護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年7月3日・火曜日  首相のボーナス

2007年07月03日 14時27分04秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年7月3日・火曜日  首相のボーナス

 朝日新聞には「ニュースがわからん!」と言うコーナーがあり、先日の新聞の編成替えから二面に引っ越してきた。毎日ではないが適時にあらゆるジャンルの問題をとりあげ、イラストやグラフを入れて分かりやすく解説するコーナーがある。
その中のイラストを揚げてみる。

   
 勉強になるので切り抜いて保存をすると膨大な量になるから、社保庁の年金のマイクロフイルムではないが、今年からスキャナーで読み取りジャンルに分けて保存をしている。

 先日、首相は、たかが73万円くらいのボーナスを返してと書いた覚えがあるが、ニュースがわからん!での説明によると、議員としての報酬を国に返還すると選挙運動とみなされ公職選挙法になり、返納できないと説明してあった。

 総理の給与は、議員としての給与と特別職の給与とあり、特別職は議員としての報酬でないのでその中から一部返納をしても公職選挙法には触れないらしい。

 しかし庶民から見ると特別職であれ議員の報酬であれ,安倍首相が給与から国家にお金を返す行為は、国民の中には「偉いやっちゃ」と選挙の時に一票入れる人物が出るのは間違いない。

 だから特別職の報酬であれ議員の報酬であれ、選挙の事前運動には間違いない。

 昨日、テレビタックルで、公務員改革で珍しく大もめしていた。自民党の改革は官僚に対して逃げ道を作っているのが自民党法案だという。
 過去、何度か公務員関係の法案が出されている。天下り先の特殊法人は削減すると言っているが、かえって天下り先は増えているのが現状だ。

 私が驚いたのは、議会にあげる各法案は、事務次官会議で承認されなければ議会に上程出来ないということだ。聞き違いかも分からないが、これが本当なら議員など必要がないと言うことだ。


 素人感覚だが私のいつも言っている、議員と公務員に対する法律は国民も参加してつくるべきだ。そして国民投票で承認するようにしなければ、100年経っても1000年経っても自分が自分達に対する法律を創っていれば、自分達に都合の良いような法律を創ってしまう。

 それが顕著に現れていて、私たちに分かりやすく感じるのは、政務調査費に領収書の添付がない(最近は批判が出て全額領収書添付の自治体もあるが)ことだ。

 戦後の日本は何事も真似てほしくないものがアメリカ化している。しかし不思議なことには、政治に対しては、お上のすることだから仕方がないと、江戸時代の日本人の意識だけが残っているのが不思議だ。

 これを書いている時に久間大臣が辞表を出したと報道をしている。遅きに失するが、もっと辞めなければならない大臣がいるのではないだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«   朝日新聞の切り抜き。 | トップ | 第二部   目の不自由な可... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑てもたw (よしお)
2007-07-03 17:30:18
すっげぇ面白いブログ見つけたw
http://ame-tk.net/2ch/520

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
筋肉質化・スリム化が必要なのは? (とむ丸の夢)
人気blogランキングへ ← 参院選まで頑張ります。  ご協力をお願いいたします。               ありがとうございました。 m(_ _)m  強行採決が「実績」ならば、 トンボ蝶々も鳥のうち、 
しょうがない (イシャジャの呟き)
誕生日の花  アガパンサス 花言葉  恋の訪れ 愛の便り  ニワナナカマド  中国原産 帰化して里山にも目覚めてすぐにスイッチを入れ、ラジオ深夜便を聞く。青春真っ盛りの昭和37年代の歌がでた。多少の反省も交えながら懐かしく聞き入る。 4時からは、こ...
「しょうがない」はしょうがなくない (津久井進の弁護士ノート)
 速報です(以下は全て新聞記事速報より)  久間章生防衛大臣が,本日,午後1時過ぎころ,辞任を申し出たとのこと。  安倍総理大臣は,「そうですか」と応えたとのことですが,「しょうがないですね」と言ったのか