒲郡

2017-04-02 | そのた
4/1-2

週末に大学のホッケー部の同期と愛知県は蒲郡へと1泊2日の旅行をしてきました。

4月頭ということで桜も期待していましたが、残念ながら
まだ咲き始めで見られず。今年は関東の方が開花が早かったようです。


初日は蒲郡の竹島水族館からスタート。時代を感じさせる、くたびれた外観の小ぶりな水族館。


ところが、中に入ると一転、小さな水族館ですが、見応えありました。
写真、なかなか気持ち悪い画ですけど、土管にウツボが潜っています。


こちらも習性をうまくつかった展示。コンクリートブロック脇に魚が5匹くらい隠れてます。


あちこちに貼られているポップも工夫されてて面白いです。


おだやかな三河湾。写真左が竹島。島自体が八百富神社という神社です。
水族館のある場所から橋で渡れるようになっています。


宿は近くの平野屋旅館。小宴会会場での夕食。同期とその家族の総勢13人でした。

2日目は犬山にある明治村へ。絶好の行楽日和でした。
子連れも散歩したり、SLに乗ったり、郵便局で10年後に届く手紙を書いたりと、
それぞれ満喫できたように思います。自分も建築を見て回ってました。


清水から移築された西園寺公望別邸、坐漁荘(ざぎょそう)。数寄屋造りです。


玄関。思わず入りたくなるようなつくりでした。次回は室内に上がってみたい。


特徴的な戸袋。


帝国ホテルの前で記念撮影。進路も場所もバラバラですが、みんな就職して10年経ちました。

今年に入ってからわりとバタバタしていたので、いい気分転換になりました。
また何年後かに集まれたら、と思います。
コメント (2)

銀座ソニービル見学

2017-03-28 | そのた
3/28 曇り

先週あった家づくり相談の資料収集で都内にでる用事があったので、
銀座ソニービルで開催中の「It’s a SONY展」を見てきました。
建替えが決まっている銀座ソニービルのカウントダウンイベントとして3/31まで行われています。



銀座ソニービル(設計:芦原義信)は今から半世紀前の1966年にできた建築で、
田の字型のフロアが高さ90cmずつずれながら繋がっていくスキップフロアで、
1階から7階まで連続した空間になる構成になっています。花びら構造ともいわれ、
100㎡の花びらがらせん状に連なっていきます。縦の銀ぶらを実現しているそうです。







様々な展示を見ながら、何となく7Fまで上がってしまいました。



ビルが取り壊された後の2年間(2018年~2020年)は、地上部分は銀座ソニーパークという
街に開かれた公園のような場所になるそうです。

コメント

武蔵境の家 見積り調整

2017-03-25 | 武蔵境の家
3/25 晴れ

武蔵境の家は見積り調整の段階に入っています。

13時から打合せスタート。工務店から上がって来た見積書、
それを元にこちらでまとめたVE案の減額リストで打合せを行いました。
VE案では建物の間取りや性能は変えずに、部分的なDIYや施主支給、
設備検討などでの調整を考えています。

各項目の採用の可否は近日中に連絡をいただくことにして、
まずは予算内に収まるメドがついたので、こちらもホッとしました。



座敷でみたらし団子をいただきながらの、春らしい穏やかな打合せとなりました。
コメント