護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年5月6日・日曜日 三大紙の論説委員長・主幹の憲法論議

2007年05月06日 16時19分14秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年5月6日・日曜日 

 テレビも不思議なことに早朝の方が、思わぬことを聞くことがある。
 今朝の自治放談(塩川正十郎氏・藤川裕久氏)で藤川氏が最後の方で、安倍首相は昔の様に軍事裁判所を創設すると言っていると話していた。

 考えれば尤もな話で、庁が省に昇格して憲法が変わり隊が軍になれば、一般社会には当てはまらない犯罪が発生するので軍事裁判所を創設するのは当たり前だろう。
   
 また、今日のサンデープロジェクトには、三大紙の論説委員長・主幹の憲法論議をしていた。
 パネラーは二人だが、私は猪瀬という人物は好きにはなれない。
  
 先日は、朝日新聞の世論調査をのせたので、今日は毎日と読売の憲法改正に対しての世論調査のグラフが出ていたので添付する、世論調査なるものは、各社どのような手法でやるのか、かなり数値が違う。
   
 番組では、憲法改正について多くを語っていたが、凡人は一つの事にしぼって書いてみる。

 
 朝日は9条の制約が有ったので、海外に自衛隊を派遣しても、発砲することもなく、正面切って攻められていないのは9条のお陰で、日本人は何とも思っていないが、外国では日本の9条をものすごく意識していると思うと言っていた。
 結果論だが、もし憲法が改正され、外国との交戦権を認めた法律になると、日本の軍隊に対して考えが変わって攻めてくることもあるかも分からない。
 と言う様な事を話していたと思う。

 それに反して読売は,隊が軍になっても名前が変わっただけで、現状の装備は何も変わらない。自衛隊に其れだけの装備があると分かっていて、イラクでもテロが攻撃を仕掛けてこなかったのだから、憲法が変わって隊が軍に成っても現状とかわらない。
 憲法改正して交戦権を与えていなければ、隊員の生命は守れない。
 と言うような討論をしていたと思う。

 

 私は朝日の目は正しいと思う。戦時を経験している者が思うのは、軍事裁判所という物ができると、昔のように憲兵も誕生するだろう。憲法が改正されて、今まで戦争はしません。交戦はしませんと言った国が、敵が居れば交戦も可という法律になると、イラクに派遣される装備もアメリカ並みに成るかもしれない。そうなると日本対しての外国の認識が今までとは絶対変わると思う。

 この二社に対して毎日の発言は少なかったのは物足りなかった。

 この論争を見て、改憲するかしないかは、メディアにもの凄く責任があると感じた。もし改憲になり、その改憲が日本の将来に悪影響を及ぼすとしたら国民を改憲に導いたメディアはどう責任をとるのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 07年5月5日・こどもの日 テ... | トップ | 07年5月7日・月曜日 気象用語  »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
多分責任は取らない! (名もない教員)
2007-05-06 19:54:25
あの「大東亜戦争」の協力加担したことを反省していれば、今日のような報道はあり得ないというのが率直な感想です。一つ一つ指摘すると長くなりますので控えますが・・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
こどもの日に寄せて (高野 善通のブログアネックス)
 本日5月5日は「こどもの日」。ということで、皆様もご存知の通り昨年改正された教育基本法について述べたいと思います。  新教育基本法の一つの柱に「愛国心教育」が掲げられ、法律の第2条(教育の目標)5号に「伝統と文化を尊重し、それらをはぐぐんできた我が国...
9条改正の是非-9条、平和ブランドを 捨て去る理由はない- (未来を信じ、未来に生きる。)
9条、平和ブランドを 捨て去る理由はない  18.9条改正の是非 ■変えることのマイナスが大き過ぎる・改正すると、戦後日本の基本軸があいまいになる ・米国の単独行動主義への、大きな歯止めを失う ・9条は、「国際公益の世話役」としての日本への信頼の基盤に...
マスメディア時評-朝日新聞社は憲法9条は変えないと結論ー (未来を信じ、未来に生きる。)
マスメディア時評 安倍改憲の暴走に立ち向かう時 --------------------------------------------------------------------------------  施行から六十年の節目を迎えた憲法記念日にあたって安倍首相は、「戦後レジーム(体制)」を見直し、改憲に取り組むことを強調し...
憲法改悪阻止のための提言~「戦後レジーム」という言葉を使ったマスコミに意味を聞こう!~ぜひ実行を! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
 安倍は、「戦後レジーム」という言葉がお好きなようです。戦後レジームからの脱却…。本当に脱却しないといけない「戦後レジーム」は、自民党支配なのに…。安倍は、「戦後レジーム」という訳の分からない言葉で改憲に向けた雰囲気づくりをしている。この短い言葉を多用...
またオオオカガニの季節がやってきた (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
ことしも、4月はじめの満月の夜あたりから、オオオカガニが産卵に出てくるようになった。以下は去年のエントリー: オオオカガニな日々 オオオカガニ・産卵への道 「スー、カニをとりにおいで」 知り合いのオバサンから電話がかかってきたのは、先週の満月の翌日。内...
「いい番組でした」という反響を伝えましょう。 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
昨夜のETV特集「焼け跡から生まれた憲法草案」 いかがでしたか? お玉へのメールで感想を伝えてくださった方々や今回、前回のコメント欄の様子、何より昨夜のお玉への人気ブログランキングのポチの数をみてますと、みなさん、とても気に入って頂けたのかなあと感じてま...
オリバー・ストーン監督、テレビCMで米のイラク撤退訴え (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 『New Platonic Synergy Theory』   )
オリバー・ストーン監督、テレビCMで米のイラク撤退訴え 5月5日1時45分配信 読売新聞  【ロサンゼルス=古沢由紀子】社会派として知られる米映画監督のオリバー・ストーン氏が、イラク駐留米軍の撤退を訴えるテレビコマーシャルを監督し、3日から米CNNテレビで放...
安倍晋三の力量 塩田潮著を読んだ (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
安倍晋三の力量平凡社このアイテムの詳細を見る この本は政治家安倍晋三氏の血脈・人脈・思想・行動を検証して、素顔と本質をさぐった新書である。 具体的には政権到達から書き始め、祖父・岸信介からうけついだもの、父・安倍晋太郎秘書生活の8年半の経験と...
ベネズエラ、IMF、世銀から脱退へ (政治)
確かに世銀の施策は貧富の差を開かせるものが多いようです。欧米の大企業にとっては有り難いことのようです。 ベネズエラ、IMF、世銀から脱退へ=チャベス大統領が発表(時事通信) - goo ニュース 2007年5月1日(火)16:41
憲法手続法案は「改憲派に有利」 (競艇場から見た風景)
法案は改憲派に有利な構造に 弁護士 山 口 真 美(やまぐち なおみ)さん 93年中央大法学部卒業。99年司法試験に合格し、01年弁護士登録(第二東京弁護士会)。現在、東京都立川市にある三多摩法律事務所に所属し、労働事件や横田基地騒音公害訴訟、沖田痴漢冤罪...
宗教の名を騙る政治結社化した「創価学会」 (競艇場から見た風景)
もはや自民党は創価学会の支援なしに選挙を戦えない。連立政権の欠くべからざる実力者「池田氏=王者様」。日本の政治を影で牛耳ってるのは、宗教の名を騙る政治結社化した「創価学会」であることを肝に銘じた方がいい。 現 憲 法=第20条(信教の自由)? 信教の自由は...