超越論的思考生活

毎日更新中。「日記」カテゴリーにパスワード設定しています。

山崎豊子「白い巨塔」

2017-05-01 21:40:10 | 
今更ながら、超有名な山崎豊子の小説、「白い巨塔」(新潮文庫 1~5巻)を読了致しました。

前々から読もうとは考えてはいつつも、結局読んでいなかったものですが、今回年に100冊本を読むという計画を実行に移すに当たって、ようやく手にとって読んでみた、という訳です。





読んでみて、やはり有名な作品であるだけあって、名作であると感じました。
医学部に入ったのならもっと早くに読んでおくべきでした…。
もし医学部の学生でこの作品を読んでいないのなら、たとえ普段本を敬遠している人でも、ぜひ一読してみた方がよい、と思うような作品でしたよ。

テーマやあらすじなんかは言わずもがなでしょうし、知らない方はWikipediaでも見て頂いた方が僕の説明より分かりやすいと思うので詳しくは書きませんが、僕が最も感服したのはそのテーマ性もさることながら、作者の山崎豊子の徹底した取材力ともいえるものでした。

医学って、一般の方(医療従事者以外の人)にとっては非常に馴染み深いようで、馴染みのないものなので、そこにテーマを設定してあれだけの作品を書けたのは本当にすごいと思います。

まあ、古い作品なだけあって医療の常識は全く今とは異なるものだと感じましたが。

また、取材力以外にも、財前と里見という、対照的ともいえる生き方をしている二人をしっかりと描けている、という点でも「白い巨塔」はよくできているという風に感じました。
このような、社会的なメッセージ性が側面としてある作品というのは、文学作品としての意味を失って、その主張だけが前面に出てきて話が面白くなくなってしまう、ということがありがちなのですが、この「白い巨塔」はそうはなっておらず、純粋に作品として楽しめるという風に僕は思います。(中学生のころ、海堂尊の作品を追っかけて読んでいましたが、途中から作者の主張が前面に出てき始めて、それから読むのをやめてしまった記憶があります。今は医学生として、また読んでみたいとは思っているのですが。)


さて、「白い巨塔」のように、医者の世界がいまだに旧態依然としている…かどうかは僕のような(優秀ではない)医学生には到底解ることのなく、また関係のない処です。(今は医局制度ではなくなっているからこんな話はないのでしょうが。)
そして、今はそんなことを考えている前に目の前の勉強に集中すべきであり、また、その辺りの実態は後々知ればよいことなので当面のところはその点はそこまで興味はないです。


しかし、この作品を読んだ人に聞いてみたいことがあります。

それは、財前と里見、どちらがより好きか、ということです。

僕はちなみに財前でした…汗。

なんだか、里見は理想を語っているだけのように見えてしまい、なんだかその部分が、僕自身と重なってしまったのです。(もちろん、里見は僕のような学力の足りない人間などとは違って、勉強家であり、研究熱心でかつ臨床医としても優秀な人間であるので、重なったのはその部分「だけ」ですが)

それと比較して財前は、苦学をしつつ母親に仕送りをしながら、単に理想を求めすぎるのではなく現実に即した行動をしているように僕には見えたのです。(当然、里見の場合と同様、本当は僕なんぞと財前を比べてはいけないのだが、もうそこは勘弁してください。)

つまり、財前には自分にはないものを感じて憧れを抱いたのですが、里見には自分と同じ部分を感じて、嫌気がさしてしまった、という訳です。


僕にとっての一つの理想の人間像というのが、人に嫌われることは厭わず、自分の弱点は本当に自分の信頼する人だけに見せて生きていく、というものである(これは現実の僕がそうではないからですよ)ので、財前は僕には魅力的な人物に写ってしまったのかもしれません。


まあ、里見も芯がある人物であり、色々な面で魅力的な人間であるとは思うのですが。

このように考えて、僕はより財前に魅力を感じたのですが、みなさんはどうでしょうか?


それにしても、あの財前の最期は、本当に泣けます。



長くなりましたが、読んで下さりありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 犬も仮病!? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (tempo1078)
2017-05-02 01:04:34
山崎豊子さんは、

どの作品でも
徹底的に取材して書きあげますからね。

どの作品も
彼女のエネルギーが
ほとばしっていますよ。

「白い巨塔」は
随分、昔に読みましたが、
医学生さんならば、特に面白いというか、
身近に感じる部分もあったのでは??

現在の医学界とは
少々乖離していると思いますよ。

教授選は
現在ではかなりオープンですし、
現ナマが飛び交うなんて、まず
有り得ない。
Re:こんばんは (超越論的思考生活)
2017-05-02 06:54:00
コメントありがとうございます。

山崎豊子の「女の勲章」を最近映像化されたドラマで観ましたが、あれもなかなかエネルギッシュな作品であったように思います(まだ本は読んでいませんが)。

僕もエネルギーのある人間になりたいですね 笑。


そしてやはり、tempo1078さんのおっしゃるように、「白い巨塔」は医学生視点でみると面白かったですね。


医学界が更に進歩していけばよいと思います。

僕は目の前の勉強をすることが先決ではありますが。
こんにちは (たにむらこうせつ)
2017-05-02 17:10:55
白い巨塔はテレビで見ました。
子供の頃だったので難しかったのを覚えています。
小説だと長いですね。
絶対途中で挫折します(^^ゞ
みんなのブログからきました。
こんばんは (たにむらこうせつ)
2017-05-02 20:01:59
ご訪問ありがとうございます。
失礼を承知の上でお願いがあります。
もし私のブログが気に入って頂けたのなら
相互読者になりませんか?
私が先に読者登録致します。
後で私のブログに来て(名前をクリック)
「読者になる」をクリックして下さい。
よろしくお願いしますm(__)m
無理なようでしたら構いません。
ありがとう (たにむらこうせつ)
2017-05-02 20:45:19
読者登録ありがとうございます<(_ _)>
まだまだ未熟な詩や短歌ですが、
これからもよろしくお願いします!
時々コメント入れますね(^-^)
Re:ありがとう (超越論的思考生活)
2017-05-02 21:14:45
コメントありがとうございます。

たしかに、白い巨塔は少し長いかもしれませんね。

こちらこそ、読者登録ありがとうございました。

これから宜しくお願いします。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL