護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年5月23日・水曜日  「私は貝になりたい」

2007年05月23日 11時54分43秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 今朝の番組でスマップの中居君が「私は貝になりたい」の主役で再映画化されると言っていました。
     
 思えば、昭和33年にフランキー堺がC級戦犯で絞首刑になり、その処刑される時に「もし生まれ変わるなら海底深くの貝になりたい」と言ったと記憶している。映画を見終わった後に彼方此方ですすり泣きが聞こえたことを思い出す。私も涙が止まりませんでした。娯楽の少ない時代、何故か三度も見たと記憶しています。

 一兵士が、上官の命令で捕虜を殺害した咎で死刑になった主人公。
 当時は、上官,言うなれば星一つ多くても上官の命令は上天皇の命令だといわれた時代なので、命令に従わなければ、軍法会議にかかり、敵前逃亡だと死刑になる時代です。
 当時は、B・C級戦犯ではこれと同じ話はいくらでもありました。命令した上官は生き延びて、直接手を下した一兵卒が死刑になる。アメリカ流の裁判だから仕方がないと諦めていたのは、負けた国家の定めと泣いていた家族もありました。ですから、C級戦犯は職業軍人はいなく、殆ど民間人だったと記憶しています。
 過去の戦争では、あの様に大量の兵士が戦犯になった記録はあの戦争だけです。

 どうでなんしょう。アメリカもイラクなどでは問題を起こしていますが勝てば官軍です。私は日本を正当化しているでもなく、アメリカを悪くいっているのではありません。
 戦争とは、力の闘争とは此のようなものです。戦になれば勝てば官軍負ければ賊軍です。しかし勝っても負けても一番被害を被るのは、弱い庶民だと言うことを国民は知ってほしいと思います。

 私は,中居君主演で、この映画ができ民衆の反応がどうかが一番知りたい。昔私たちが感じた感動とは全く違うのだろうな。

 なぜ、この地球から戦争は無くなせないのだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 07年5月22日 新聞の切り抜き... | トップ | 07年5月23日・ 改憲までのハ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2007-05-26 13:11:31
戦争を考えるために、小林よしのり著『戦争論』を読んでみてほしい。

ここが考えるスタートだと思う。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アメリカ911事件のドキュメント番組 (政治)
 Loose Change Japanese nihongo 9111 hr 23 min 31 sec - Nov 26, 2006 ニューヨークの911についてのドキュメント番組(日本語版)です。真偽は分かりませんが、一つの参考にはなると思います。ペンタゴンやツインビルの倒壊の様子が私の中では当時よりずうっと気...