超越論的思考生活

毎日更新中。「日記」カテゴリーにパスワード設定しています。

学年ごとに特色が…

2017-05-20 09:45:22 | 雑記
僕はすでに何回か書いている通り、二回留年している訳ですが、留年したからこそ分かることの一つに、学年ごとのカラーの違いというものを肌で実感できる、というものがあるように思います。

例えば、僕と同期で大学に入学した学年(現在六年生)の学年は、朝から時間通りに授業に出る人はほとんどおらず、授業態度も不真面目である、という風に言われていました。

しかし、学年が下がるにつれて、段々と朝から授業に出ている人が増え、今の四年生なんかは朝の授業前にはちょっとうるさいと感じるくらい人がすでに集まっています。

これは、年々大学のテストが厳しくなっていって、留年する人が増えて学年の人数がどんどん減っていることが原因の一つとして挙げられるのでしょう。

今の四年生の教室なんか、人が少なくなりすぎてスカスカになってますからね…

前の方の席なんか、だいぶ空いています。

まあ、このようなこと以外にも色々感じる訳ですが、留年していると色々世界の見え方が変わってくる面はあります。

それが良いのか悪いのかは分かりませんが…

なんにせよ、自分にとってその変化をよいものにしていかなければなりません。


読んで下さりありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« back numberについての私見 | トップ | 飲み会にて。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2017-05-21 04:44:21
義務教育ではないの
ですから、

講義の全てに
出席しなくてもいいでしょう。

大学生は
自主管理できるはず。

取捨選択でいいでしょう。

大学生なんだから
あくまで自主性を重んじるべきです。
Re:おはようございます (超越論的思考生活)
2017-05-21 05:17:54
コメントありがとうございます。

まあ結果的に国家試験に受かることができればどのような過程を経てもよいのかもしれませんね。

そのためには、自主管理も必要なことでしょう。

頑張りたいと思います。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL