とし子のブログ

日常の活動、情報の発信をします

カッコウ・・・ほか

2017-05-19 17:01:53 | 日記

今朝、常盤坂方面のごみ拾いで、浄水場近くのりんご園地から今年初めて、カッコウの泣き声が届きました・・・田おこし~水はり(水がめの役目)~田植え・・・と農家の忙しさが増す季節となりました。

国会では「共謀罪」が可決のニュース・・・さて、日本の未来は???

「テロ対策のためにこの法律が必要」
大嘘であることがはっきりした、この安倍首相答弁
 
「テロ対策のためには、国際犯罪防止条約を批准することが必要で、
それを批准するためにはこの法律が必要」。
このように、この法案は「国際犯罪防止条約(パレルモ条約)批准のため」と一貫して説明されて来たが、同条約に加入するための国連の「立法ガイド」作成で中心的役割を担った国際刑法の専門家ノースイースタン大学(米国)のニコス・パッサス教授は、516日の「報道ステーション」で、「これはテロ対策のための条約ではない」、「各国は、完全に条件を満たしていなくても条約を批准することは可能」「各国の制度がこの条約に合致しているかを判断する機関はない」(*)と語っている。
 これで、国際法に詳しくない普通の人でも、自信を持って、「テロ対策のためにこの法律をつくることが必要」との安倍答弁はでたらめと言える。要は、質問されても答えられる、ということ。
 (*の点は、下記にはないが、毛利が上記TV番組を見た時に
同教授が語っていたとの記憶。)
 
========================-
2017516 ()報道ステーション
テロ対策か?“共謀罪”とパレルモ条約
条約に入るための国連の“立法ガイド”を書いた国際刑法の専門家、ニコス・パッサス教授は
「条約の目的はテロ対策ではない」と明言。
条約は、マフィアなどの経済犯罪を取り締まる目的で制定されたもので、
例外的にテロリストが対象になるのは、資金集めなど金銭的な利益を得る目的で犯罪を行った場合だけだという。
パッサス教授は、過激派組織「イスラム国」などに対する制裁措置を定めた国連決議がテロ対策として
すでに機能していると指摘。
日本は、国連の主要なテロ対策条約13本についてもすでに批准、法整備まで完了している。
パッサス教授は「テロなどの犯罪に対して、現在の法体系で対応できないものは見当たらない」と話す。
さらに、「それぞれの国は、完全に条件を満たしていなくても条約を批准することは可能」と指摘。
「どの国の政府も、国際条約を口実にして国内で優先したい犯罪対策を実現させることは可能。
(国内法の整備においては)法の支配にのっとり公正でなくてはいけない。
日本国民の意向を反映させるべきだ」と忠告する。
 
===================================================== 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青森港・・・ | トップ | 運動会ほか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。