護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

08年5月6日  振り替え休日おまけの休み

2008年05月06日 20時09分42秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年5月6日  振り替え休日おまけの休み

 今日のテレビと新聞から気になっているのを取り出して書いていると4項目になってしまった。
 映像が多いと,TB出来ないブログが発生しますので、この書き込みからお入り下さい。

 やじ馬的だが今日の関西版の朝日の一面のトップはこの問題だ。

    

 私は若い時から限定解除に乗っていたが、四輪と大型は13年前に動態視力が落ちたので止めてしまった。しかし125CCは未だに乗っている。でも、ぼちぼち止めようかと思っているのだが、やはり手放すと不自由なので乗っている。しかし都市に住むと二輪の置き場に困ってしまう。四輪だと障害者の駐車証を発行して貰えたのだが二輪だとそうはいかない。

 日本の行政は何でも思いつきだけで見切り発車をする。二輪の駐車場など都会の中には少ない。それも駐車場を確保しないまま二輪も駐車禁止。確かに乗っているものもマナーは悪いのだが、後期高齢者医療と同じく思いつきの見切り発車が二輪のメーカーの首を絞めているようでだ。

 各社のテレビが取り上げているが非常識の110番が急増しているらしい。

       

 戦後の文部科学省の学校教育の失敗が此所にも出ているきがする。
 あるテレビ番組では、ゴキブリが恐いと何度も110番が有るので行ってみると、本当にゴキブリで脅えていたと言っていた。
 不思議な国だ。人を平気で切り刻む人あり。

 ゴキブリで、脅えて腰を抜かす人あり。

08年5月6日 火曜日  またまた後期高齢者(こちらからお入り下さい)

08年5月6日  お客さまがやってきた(こちらからお入り下さい)

08年5月6日  食糧危機(こちらからお入り下さい)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 08年5月6日  食糧危機 | トップ | 08年8月7日  木曜日  テ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二輪車、手放せません。 (猫家五六助)
2008-05-07 13:20:21
 こんにちは。いつも情報メールをいただき、ありがとうございます。その後、お加減はいかがでしょうか。
 さて、二輪車の駐車違反取締りですが、相変わらず警察のご都合規制という感じがします。東京では四輪車の駐車違反取締りが厳しくなった当初、民間の交通監視員が路上駐車どころか歩道上の二輪車にまで違反ステッカーを貼った、という話を聞きました。
 私は以前から市内の仕事回りは50ccスクーターを愛用しています。これは「原動機付き自転車」ですから、規制を含めた様々な位置づけで「自転車」側に区分されます。速度制限30kmだけどバスレーンは通行可、片側3斜線道路の右折レーンは使えない、とかです。
 しかし、駐車違反に限らず取締り対象の線引きが「ご都合主義」なのは大いなる疑問です。50cc-90cc-100cc-125cc-250cc~という排気量か、249⇔250ccという車検の有無なのか、車体の大きさなのか・・・どうも、警察は利用者層の多い少ないで決めているように思います。つまり、文句の少ない、マイノリティの二輪車層にはすぐに取締りを行い、反発の多い(特に主婦層)二輪車層にはあいまいに対応するか、放置するのです。
 例えば、最たるものが東京の首都高速道路。接続する中央・東名高速道路は二輪車の2人乗りOKなのに、首都高はダメなのです。夫婦のタンデムツーリングで、京都から長野経由で東京ディズニーランドへ行く場合、わざわざ中央道・高井戸ICで一般道へ降り、複雑な都内を通り抜けてから湾岸または京葉自動車へ乗り(あるいは一般道のまま)行かなければなりません。
 警察はいろいろな理由を並べて規制をしますが、タンデムライダーは文句を言い続けています。それでも警察は痛くもかゆくもないわけです。
 ですから、警察が苦情対応、思い付き、恣意的に規制を作り出したら、近い将来は50ccスクーターでさえ路上駐車で駐車違反取締りに遭うかもしれません。「誰のための取締り」なのか、ですね。
コメント拝見 (猫家五六助さん(憂落嘲・ごまめの翁))
2008-05-09 08:25:32

猫家五六助さん、コメント有難うございます。

 貴兄が猫家五六助さんになり、HMが変わると其れに慣れるまで時間がかかるのが後期高齢者。笑い

私は、此の年になっても婆さんを乗せて125CCに乗って病院通いや買物に行っていますが、子供からもう免許を返せと叱られています。
 でも若い時から限定解除に乗っていましたから、歩くと膝か関節が痛くなるので未だに二輪の方が楽なので手放せません。
 先日、娘を乗せて走りましたが物凄く怖かったです。婆さん長年乗り馴れているのでしょう本人は気が付いていませんが自然にバランスを取ってくれているのいるのでしょう若い娘の方が怖かったです。

 不勉強ですが、駐車違反の取締り50CCも対象になるのでと思っていましたが、厳密にいうと50は原動機付き自転車で自転車に分類されると思います。京都でも道路に置くバイクが少なくなったているのが目につきます。

 50の原動機は駐車違反の対象になるのでしょうか、これも地方によって変わるのでしょうか。

 日本は曖昧な事が好きな民族。此の法律も交通監視員の気分か警察の思惑次第で変わる取締をしている感じがしています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パンダより人権 (鳥居正宏のときどきLOGOS)
パンダより人権!
小林多喜二の時代(1) (高野 善通のブログアネックス)
 まずは、本日の産経コラムを。イデオロギーは徹底排除して個々の事件追跡をという姿勢、これは裁判員制度推進のための考えそのものです。イデオロギーが入り込めば、「裁判員制度は憲法違反」という主張をするケースも考えられて推進派にとってマズいからでしょう。逆に...
基準の4万3千倍のベンゼン と 1億円のパンダレンタル代 に唖然! (わんばらんす)
なんだか、数字の感覚が麻痺しつつある今日この頃。 ますます、それに拍車がかかっちゃう今日のニュース。     今日はどんなんかな~...
<フリーター>老後に生活保護費の追加負担18兆円と試算 (政治)
今の日本経済はフリーターなど非正規雇用者に依存しているのだから、そうでない人達は今後これらの方に御礼する必要が生じるのは当然だと思います。 <フリーター>老後に生活保護費の追加負担18兆円と試算 4月24日20時3分配信 毎日新聞