まぬ家ごめ助

姓はまぬけ、名はごめすけ、合わせて、「まぬ家ごめ助」と申します。どうぞお見知りおきを。

粗忽の逆襲(しょうが湯でほっこりと)

2017-01-04 23:46:20 | 日記
我が家の冷蔵庫に、同僚から頂いたメッセージ、一枚のメモが貼ってあります。それはつまり、自分の粗忽を戒めようとするつもりのもの。

「○月○日の○○○係はまぬけさんでしたよね?
見つからずに、あちこち捜し回ったら、○○さんのカーディガンの下から、やっとこさ見つける事ができました。とっても大変でした。あまりにも大変だったので、メモしました(笑)」


えっと、実はですね、少々小細工を施しました。というのも、本物に末尾の(笑)はございません。ですから、(怒)の方が正解、ということになります。忙しくて、一生懸命働いているとき程、怒られちゃうんですな。というのも、そんな状況だからこそ、より粗忽者が活躍してしまうわけですから・・・。

その一方で、あえてルール違反をする、ということもあります。置かれた状況を判断して、自分で勝手に動いてしまう、テリトリーから離れてしまう、いわゆる、スタンドプレーです。これは、チームにおいては、必要な場合もありますけれども、その前提に、連携(信頼関係)が出来ているからこそ出来る、という側面もありますな。

こんな時こそ必要なのは「言葉」なのでしょう。というかむしろ、「話術」なのかな。それと、感情のコントロール。つまり、末尾における(笑)と(怒)の違いというようなこと。あと思うのは、裸の大将になったらダメだな、ってこと。さらに、裸の大将にさせてはダメだよね、ってこと。そんなわけで、今日も勉強させて頂きました。Iさんに感謝を。


<あのねぇ、お前さん、いいかい、あのねぇ、自分を、並みの人間とおんなじだという了見は捨てて・・・ね>
「粗忽の釘」滝川鯉昇
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« グロッキー行進曲(ニューイ... | トップ | 円盤! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。