護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年7月14日・土曜日 消えた年金のタイミング

2007年07月14日 13時46分44秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年7月14日・土曜日 消えた年金のタイミング

 今日は新聞もテレビ番組も「消えた年金のうち15件が給付決定」と載っていた。
     
 第三者委員会の委員長・梶谷剛委員長は、淡々と給付決定に対しての説明をしていた。
  
 そしてこの問題は早急に解決しなければと言われているが、参議院選挙中に何故このような決定をしたのか、YTVは安倍首相が、苦情処理センターに視察に行っている映像を放映していた。

 問題はこれを見て選挙民の意識が変わらないかと危惧している。

 メディアは何事も正確に報道しなければならない。しかし、選挙戦の最中に安倍首相のニコニコしながら苦情処理センターの映像わ流すことはどうなんだろう。自民党を応援していることになるような気がする。

 給付決定問題も、選挙中は詳細な情報は控えるべきだ。其れでないと選挙戦の中立は守られているとは思えないと一庶民として感じた。

 もしこの事で、安倍支持が上がるようなことが有ればメディアは現政権を支持していることになるのではと思った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 07年7月13日   不正に誤魔... | トップ | 地方都市から積み木崩し 其の2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当にそう思います! (ココロ)
2007-07-14 14:14:19
何気ない「偏向報道」を繰り返しています。
私たちには規制をかけておいて‥
公職選挙法自体が政府与党にとっては「ザル法」。
すべてにおいて、やりたい放題ですね。
だって、野党は何も提示できないんですから。

こんなんで、「公平」なんてチャンチャラおかしいです。
TBありがとうございました。 (JUNSKY)
2007-07-14 14:18:26
いつも朝ズバのフリップを紹介しておられますが、デジタルビデオ映像か何かで取り込まれるのでしょうか?
それとも自作?
教えてください!
ココロさんありがとうございます (ココロさんへ(憂楽嘲ごまめの翁))
2007-07-14 16:22:12
 貴方のブログのコメントに書き込みましたが、おはずかしいことですが、戦争孤児で無学ですから横文字が分からず、何度か書き込みましたが失敗しているようです。もしお私のコメント欄に気付きでしたら御覧になってください。

コメントありがとうございます。

 高齢を言い訳にするのは駄目ですが。77歳という歳か間違いだらけで困っています。
 今後とも助言お願いします。

15件給付決定 (石頭の息子)
2007-07-14 18:01:17
頑として認められなかった年金給付請求が参院選を前に、浜の真砂だが15件の給付が認められるとか。

これは安倍政権の凋落を受けての国民への媚に違いないが、参院選の結果がどうなろうともその後も媚を売るようなことはなかろう。

ならば、毎年一回選挙があればいいのではないか。

いや、常識的には毎年選挙は受け入れられないだろうが、それぐらいの緊張感を議員さん達にはもってもらいたい、だから安定政権を作ってはいけないのだ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「えらぼーと」をやって見ました! (JUNSKYblog2007)
 今(2007年7月14日昼過ぎ)、超大型で非常に強い台風4号が、九州に差し掛かっています。 14日夕方から夜に掛けては、当地も暴風雨圏内に・・・  一昨日(7/12)の午後9時から10時頃に掛けては、「どしゃ降り」というにふさわしいとてつもない大雨と頻繁な雷で、...
時論・公論(被害者参加制度) (高野 善通のブログアネックス)
 昨日の夜ですが、NHKのニュース解説番組「時論・公論」で被害者参加刑事訴訟制度に関する解説がありましたので注目して見ました。  しかし、裁判員制度への悪影響への懸念に関する説明はお粗末極まりないもの。問題点の指摘として、感情的裁判への懸念、被害者自身...