護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ休暇中に感じたこと その4

2007年05月20日 14時12分37秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
ブログ休暇中に感じたこと その4

 憲法改正前の手続きの一つ国民投票法が参議院で可決しましたから、日本は改憲に向かって走り出したのは間違いありません。

 半世紀前に絶対武器は持たないと日本の国民全員が誓ったはずの戦争放棄の柱が揺れ動いている何故でしょう。

 改憲論者は、今の憲法は占領軍が勝手に創ったと言っていますが、NHK番組で憲法に関わった番組、特に「焼け跡から生まれた憲法草案」を拝見すると、7人の民間人が関わっていると感じ、今の憲法は全くアメリカから押し付けられたものとは感じられませんでした。

 私の戦後を語ると、
 天皇陛下の玉音放送を聞いた時は、俺たちが正義のため(当時の教育がそうさせた)鬼畜米兵をやっつけるため今までやっていたことは何だったのだろう。悔しくて、悔しくて涙しました。

 ところが、目を閉じて思いを馳せる時、何故だか後の映像は頭の中に浮かんでこないのです。
 考えると、戦争が続き本土決戦の命令が出たとすれば、竹やりを持って命令どおり突き進んでいたと思います。

 戦時中、朝鮮には空襲は有りませんでした。しかし夜は光のもれるのを防いでいましたので明るいフードの取れた電球の光を見ると、はじめて戦争のない世界を感じて嬉しくなったのは事実です。

 今、改憲を唱えている戦争経験者はあの戦争で家族に被害の無かった人か、戦争で甘い汁を吸っていた人たちではないでしょうか。
 玉音放送を聞いて心が少し落ち着いてからは、戦争が終わって良かったなと喜んだ筈です。
 そして、新憲法が出来た時、これで日本は戦争をしない平和な国家になったと思った人は99%は居たと私はそう感じました。此れは当時の日本国民のほぼ全員がそう思ったとおもいます。

以下続く

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 07年5月20日・日曜日 今日の... | トップ | 07年5月21日・月曜日 国立公... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
-イラクにて 安倍、ブッシュと 心中するつもり…-橋本勝の政治漫画再生計画第71回 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
【橋本勝さんのコメント】  5月15日、イラクへの自衛隊派遣を2年間延長するイラク特措法改正案が衆院で可決された。  愚かなる判断のもと、愚かなるイラク戦争へ突き進み、アメリカの若者を死なせ、膨大な数のイラク民衆の生活と生命を破壊した、愚かなる大統領ブッ...
文科省公認・洗脳ビデオ (Saudadeな日々)
出たー! 「文科省公認・皇国臣民少年少女・洗脳ビデオ」第1弾。 「修行するぞ、修行するぞ・・・」 国は日本青年会議所にDVDアニメ「誇り」っていう教材を作らせた。 これを公立学校で授業に使うよう、正式に予算も付いた。 sivaprodさんのブログ「デザイン夜話」(0705...
商売 (政治)
商売という仕事は、物やサービスをみんなに平等に分け与える尊い仕事です。 しかしながら、大多数の人はお金儲けをすることと勘違いしているようです。 だから、此処に不公平な富の集中が起こりやすい。 本分をわきまえていれば素晴らしい尊き仕事ですが、本分を見捨てれ...
日本国憲法の改正手続に関する法律案(第百六十四回国会衆第三○号、第百六十四回国会衆第三一号)(衆議院提出)要旨 (平和党公式ブログ)
 本法律案は、日本国憲法第九十六条に定める日本国憲法の改正について、国民の承認に係る投票に関する手続を定めるとともに、あわせて憲法改正の発議に係る手続の整備を行おうとするものであり、その主な内容は次のとおりである。 一、国民投票の実施手続 1 国民...