護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年5月4日・テレビの切り抜き 行政は国家でも地方でも箱ものは禁止だ

2007年05月04日 17時33分29秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年5月4日・金曜日 みどりの日

 みどりの日だが、外交は緑でなく灰色で、外交では明るい話題は少ない。

    
 日本ではノックさんが亡くなった。山では熟年夫婦が遭難している。

   
 ノックさんは私たち年代の人間の頭の中には社会を風刺した漫才が頭の中に残っている。政治的手腕はと言われると、私には何と言って良いか分からないが、政界を引退する原因はと考えると、何かに嵌められた感じもしないでもない。あの当時は辻元清美さん。彼女いや彼女以上の不正をしていると感じる人間がシヤーシヤーと赤絨毯を歩いている。田中眞紀子氏は行政の中は伏魔殿と言っていたが、白亜の御殿の中に闇の内閣が巣食っている感じはしないでもない。
 いま東国原知事はもの凄く光っているが、知事も迂闊に陥れられないように用心してほしい。
  
 行政は国家でも地方でも箱ものは禁止だ。民間は一円でも利益を得るのに頭を働かせ汗をかいて身体を使う。しかし眠っていても勝手に収入を得る行政は、基本的に金儲けのノウハウに欠如している。
 農業を知らないものが、鍬と種を与えられ作物を作れといっているのと一緒で、種は撒いたが実はならないだ。
 実のならない物に血税をジャブジャブ使われる国民はたまったものではない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 07年5月4日・緑の日  | トップ | 07年5月5日・こどもの日 テ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
憲法記念日に寄せて (高野 善通のブログアネックス)
 さて、現日本国憲法が施行されて60年の記念日。「還暦」を迎えて憲法のあり方を考える上では非常に重要な節目であることは国民にとっても理解できると思います。何しろ、イラクへの自衛隊派遣問題、北朝鮮脅威とどう向き合うかというこの国の安全に関する緊急かつ重大...
ムダな大型開発こんなにー地方自治体選挙後半戦ー (未来を信じ、未来に生きる。)
ムダな大型開発こんなに 後半戦でも争点 --------------------------------------------------------------------------------  大型開発や大企業の優遇事業を進める一方で、市民サービス削減の自治体でいいのか?いっせい地方選後半戦(二十二日投票)で大きな争点にな...
憲法あれこれ (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
日本国憲法はきのう60周年を迎えた。各地で憲法記念日をめぐる行事が行われ、アベシンゾーはわざわざこの日を選んで壊憲をぶち上げたそうだ。ようやるわ、まったく。 世の壊憲論者の「現行憲法はGHQに押し付けられたもの」だから変える必要があるという論理は、まん...
われわれは九条にふさわしい国民だったか? (戦争を語るブログ)
NO! と答えるしかない。「平和を愛し、隣国と友好を築き、世界に平和をもたらす」のが戦争を永久に放棄した国民のあるべき姿ならば、戦後日本の歩みが九条の精神を体現したと誇ることなどできまい。憲法九条は立派すぎて、嘘ばかりついてきた日本人にはもったいないほどだ...
「ブレーキなし。問題なし。」ナイキの看板、問題なし。JUST DO IT.~抗議で撤去、やな感じ! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
月刊「創」6月号によると、渋谷パルコの壁面のナイキの上記広告が掲示後わずか2日で撤去されたらしい。「ブレーキのない自転車を広告で持ち上げるなんて、ナイキは道路交通法違反を助長するつもりなのか…」という抗議が殺到したのが原因だという。五人組の監視システム...
ベネズエラ、IMF、世銀から脱退へ (政治)
確かに世銀の施策は貧富の差を開かせるものが多いようです。欧米の大企業にとっては有り難いことのようです。 ベネズエラ、IMF、世銀から脱退へ=チャベス大統領が発表(時事通信) - goo ニュース 2007年5月1日(火)16:41