ゴミ拾い日記 Gomihiroi-nikki

町内全路5キロ程度を
散歩しながらゴミ拾い。
ひとりでも多くの人が捨てるのを
止めてくれれば、バンバンザイ。

ゴミ拾い 120728 余程ポイ捨てなどが多い町と

2012-07-28 | ゴミ捨て、ゴミ拾いを考える

ご覧いただいた方々は、余程ポイ捨てなどが多い町と思われている

ことでしょうが、とんでもありません。

ほとんどの町は、この数倍いやもっともっと多くのゴミの中で生活を

していると、考えるのが正解でしょう。

ただ、あなたの目にふれていないだけの事です。 

 

最近は多くの方々が、積極的にきれいになるように心がけています。

年2回の自治会一斉清掃に占めるゴミは、数十分の一くらいに減って

きております。

ほとんどが雑草の処理にかかっています。残念ながら草むらの中に

埋もれてしまったゴミはなかなか拾えてはいませんが。 

 

 

ところで、タバコの吸い殻などは4~5日もするとほとんどが消えてな

くなります。

イエ消えてなくなりるのではなく、人の目に見えなくなるだけで、形が

変わっても、地球上には同じ量が存在していると言われています。

この現象が人にとって、地球にとって良い方に変化しているとは到底

思えません。

他のゴミにしてしかりです。

風、車で塵となって舞い上がり、また溝に川に海に流れ込み生き物の

体内(勿論人にも)にと吸い込まれています。

 

こんなことしたって、天文学的なムダを承知のうえ。

地球規模から考えると、もう手遅れに近い時期のような気もしています

が、少しでも捨てる人少なくはなっていることでしょう。

そう念じつつ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

080930 ゴミを拾いながら、 ゴミ捨てを考える

2008-09-30 | ゴミ捨て、ゴミ拾いを考える
昨日9/29日、NHKの7:30分 クロ現
家電ゴミは“宝の山” ~過熱する資源争奪戦~

中国の鉄、紙の争奪はニュースで目にしていましたが、日本の
お家芸の舞台裏のお寒さは、これからもっと深刻化して行くの
でしょう。
こんな呑気なことで良いのでしょうかと、つくづく考えさせら
れました。

ところで、
貴重な家電廃棄物(E-waste 特に金、銀、銅、プラチナなど)
の電子部品から希少金属を取り出す番組がありました。

日本は、これらの金属の大半を輸入しながら、かたや廃家電を
輸出しそれから取り出した貴重な金属を、輸入するという変な
サイクルあるようです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私のゴミ拾いは、ほとんどが家庭生活で出るゴミです。

ただし、言えることは私が拾うような状態では分別が困難で分別
ができるのは、ザット考えて2~3割かも知れません。

ペットボトル、ガラスビン、アルミカン、スチールカンは出来る
だけ洗って分別します。

トレー等容器、プラレジ袋などは大量の水を使えば別ですがそこ
まで出来ませんから、燃やせるゴミなどになります。

貴重な紙類のほとんどが分別が出来ないことが多いのです。
家庭などで分別すれば殆どが可能ですが。


但し、日本の資源回収でリサイクルに回るのがまだ不透明で、果
たして本当に分別の効果があるのかが疑問に思えることも、ポイ
捨て横行に歯止めがかからないのではとも思えます。

資源回収、リサイクルを確立して、国民がなるほどと思える状態
に早くすべきと考えます。


何かの番組で
日本はゴミと思っているが、それを
中国の人が”宝の山”といっていた言葉が
今でも頭に残っています。



輸入ばかりの資源小国ニッポンが、これで良い筈がありません。

輸入大国ニッポン、
何時までもあると思うなメシとカネ(食料、金属)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


このブログでは、ゴミが捨てられているシーンを載せております
が、写真では、分かりづらく実態がななか伝わらないのではと考
えます。

迷文を、ここまでお読み下さった方もあるかと思います。

そこでお願いです。

通勤、通学、お買い物、散歩・・・そんなとき、どの位ゴミがあ
るか数えるだけでも、意義があると思います。


先生がた、あるいは家庭の話題にどうでしょう。

残念ながら、今となっては大人より子供の方が効果があると思い
ますから、学校に来るまでに、あるいは学校から自宅までにどの
位ゴミがあるか数えるだけでも、意義があると思います。
1分でも時間を割いて話題にしてください。
ゴミとは何かを考えるだけでも、意義があります。

次に、どんな物が捨ててあるかを、話し合ってください。

きっとゴミに対する考えが違ってきます。

これから背負っていくのは子供達です。

先生にお願いです。1分でもいいんです。話題にあげてください。  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加