パカパカ乗馬日記

ビンボーだけど乗馬にトライ。果たしてどこまでうまくなるやら。いつまで金が続くやら…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

乗り納め・初乗り

2017年01月03日 22時57分17秒 | 乗馬記録
ずーっとブログを更新していなかったのだけれど、
コメントをくださったかたがいて、自分でも久々にアクセスしてみたら、
毎日けっこうなアクセス数みたいです。
せっかく来ていただいたのに、更新してなくてスミマセン。
ということで、ブログ再開。(またくじけてしまったらゴメンナサイ)

年末30日と2日、3日と久々にまとまって乗ってきました。お相手はクロフトくん。



今日のレッスンでは、体が後ろに倒れすぎ、っていわれちゃいました。
いつもは前傾しないように、といわれているのに、どうもやり過ぎちゃったみたいです。
馬も人間も、その日によって調子が違うようで。当たり前ですが。

最近の重点課題は、
1)手綱は腰で持つ
2)脚を落として深く座る
3)内方のくるぶしが馬体から離れないようにして乗る
ってところかなぁ。

どれもこれも基本中の基本ですが、
馬に乗らない人からすると、1とか2はさっぱり意味がわからないですよね。^^;
乗馬のコツというのは、日本語として??なものが多いですが(腰を入れるとか)、
「ニュアンスで察する」ような言い回しが多くて面白いです。

拳については、巻き乗りをしているときに意識が別のところに行っちゃうようで
手が止まってしまう傾向にあります。意識しすぎると手で合わせようとしちゃうし。
手で引っぱるんじゃないんだよなぁ。肩甲骨で持つとかいうけど、うまく合わせられません。

そういえばクロフトくんは、いい感じになってくると頭が下がってハミを食いに行くのだけれど、
これが重い! 「引っぱるのではなく、頭の重さを支えつつ手綱を持つ」というのが大変です。
こういう状態のときに「手綱を腰で持つ」ことが大切だそうで。
この頭が下がった体勢で馬体が丸まってくると「屈撓」という状態になるのかなぁ。
どうしたら体が丸まるのかなぁ。
体験したことのない未知の感覚については、手探りで体で理解していくしかないというけれど、
一端が見えたような気がする日と、こてんぱんにやられて落ち込む日があって、
だからこそ乗馬にハマってしまうのかもしれません。

ところで、クロフトくんは、以前は大変真面目なお馬さんでしたが、
ここのところ、私らレベルで乗れるお馬さん2頭中1頭が腱を傷めてしまって長期休養中。
だもんで、ここ1ヵ月くらいクロフトくん1頭でレッスンをこなしています。
1日4鞍こなすこともあるかもしれません。
そしたら最近は、レッスン中によく止まったり常歩になったりするようになってしまいました。
勝手に「はい、休憩ね~」みたいな感じで休みます。
だんだん練習馬っぽくなってきましたね。やっぱ、しんどいのでしょう。

スレンダーなクロフトくんは女性が乗ることが多いので、
女の人はあんまり叱らないのよね。かわいそうとか怖いとかで。
私も叱ってるつもりなんだけど、先生からいわせると「全然効いてません」とのこと。
でも、甘やかしているとどんどん動かない馬になっちゃうので、
がんばって、走られたりすること覚悟でガッツリ叱っていこうと思っております。
重いお馬さんになったら悲しいもんね。

ってか、実のところ、もろもろ練習馬では限界があるのかも、とも思ってます。
自馬ほしいよ、自馬。でもお金がないから半自馬でいいんだけれど。
その前に、馬場鞍もほしいです。って、欲を出せば限りがないなぁ。
お財布と相談しながら、ボチボチやっていこうと思ってます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お疲れエイジくん | トップ | 輪乗りの開閉 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (モコ)
2017-01-24 12:43:41
お元気そうで、何よりです。
池袋で一緒にお酒を頂いたのが懐かしいです♬

私も今年は頑張ります(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。