まぬ家ごめ助

姓はまぬけ、名はごめすけ、合わせて、「まぬ家ごめ助」と申します。どうぞお見知りおきを。

リスペクトが昇華した瞬間に(主にRyoちゃんへ)

2016-10-13 01:17:39 | 日記
トリビュート系の音源はたくさんあるけれど、大概が面白くありません。そりゃそうだ、だって、オリジナルを聴いていた方が断然面白いんだもん。それらはつまり、超えることが目的なのではなく、紹介することに意義がある、つまり自らが獲得しているファンに対して、訴えている、私はこんな音を聴いて育ったのですよ、と。

例えば、ERIC CLAPTON & FRIENDSの「THE BREEZE」。ほとんど聴いていません。むろんクラプトンには超感謝していて、彼のおけげで、J.J. Caleの世界を知ることが出来たのは、事実なのですから。クラプトンが奏でる音楽には、時々迷いがあるけれども、こと彼の「聴く耳」に関してだけは、私は全面的に信頼しています。

仲井戸麗市さんだって、そんな(いわばクラプトン的な)アプローチをしないわけではないけれども、基本的には、別な方法を試みます。つまり、オリジナルに昇華させることができる。麗蘭の「25」における「SONGS for J.J. Cale」はまさにその好例、典型。

「25」というアルバム、そして先日の赤坂のライブは、全編を通して、鈴木ひろぶみさんに捧げられています。鈴木裕文さんのパーカッション、好きだったなぁ。麗蘭のアルバムを買うたびに、そのクレジットで彼の名前をさがしていましたもん。スライダーズの「GIG'89 BACK TO THE STREET」のツアーを、私は八王子で観ています。今思えば、彼等にとっては、準・地元みたいな場所でしたな。で、その時のツアーに、鈴木さんも参加していた、そういう記憶があります。曲によっては、ツインドラム的な、そんな重圧のあるビートだったはずです。そうそう、今回のライブにおけるJAH-RAHさんのドラミングに、私は鈴木さんに対するリスペクトを感じました。感謝 for you。


「ミュージック」麗蘭
↑鈴木さんを中心に、というわけで、この映像を。

追記 Ryoちゃんへ

左之助さんに教わったのですが、ゾンビーズの「オデッセイ・アンド・オラクル」は素晴らしいです。聴いたことあるかな。未聴でしたら、是非。ちなみに、この作品には参加していないけれども、キンクスで活躍していたジム・ロッドフォードとボブ・ヘンリットは、もとはゾンビーズ系?で活躍していたのですね。知りませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« I’ve got the blues for you ... | トップ | 「ロック」の息の根は止めら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。