護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一読者への返事

2007年05月08日 16時33分17秒 | ごまめのぼやき
一読者への返事
 
 金美齢氏は昔はもっとマトモなことを言っていたと思いますが、マスコミにもてはやされ、与党系の政治家との交流が増えると人格が替わってしまった様です。

 人間、何不自由なく暮らせる様になると、お山の大将になるのでしょうか。私の回りにも同じ様な人間がいますので、豊と権力は人格を変えると感じています。

 勲章でも、お山の大将は叙勲されます。しかし社会の底辺でこつこつ働いている人間は、叙勲どころか生きて行くのに精一杯。
 そしてその権力者は、此れ等の人々達はさほど社会には貢献はしていないと、間違った判断をします。

 宇宙の中ら偶然と言うか奇跡と言うか地球が形成され、其の中で色々な動植物が生まれ、其の中で一番知的な動物として進化したのが人類です。

 ですから人類の出発点は皆平等だと私は思っています。
 たまたま、其の中で腕力か知力の有った者が仲間の頭に成って、長になり現代まで滅びず残っていたのが、世界の中の王室とか天皇と言われる人々だと思います。

 私は、天皇制を別に否定はしません。人類生きて行く、特に現代社会に於いては、あらゆる職種の人々の助けが無ければ生きて行けない社会に成っていると言うことを言いたいのです。
 政治家を含めて富裕層の人々は忘れています。

 彼等は何でもお金が有れば生きていけると思っています。
 毎日の食事、住宅、医療、廃棄物の処理、生まれる前から始まって、死んでからも色々な方の助けを受けているものを何事もお金で買えると勘違いしています。

 彼等が、体力でなく脳力を使って楽に金銭を得ることができるのは、底辺で低賃金で働いている庶民がいるからで、彼等の脳内で考えるだけでは、お米は作る事は出来ません。
 私たち庶民には縁遠い資本主義という、妙チキリンナ手法でぬれ手に粟でお金を集める。


 今、温暖化により地球に異変が起こっています。もし食料が地球規模で枯渇してくると生きるためには食べることが絶対です。ですから食は生きて行く者の宿命ですから食料を生産している人々は、生きるために必要な人々(医食住に係わる人々)と物々交換をします。しかしお金では何にも買えませんから、お金を山ほど積んでもお金とは交換はしません。

 もう此の様な経験をされた方は少なくなりましたが、私の終戦直後の経験では当時お百姓はお金で米は売ってくれず、金目の物品と交換してくれていたのを思い出し、そう感じるのです。

 そう成ると国家と言うのは成立しなく、食料の生産関係に携わっている者や生きて行くための物を作っている人たち以外とは物々交換は成立し辛くなります。

 先日テレビに出演された数学者の藤原雅彦さん〔日本の小説家、気象学者。新田次郎(本名藤原 寛人)の次男〕が、最近の政治は財界が政治を振り回してるから、国家が狂って来た。
【新潮社・国家の品格・グローバル化に流されず、「日本の国柄」を取り戻せ!】
http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/610141/

 難しいことは分かりませんが、あの忌わしい戦争も日本の財界が後押ししたきがします。
 アメリカが何時までも軍事行動を止めないのもアメリカの財界が金儲けのために後押ししていると私は勝手にそう思っています。

 先日、親を教育するために「親学」成るものが出されました。此の様なものは国から押し付けられるものでなく、家庭で自然の中で学ぶもの戦後それを取り上げて、今さら何をいうかである。
 
      
 先生は、
 子供に阿る(おもねている)【人の気に入るように振る舞う。へつらう】教育した結果が現代だ。 
 平等だといって先生と生徒は平等だ。
 親と子供は平等だ。
と教えていても実社会はそれと全く反対だと言うことを社会に出て気づくのが現代。
 私の場合も私の親は全くこれと同じ教育をしていたと思います。
 先生にビンタを食っても、自分に非があれば、憎みは残らず、今でもその先生の顔は忘れていません。
 正直な話その逆の場合も確かにありますが、矢張り先生は生徒よりは偉くないと困ります。
 親が子供と同等ではあり得ません。親がいないとどう生きていくのでしょう。だから親は偉いのです。
 もう一つ官僚が国家を駄目にしたとも言っていた。


 総理大臣はやっぱり日本で一番偉いと思います。
 国民は其の偉い総理とその部下たちのすることを、一挙手一投足、国民は見つめています。

 おそらく国民は、その日本のドンのすることは間違いないと真似をするでしょう.だから総理は日本を間違った道には導かないでほしいのです。

 世界の中で一番崇高で、どこの国家も認めている憲法9条を捨てないで下さい。
 9条を捨てると同時に、多くの世界中の国家の中から日本国がゴミ箱に破棄されてワンクリックでゴミ箱行きに成る可能性もあるかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 07年5月7日・月曜日 気象用語  | トップ | お休みのお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[ヤップの民話]トカゲにされた男の話 (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
ボケた写真ですみませんが、これはマングローブオオトカゲ(Varanus indicus)、英語でMangrove Monitor、ヤップ語ではガルーフ (galuuf)と呼ばれる生物。成長すると1メートル以上になるが、写真の個体は50センチくらいだったろうか。とっても臆病なので、こうして写...
拝金主義批判 (未来を信じ、未来に生きる。)
 働くことも生きることも社会貢献でなければ、そこにあるのは何でしょうか。孤独でしょうか。快楽でしょうか。でも、世界に一つだけの花を必要とするのも人間の多様性で事実。人間は一人では生きれない。でも、自分だけの時間も必要ですね。  現実は働いて社会貢献する...
人間と社会を歴史哲学するー人間の真実における事実関係とは何かー (未来を信じ、未来に生きる。)
 人間と社会の区別と関係が事実関係です。そこで、まず、人間と社会を対象として分析する。つまり、区別する。次に、人間と社会を対象として総合する。つまり、関連させる。   こうして人間と社会の関係を区別・分析し、関連・総合することで事実関係を認識するわけで...
マーケティング戦略をいかに練るか(2) (高野 善通のブログアネックス)
 傷害致死事件で起訴された格闘家被告人の裁判で、支援者が法廷内に入り込み裁判官を襲撃する事件がありました。もし、元の事件が2009年6月以降に起こっていたとすれば・・・  さて、昨日に「殺人犯を裁けますか?-裁判員制度の問題点-」(田中克人著・駒草出...
猿払事件判決を根拠に公務員の国民投票運動規制はできない~宮里労働弁護団会長、500万人公務員に捧ぐ (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
 本日、日本労働弁護団の会長宮里邦雄弁護士が、参議院の「日本国憲法に関する調査特別委員会」で、公務員の国民投票運動規制について、陳述した。同弁護士は、公務員の政治的行為に対するを容認した猿払事件を自ら担当したこともあることから(ここ←に最高裁での宮里弁...
日本国憲法誕生過程に遡って解釈する憲法96条(憲法改正条項) (平和への結集第2ブログ)
すでに、GHQ草案に遡って憲法96条の解釈を検討しましたが、さらにGHQ原案以前の資料や帝国議会などでの審議経過も振り返りながら、改めて96条を解釈してみたいと思います。 [参照] 国民投票法案・国会法改正案の重大論点:GHQ草案から解釈する憲法96条――「3分の2以...
アメリカ911事件のドキュメント番組 (政治)
 Loose Change Japanese nihongo 9111 hr 23 min 31 sec - Nov 26, 2006 ニューヨークの911についてのドキュメント番組(日本語版)です。真偽は分かりませんが、一つの参考にはなると思います。ペンタゴンやツインビルの倒壊の様子が私の中では当時よりずうっと気...
経済のグローバル化と植民地支配・戦争 (政治)
経済のグローバル化が進んでいくと新たな形の国家間の貧富の差 ができてくる。そして、経済を用いた新たな植民地支配ということも 可能です。でも、そんな理屈貧しき国の人達は誰も認められる訳は無く、 違う方法で反抗する。富める国は貧しい国のそういう判断も利用 し...