GOMAZOU-MAMAのひとりごと

窓を開けるのが心地よい出す。
さあ、お外行きましょう!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

眠れない夜のひとりごと

2012-10-31 23:28:13 | Weblog
眠れないので、ちょっと独り言

あんちゃんは以前に比べたら、家でのトラブルは減った。

私が、あんちゃんの特性に向き合えるようになったからかもしれない。

出来ない事をやりなさいと言ってもやっぱりできるようにはならない。
ちいにいちゃんが、寝る前に明日の準備をする。
あんちゃんにはそれはない。

私も明らかに違うあんちゃんにやれやれとは言わなくなった。


今、ちいにいちゃんの隣のクラスが荒れている。

学級崩壊とも思える状態にまでなっている。

一年生なのに。。。

一年生だからか。。。


あんちゃんが一年生だった時と被ってしまう。


教室を立ち歩く。

注意が聞けない。

次の準備が出来ない。

手のかかる子。

あの頃、私は、周囲や先生にわかってもらうのに、必死だったなぁ。


今だから、思えるけど、
みんなと同じようにしなければならない事は、あんちゃんにとって、相当な苦痛だったんだろう。

椅子に座る。

姿勢を正す。

やることが多く、理解して、次の準備ができるようにはなるには、時間がかかった。


幸い、本が好きだった事。人が好きだった事で、勉強ができた。
友達ができた。


自分は騒がしいのに騒がしいのが嫌いなのがこの特性

あんちゃんは、休み時間のほとんどを図書室で過ごしていたらしい。

いつのまにか身についた、リセットする時間。

うちでは、パニックになると一人でピアノに向かう。


ゼロか100か。
あんちゃんと同じ特性の特徴。
集中すると物凄い。ただ興味がない、身体が動かない時は全くのスリープ状態になる。


特性を理解する。


一番近くにいて、一番時間がかかったのは、私だったんだろう。


支援の道筋が見えてない親子を見ると、
あの頃の自分と重なる。


苦しい事。

少しは、わかってあげられるから…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012-10-16 13:21:03

2012-10-16 13:21:03 | Weblog
お久しぶりのUPです。

このところ、なかなか更新出来ずにいました。

心配してメール下さった方々、元気かな?ってblogを覗いて下さった方々、ありがとうございます。

フェイスブックにはチョコチョコUPしてますが、あちらは何と言いか、いろいろな繋がりもあってぼやけない(笑)


こちらでは、相変わらず一人事を。。。

あんちゃんは、無事というか、押し出し式で、通級を先月で卒業になりました。

二年間、週に2時間、特性に応じた内容で、個人&グループ授業を専門の先生とやってきました。

一人一人の特性に合わせての指導だから、正直、他の子はわからないですが。

始めは、リラックスの仕方、呼吸から練習。
これは、自分をコントロールするのに重要で、吸ってはいてがリズムよく出来なかったのも、今ではだいぶ上達。
睡眠障害もあったので、呼吸が整うようになってからは随分、しっかり寝れるようになりました。

手の洗い方もやったなぁ。
恥ずかしながら、石鹸をつけて手を洗う順番が出来なかった。(苦笑)

あんちゃんは、先の見通しが立たない、想像力が乏しいという事があります。
なので、定型発達の人から見たら、一日中順番やルールに縛られる事のほうが辛いと感じるのに、あんちゃんは、順番が決まってるほうが楽に過ごせるのです。

私みたいに、かなりユル~イ性格だと、ご飯食べてから、お風呂でも、宿題やってから、ご飯でも、その日次第で良い気持ちもするけど、それは、本人にとっては、見通しが立たない、突発事項。
なので、学校のように時間で区切られる生活こそ楽。
私がそれに対応出来ないっていう毎日です。

仕事も始め、つむを保育園に送迎し、買物やら掃除洗濯物でいっぱいいっぱいが正直なところ。

それらを汲み取ってはもらえないもどかしさが続いてました。

母親として、諦めきれないところもあるんだと思います。

外で上手くいってれば、余計に、うちでだって出来るはずと思ってしまうの繰り返し。

これはずっと続くって事。

私はどこかで、そのうちできるようになると思って期待してしまっていたのかも知れません。

通級の先生は最後に私にこう諭してくれました。
もう十分お母さんは勉強してきた。
沢山本を読んだり調べたり、専門家と同じ位あんちゃんの事はわかってるはず。
苦手なところは苦手なところとして諦めて
良いところや伸びそうなところをチャンスを上手く使えるように見ていってあげて。
と言われ、
頑張ってきた事を認めて貰えたことで、
今まで悶々としていた事に区切りができました。

相変わらず、家に帰ればぐったり疲れるけど、
姫が成長する毎に、今まで我が家になかった、笑い声も聞こえるようになったし、
やっと、普通に近い生活が少し近づいてきたかなという今日このごろです。

ちいにいちゃんは、なんというか石橋を叩いて渡るように、慎重。
すぐに出来ないと諦めてしまうのがたまにきず。
でも、最近工作に目覚めて、ひごのかみをおじいちゃんに貰い、手を切り傷だらけにしながら何か作っています。

からかって泣かせたりしてますが、姫と遊ぶのも楽しいみたい

姫も起きてすぐ
『ちょっちゃぁん。』って呼びに行きます。
いいお兄ちゃんしてます。

姫はというと、さすが末娘。甘えん坊です。
常にママママ。抱っこ。

三人目にして初めて離れない(笑)

大変だけど、かわいいっよ。

今は手遊びが大好きで、ずっとやってやっての繰り返し(苦笑)

保育園で毎日沢山歩くので、がっしりしてます(女の子なのにね…)

慌ただしい毎日だけど、なんとかやってまーす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況報告~

2012-05-18 23:52:55 | Weblog
こんばんは

なかなかUpできなくて〓

近況報告。

連休明けから仕事をはじめました。
パートだけど、久しぶりに楽しく家作りの仕事してます。
小さな子供がいて働く事。
たくさんの協力がないとできない事です。
家族や会社の理解がないと本当難しい。
今、働く事ができるのも、やっとそういう時期にきたのかもしれません。


あんちゃんにあれほど手を焼いていたのに、今年に入り、驚く程の成長。
姫をお風呂に入れたり、買い物や洗濯物のお手伝いが出来るようになったり。
今日は、農村学校に、ついには家から一人で大きな荷物を抱えて行ける程になったよ(泣)
いっぱい泣いてきて、いっぱい頑張ってきてよかったなぁと、今日は笑顔でバスに乗るあんちゃんを見送りました。


ちいにいちゃんは、自分で宿題や明日の支度をすすんで出来るようになってるので、ちょっと反抗期でも、かわいいもんです。


姫は保育園が楽しくてしょうがないらしく、朝は自分でバックを持って、玄関で行く準備ができるのを待ってます。

保育園に預ける時に泣いて別れたのは、一度か二度。
淋しいかな、車を降りると笑顔でバイバイです。

毎日の様子を、blogでUpしてくれるので、本当に楽しく遊んでる様子がわかって、安心して預けられてます。

会社に行ったら、スイッチを切り替えて無になって仕事してます。

長らく忘れてる事。
知らない事だらけで冷や汗タラタラだけど、小さな事務所は私にはちょうどよいみたい。

少しづつ、私も私の時間を過ごせればいいなと思います。


そうそう、私もFacebookをはじめました。
Facebookに書き込む事もあるので、そちらもよろしく~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑

2012-04-28 01:03:09 | Weblog
この二ヶ月の間にいろんな事がありました。

人生で、どん底なんてそう何回も味わうものじゃないけど、
本当、私の人生はジェットコースターみたいです(泣笑)


いろんな人に相談できるようになったのは、歳を重ねたからか、私の弱さからか。

アドバイスや励ましの一言もらえた事は、大きなパワーに変えてくれました。
やっと、前向きに動き出せます。
まだ乗り越えた訳ではないけど、私も、一歩前進。


少しづつ仕事に出ることにしました。

なんだかんだ、この一年、バイトに出て、楽しかったんだよね。
息抜きにもなったし、疲れても充実感が残ったから。


また一生懸命やりすぎて嫌になっちゃうかもしれないけど、母はパートからまた頑張ってみようと思います〓


あんちゃんの子育ては壮絶な時間だったけど、今は、あの大変だった時間があったから、ちょっとは強くなれたかなと思います。
あんちゃんは、担任の先生が放課後サッカーしてくれたり、当たりだったのもあるし、農村留学に行きはじめたからか、成長もしてくれたのか、ずいぶんと去年よりいいです。


ちいにいちゃんは、学童に行く事になりました。近所に、たくさん一年生がいるのに、ほとんどが学童に行ってるので、学童行く方が遊べると喜んでるよ。
しかし、近頃反抗期です。
歯がたくさん抜けて顔が変わっちゃいました。
かわいかった面影から、ちょっと逞しい感じになりましたよ。


そして、姫は小さな小さな保育所に。
車で10分とちょっと離れてる認可外ですが、想像していた認可外の保育園のイメージと、全く違います。
園庭がないぶん、毎日の逞しいほどのお散歩。三歳で高尾山に登れちゃう位に歩ける子供になるとか(笑)

縦割りの小さな園は、お兄ちゃんお姉ちゃんが、小さい子達を、自然に面倒見てくれるし、保育士さん達の子供達を見守る姿が何よりおおらかで、安心して姫を預けられそうです。

夕方になるとお迎えまでテレビを見せて待たせてるところもあるようだけど、そんなことしなくても、静かに工作してるグループ、一人を囲んでみんなでお医者さんごっこをやってるグループ、もくもくとブロックをやってるグループと、赤ちゃん以外はそれぞれに上手に遊んでいて、見ていて面白かったです。

時々赤ちゃんがお兄ちゃんお姉ちゃんの邪魔しにいくんだけど、違うおもちゃをわたしたり、いろいろ技を駆使して、上手に扱ってました(笑)

姫はお試し保育の一日。
母と別れるのを惜しむどころか、あっさりバイバイ。
保育士さんたちも、初めてと思えない位の溶け込みようだったっていってくれて。
寂しいような、逞しいような、複雑な気持ちです。
3人目の姫はきっと大丈夫でしょう。


約10年、子育てしてきましたね。
あんちゃんは、もうすぐ、ハーフ成人式。
私も二回目の成人式になっちゃいます。

最近、あんちゃんと母は、静かに話のやり取りが出来るようになってきました。

やっと、普通の親子に近づいてこれたきがしてます。

今日、車のラジオから、

『子育ては未来を作る立派な仕事です』

って、佐々木正美先生の言葉が流れてきました。


酷い事もいってきたし、全然優しいお母さんではないけど、
『お母さん』って、立派な職業だよって言われると、
『そうか、私も頑張ったんだ』って、ちょっと位、自分を誉めてあげようかと思いました。

世の中、もう少し、『お母さん』を大切にしてくれてもいいのにね
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

はじまり~!はじまり~!

2012-04-19 21:50:00 | Weblog
5月になりましたね。
姫は、保育園に行き始めました。
小さな保育園は、縦割り。
初めての登園日、朝早く起きたので、ちょっぴり、眠くなってしまった姫。
玄関で、バイバイすると、寂しそうにしてました。
この姿は、やっぱり、さみしいですね。

園での様子はブログにUPしてくれるので、ちょっぴり安心です。
わたしが行った後、ちょっと、ぐずっていたのを、ちょっぴり大きいお兄ちゃんお姉ちゃんが
交代で、抱っこしてくれていたようです。
大人じゃなくてもいいのは、お兄ちゃんがいるからなのかな(^-^)
お昼ご飯もしっかり食べ、お昼寝も二時間たっぷり。
初日から、がんばった。頑張った。

夕方、ちい兄ちゃんと迎えに行くと、ぎゅって、抱っこしてはなれませんでした。
でも、先生に、笑顔でバイバイして、また明日。

まずまずのスタートです。
姫は逞しいです。

ちい兄ちゃん連休明けからは、学童です。
私のお迎えでなくても、あんちゃんのお迎えでもOKの許可をもらえたので、良かった。
姫をお迎えの間に、あんちゃんに学校帰りに連れて帰ってきてもらえたら、
母の仕事がちょっと、減るわ~。

母は、只今、3人のスケジュール管理とご飯と洗濯物で頭がいっぱいです。
冷凍庫に山もりの、作り置きをして、いつでも『楽』出来るようにスタンバイ。

あんちゃんも、少しづつ、『切り替え』ができるようになってきました。
自分がやらなければならないことが、わかってきたようです。
言っても出来なかった事が、少しづつ、少しづつ・・・・。

仕事は、連休明けからスタート。
しばらくはパニック全開になりそうな予感






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春ですね〓

2012-04-01 14:22:12 | Weblog
春休みですね。

皆様いかがお過ごしですか?

姫は一日中、ベビーサインで会話してます。

のみたい。
食べたい。
おむつかえて。
おいで。
ちょうだい。
いい子いい子。
嫌々。
ありがとう。
ねんね。
靴をはく。
着替える。
お風呂入る。

凄い覚えました。

泣かないで通じるってなんか凄いです。

先日、久しぶりに川崎のママ友と動物園に行きました。初めての、ぞうさんに大興奮。
この日から、急激に歩くスピードや意思を主張するようになってきました。
姫はマイペースに我が道を進んでます(笑)

あんちゃん達は久しぶりを感じない遊びっぷりでした。赤ちゃんから過ごした時間は、私にも宝物です。

その、あんちゃんは、週末農村留学、二回目に金曜日からいっています。
本当にびっくりする位、うちが静かです(笑)

一人で電車に乗れるようになったので、次からはバスから一人で行くと言うので、車で駅まで送らずに、玄関でいってらっしゃいって見送り出来そうです(ヤッホー)

何しろ夕方に下の二人を連れて往復一時間の送迎は面倒なので。

ちょっとずつ出来る事が増えてきました。

もうすぐ一年生のちいにいちゃんは、今まで我慢してた事もあって、あんちゃんのいない時間は、わがまま放題。

ちょっとだけはおまけしつつ、あんちゃんのいない時間を満喫してもらってます。

本当ならゆっくり休みの日にみんなで出かけたりしたいところだけど、
我が家はしばらくお預けです。


週末、母は出稼ぎしてます。
今日の仕事はとにかく暇で暇で泣きそう。

でも、スタッフが良い人で、いっぱい珈琲入れて来てくれるし

何も考えずにゆっくりできる時間はある意味、贅沢かな。


久しぶりに見上げた、今日の空は実に綺麗です。


我が家の未来も、今日の空のように、スッキリと晴れますように〓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の嵐がやってきた。

2012-03-07 00:09:36 | Weblog
姫ちゃまは、なぜか、誕生日を境に激しく活発に動き回る子になってきました

眠っていた魂が、目覚めた感じです

うちの子だしね。

なんか、言葉がつうじるってすごいことだなって思います。

『ちいにいちゃん、迎えにいくよ』

そういうだけで、玄関に行って靴を履こうとしたり。

『歯磨きするよ』と言えば、自分で歯磨きを探しに行くし。


毎日のあんちゃんとのやりとりが、こんなにスムーズだったら、どんなに穏やかな毎日になるんだろうなと思っちゃいます。

ここ最近、あんちゃんと同じような子のお母さんに会う機会が何回か続いてました。

偶然の出会いなんだけど。神様は、こうやって、なんとか頑張るように、いつも私を後ろから押しているんだよね。

私は、坂道は登りたくないのに、無理やり後ろから押されて歩いてる感じと言えば、わかりやすい?


いつも、自分があんちゃんのことで落ち込んだり、怒ったり、投げたしたくなったりしていることを、心のどこかで

なんてひどい親だなあと思っているんだけど、

他のお母さんにあって、みんな同じように、疲れている姿をみたら、

『わたしだけじゃないんだ』とちょっと安心したりして。。。


あんちゃん、また、この季節の変わり目で、やらかしちゃってます。

たいして具合悪いわけでもなく、学校を休む。

ちょっと、姫や、ちいにいちゃんが触られたことで、激怒する。

やめてほしいといっても、ストップが聞かない。

本人はうそつくつもりはないんだろうけど、気が散漫になるので、答えはみんな『やったやった。』
本人はやった気でいる。(宿題や、薬、歯磨き等)

ちいにいちゃん、体も大きくなってきた。

妹を守ろうと、必死になって反撃する。

反撃すれば、倍になってかえってくる。


あんちゃんの顔をみて、また、私も話ができなくなってしまっている。


あんちゃんのコントロールのきかないリズムがまたやってきた。

このマイナス期に入ると、私の思考回路も思いっきりマイナスモードになっていく。


時間がほしい。

もっと時間がほしいな。

あんちゃんがいつ学校休むかわからないので、しっかり働けないし。

お金もないし。気晴らししようもない。

何かに没頭する時間が無性にほしい。



いつだったか、あんちゃんが幼稚園だった頃、『子供をかわいいと思えないお母さんが信じられない』って言われたことがあった。

(私に向けた言葉ではなかったけど)

私だって、決して、可愛くないということではないんだけど、

毎日、毎日、疲弊した状態になったことない人には、理解してもらえないよなあ。。。と懇談会で涙がでたっけな。


あんちゃんが、うちで荒れれば荒れるほど、あんちゃんの居場所もなくなっているのがよくわかる。

うまく表現できない、あんちゃんは、今度はやきもちをちいにいちゃんや姫に向ける。

そうなると、ますます、壁ができてくる。


良くないのは、わかってるけど。

できないよ。。。


違う人がお母さんだったら、もっとうまくいくんだろうなと、思ってしまうんだな。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初節句は誕生日

2012-03-04 23:37:41 | Weblog
桃の節句の日。
姫ちゃまが一歳になりました。

あっという間の一年でした。

いろんな事がありましたね。
沢山の人に支えられました。


生まれてすぐの震災。
毎日、鳴り止まない、地震予測の携帯音。
水不足や放射能。
眠れない育児よりも、地震事が気掛かりでしかたなかった。

転落。
ハンドクリーム食べちゃった事件。
幸いなことに、姫ちゃまは強かった。

年末のロタウィルス以外は、風邪も軽く、いたって元気な毎日。

とにかく、泣いてる時間がほとんどなく、姫ちゃまとの時間は穏やかに過ごす事ができました。

3人目だから、馴れもあるかも知れないけど、泣き止まない、寝てくれないあんちゃんのへとへとだった時とはぜんぜん違った。

そして、ちいにいちゃんはこの一年、ずっと姫ちゃまと一緒でした。
ヤキモチやくこともきっとあっただろうけど、姫ちゃまといる時間が大好きだったようで、姫ちゃまはちいにいちゃんを見ただけで、キャッキャッと喜ぶようになりました。

いつの間にか、ベビーサインを覚えて、コミュニケーションが取りやすく、まるで会話してるみたいなやりとりが、今は、疲れも忘れさせてくれます。

バイバイから始まり
あれ?
もっと。
ちょうだい。
おねがい。
飲みたい。
嫌々。
ありがとう。
ごめんなさい。
おむつかえて。

まだまだ、言葉や声にはならなくても通じるのはうれしいです。


今回、ギリギリまで、都合があわなくて、初節句&誕生日パーティーも出来ないと思ってたのだけど、
なんとかパパも半日休め、爺、婆と姪っ子達も来てくれることができました。

昼間のパーティーに向けて、もう朝から台所は大パニック。
から揚げ、ちらし寿司にケーキやサラダとたいしたものはできなかったけど、ちいにいちゃんが、サンドイッチを3種類も作ってくれたので、本当助かりました。

フルーツ、ツナ、ハムサンド。

ちいにいちゃん、幼稚園でお料理してきてよかったよ~。

姫はテーブルからから揚げを握りしめ、1時間もかじりついて離しませんでした。


『もう、一歳かぁ、早いなぁ』


しみじみと語るちいにいちゃん。


母よりも妹の面倒をみてきたから出た言葉かな。


『お兄ちゃんになって一年おめでとう』


実はこの日、誕生日をもう一人お祝いしました

数日前の閏年の誕生日な爺。

爺には内緒で、そっとお祝いしようと、ちいにいちゃんに、

『爺にお花を買って来て』
とハジメテのおつかいを頼みました。

ドレミファソラシド~。

と調子良くいってくれると思いきや、出かける直前、あんちゃんにちょっかいだされて、けんかに。

お兄ちゃんだし
一年生になるし、
爺は誕生日だしといろいろいったけど、頑として行かず。

ハジメテのおつかいダメでした。

カメラもなかったんだけどね(笑)


あんちゃんにいってもらい、無事に一緒にお祝いできました。


いろいろあった一年だけど、姫ちゃまは、癒しです。


さてさて、歩き始めた姫ちゃまはこれからどんな娘になるのやら。


お楽しみに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頼むよ。あんちゃん。

2012-02-17 14:30:29 | Weblog
私にはわからない微妙な季節の変化をあんちゃんは感じているんでしょうか。

母親の話は全く入りません。

私へは全く遠慮がないからなんでしょうね。

『着替えたらごはんだよ』

『ごはんの前に着替えてね』

『着替えます。終わったらごはんです。』


どれも同じだと思うんだけど、違うみたい。

あんちゃんには、二つ三つの指示は通りません。

(どうすれば、スムーズに伝わるんだ~〓)


本当なら、順番なんてどうでもいいんだけど、ご飯のあとに時間がないと

『着替えてないから行かない』

『時間ないから行かない』

っていいかねないから、先に着替えてもらいます。



雨の日に自転車で遊びにいくというので、

『危ないから歩いて行きなさい』と促すと

『僕は大丈夫』と自分のルールに変えてしまい、飛び出していくあんちゃんの服を掴むと、

『ママは意地悪だ』と叫んだり



昨日は、『全て『NO』と答えるあんちゃんに、私も我慢の限界に


『なんで、ママにだけそうなの?』

『バカにしてるの?』

『!!!……』

200%の剣幕で怒ったって、全く知らん顔な姿に、

私も段々とエスカレートしていってしまった。


このままだと、もっと酷い言葉が出そうだし、この醜い姿を下の二人に見せるのも嫌だった。


悲しいかな、いくら私が爆発したって、あんちゃんが気の済むまでは

(昨日は見たいテレビだったけど)こちらの思いは伝わらないんだな


そう思ったら、姫ちゃまを連れて家をでてました。


結局自分が冷静になるしかないのがむなしいね。


ちいにいちゃんをおいていくのは心苦しかったなぁ。ゴメンね。

1時間半、ただ車で走ってただけだけど、やっぱり離れて考える時間必要なのかも。


仕事帰りのパパと、ちょっと外で話て帰りました。


この日、通級の先生が来年度の計画を教えてくれました。

学校での迷惑行為がないし、学力はあるからきっと、他の先生や他の学校なら、とっくに放り投げられていたと思います。


でも、今の先生は、本人の将来だけでなく、母親や家族が共に生きていけるように支援し、

サポートする方法をいろいろ探してきてくれました。


毎年春は、クラス変えや、先生が変わり、体調不良になります。

やっと慣れるのはニ学期後半。

一年のリズムがわかってきました。

なので春になるまえに、予定にないことが苦手なあんちゃんは、予行練習です。


電車に乗る練習。
荷物を準備する練習。
宿題をやる練習。
薬を飲む練習。
遊ぶ時間が変わる練習

母はその練習のためのシュミレーションで頭がいっぱいです。


頼むよあんちゃん。

たくさんのチャンスをいただいてるし、支えてもらっている。

母はまた、凹んだ自分を引きずられるような気持ちで帰ったのでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある晴れた日

2012-02-11 15:55:08 | Weblog
まだまだ寒い2月。
お日様が暖かく気持ち良い日は捻れた心もちょっとほぐれるねぇ。

もうすぐ、ちいにいちゃんは一年生。

あんちゃんに手がかかり、私の体調不良や、姫ちゃまの世話を言い訳に今まで、あまりかまってあげてなかった。


幼稚園の支度も、自分で制服にバッチをつけ、持ち物は、全てちいにいちゃんが用意してたのだ。

週末の上履き洗いも、二年間ほとんど自分でやっていた。

あんちゃんが靴下を履いて着替えるのに大騒ぎしている横で、甘えるすべもなく、一人でやっていてくれた。


お菓子が食べたいとねだるのは、恐らく、ちいにいちゃん最高のわがまま。


考えてみればかわいいもんだよね。


今朝、起きてきて、私と姫ちゃまが寝ている布団に入ってきた、ちいにいちゃん。

手を組み、いきなりの一言。

『神様、ママが仕事頑張れますように』

『どうした?』

『ママ仕事でしょ。神様にお願いしておいたから。頑張ってね』


泣けるぞ。おい。


私はあなたに甘えてずっと、お母さんサボってきたのに。
ちいにいちゃんにはゴメンねしかでないよ。



幼稚園が半日のある日。


めったに行かない、ちょっと遠くのパン屋さんに行ってみた。


おやつの小さいパンとジュースを片手に、空の下で食べた。


『気持ち良いね』

『また来ようね』



あんちゃんが、来月から留守になる日が増える。



ずっとできなかったこと。

一緒にしようね。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加