護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年5月23日・ 改憲までのハードル

2007年05月23日 15時04分28秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問

 先日から辺野古の米軍(=自衛隊)基地建設問題でブログの皆さんは情報をいろいろ書き込んでおられる。
 私は庁が省に昇格したときから、自衛隊が正面に出てくると思っていましたから別に驚かなかったが、その反面、国民投票法や護憲についての事柄が少なくなったのが寂しい。

 メディアは改憲までに五つのハードルがあると言っていたが、私たちが改憲反対に直接手を出せるのは何かと見てみると、夏の参議院選挙と国民投票の二回しかない。
 其の五つのハードルを番組を参考に作って、護憲+の視聴覚コーナーに入れたので御覧いただく。
 (拡大はここをクリック)

           
 このイラストを見ながら素人ながら考えてみると、私たちが改憲に対して抵抗できるのは、第4のハードルの参議院だ。しかし、今の民主は改憲賛成党だから選択はかなり狭くなる。自民党も民主党も個人的には護憲の人物は居ると思うが、党議拘束がある限り護憲の仲間に入れることは難しい。夏の参議院に護憲の人物を一人でも多く送り込んで改憲議員を三分の一以上にすることを目標にするべきだ。

 最後のハードルの国民投票はまだハッキリしたことが見えていない。マスコミも国民もその時にならないと騒がないが、私たちは国民投票をするまでこの問題は忘れないように続けないと、国民の中に改憲ウィルスを増殖させてしまうと思うのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 07年5月23日・水曜日  「私... | トップ | 07年5月24日・木曜日 政治家... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
要訂正 (アッテンボロー)
2007-05-23 21:12:20
 上から5行目に「護憲反対」とありますが、「改憲反対」の間違いだと思われます。
ご指摘有難うございます (アッテンボローさん・憂落嘲(ごまめの翁))
2007-05-24 06:02:59
 不注意人間よく間違いを起こします。
 ご指摘の場所早速修正しました。貴兄のブログに書込もうと思いましたが、当方のブラウザの不都合か先日から貴兄のブログが正常に作動しませんので私のブログに書込みました。
  先ずはお礼まで、有り難うございました。
               ごまめの翁
さきどり改憲法 (ohta)
2007-05-24 07:06:06
東京新聞が連載していた記事へのコメントなど、さきどり改憲法(国民投票法法)のことも書きたいのですが、緊急性からいって、当面、辺野古を優先的に取り上げたいと私は思ってます。
また当然、基地建設問題と改憲論議とはつながっています。環境権できたら、自公による環境アセス法無視の基地建設などがなくなるの?という主旨のFlashバナーを作ろうかと考えています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
主権の実現は「提訴」で (高野 善通のブログアネックス)
 さて、国家権力が彼らの論理だけで作り、それをメディアが無批判的な協力姿勢促進広報活動をする裁判員制度。果てはやらせタウンミーティングや最高裁の違法行為という国家権力によるインチキまでが行われるとあっては、国民が怒らない方がおかしいというもの。国民の怒...
親と子に必要なものは (とむ丸の夢)
「親学」は必要か、の見出しが目についたのは、21日月曜日の毎日。「夜回り先生」こと水谷修さんと、元ヤンキー、現教育再生会議担当室長の義家弘介氏の顔がそこにありました。2人のそれぞれの人生を刻んだ顔。 親に子育てに関
現状に合わない憲法を現状に合わせる? (不定期連載『決まり文句を疑う』) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「憲法第9条は現状に合わない。だから憲法を現状に合わせるべきだ。」 というような意見をきくことがあります。 では、その論理にならってこんな考え方はどうでしょうか。 「職業上の男女差別はいまだにある。だから、
[ダイビング][辺野古]ヤップのマンタも辺野古のジュゴンを応援してるよ!(追記の追記あり) (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
きのうの午前中は南西の風にかわって、ゴフヌー・チャネルがベタ凪ぎになり、久々に大勢のマンタが集まってくれた。台風2号が引きずっていた雨雲のせいで、ここ数日けっこうな降水量だったので、水路の透明度はいまいちだったけど、識別できただけでも6個体のマンタが、ひ...
大阪市健康保険組合解散 (医療制度改革批判と社会保障と憲法)
大阪市健康保険組合解散 5月23日の日本経済新聞朝刊第一面に、地方公務員健保の本人負担 12組合「5割未満」 公費での優遇 今年度も継続 という見出しで、地方公務員の健康保険組合の本人負担割合が、5割に達していない12組合をあげ、その負担割合が示さ...
新PKO法案 (政治)
新しい法律考えてみました。良くないでしょうか。 -新PKO法 or 国際平和維持法- 日本の憲法9条を海外にも広めることを目的とする法律。 9条の精神により他国からの軍事攻撃を受けた国がその相手側の国の人民を 一人も殺さ無かった場合には日本はその国の復興を全...
新聞指導方策について(昭和15年2月13日)~営業部門を掣肘しろ (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
 昭和15年1月15日、阿部信行総理大臣が辞任した。不人気の末、陸軍からも見捨てられたうえでの辞任だった。しかし、内閣情報部は、不人気になった原因は、メディアにあると考え、危機感を募らせた。そこで、情報部官僚らは、新聞の編集を思うがままにしようと、新聞...