まぬ家ごめ助

姓はまぬけ、名はごめすけ、合わせて、「まぬ家ごめ助」と申します。どうぞお見知りおきを。

「ロック」の息の根は止められたのか・・・

2016-10-14 00:28:04 | 日記
「ボブ・ディラン、ノーベル文学賞受賞」、とのことで、早速、母からメールが届きました(もちろん私は知っていました)。母はどうやら、文学賞と平和賞をごっちゃにしたような印象を受けていたようでしたが、私が思うに、あんな女たらし(女泣かせ)が平和賞に値するはずがない!(笑)

我が家にはディランの自伝が2冊あります。というのは、Ryoちゃんの住まいに行った時に、彼が「これ、ごめさんから借りたやつ」と言うので、「ん?」と思いつ、持ち帰ったものの、やっぱり我が家にも1冊あったのです。ちなみに、我が家にはキンクスの「Low Budget」も2枚あって、これもまた「ごめさんから借りたやつ」と、Ryoちゃんが手渡してくれたもの。

ディランの自伝が、はたして「文学賞」に値するものなのかどうか、私には判断がつきません。なるほど、数多の「日記もどき」とは異なり、読む価値のある興味深い本である、程度のことはわかります。そうして彼(ディラン)は、今でも「ロール」し続けている方なので、この受賞が、歴史的(いわば、教科書的)に、ロック(むろん、ロールじゃなく)の灯を止めるような最後の一撃になってしまう(もちろん、この受賞によってディランの態度が変わることはあり得ないので、むしろ、外野の方の問題)のではなかろうか、な~んて、心配になったりもしています。

少なくとも私は、桑田佳祐さんの「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」という気持ち(これぞ「ロール」だ!)こそが、おそらく、今のディランの心象を象徴しているのではなかろうか、と想像しています。そうして、殿堂入りに最も相応しい人物でありながら、その殿堂の価値を「たかが」と思っているであろうディランだからこそ、「賞」に相応しいのかなぁ、とも思っています。


「Blind Willie McTell」Bob Dylan
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« リスペクトが昇華した瞬間に... | トップ | Forever Young »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。