護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ休暇中に感じたこと その3

2007年05月19日 17時07分42秒 | ごまめのぼやき
ブログ休暇中に感じたこと その3

 日本は軍隊は持たないと誓ったのに何故改憲派が増えたのか。

 一つ答えが見みえた気がしました。
 先日、瀬戸内寂聴さんと美輪明宏さんの対談で、

 昔を思い出すのは目では見ていない。脳の中で見ているだと言っていました。そして、その時、声や音まで聞こえているとも言っていた。しかしその音も耳では聞こえていないのは確かですが聞こえて来るので、その状態が思い出で、見ていないものは頭の中には湧いてこないと言う、全くその通りだと思います。
 改めて目を閉じ昔に思いを馳せると今でも母の面影や声がきこえてくるのです。

 その脳で見て脳で聞こえたもので何時も同じ光景が見えるものが其の人の真実の歴史といえるのでしょう。

 いま、あの忌わしい戦争の思いを目を瞑り、脳に感じられる人間が何人現存されているのでしょうか。
 今,護憲活動をされている方々の多くは、実体験の中から出たものでなく、文献やお話の中から出てきた戦争反対だと言う事は間違いありません。
 ですからこの方々に目を閉じて戦争はどのようなものかは頭の目ではその実像は見えないのです。

 もし戦争の場面が見えるとしたら、実体験ではなく脳の中に見えてくるのは仮想のものになり、その人には真実とは違う映像のものしか見えてこなく、見る人の今まで生きてきた人生経験の中から、テレビやアニメそれにゲームが仮想記憶の中で戦争と結びつき、かっこ良く感じるのが戦争と結びついてしまっていると思います。

 ですから、政治家が外国からの攻撃には、こちらも其の対応が必要であるといわれた時には、ああそうだ、絶対に軍隊は必要だと感じるのでしょう。

 しかし、私たち戦時体験者は、平和の手立てが武力(軍)でないものがないかと模索すると護憲に結びつくのです。

次回に続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 07年5月19日・土曜日 天下り | トップ | 07年5月20日・日曜日 今日の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
篠田昭・新潟市長に”当然のことをしたで賞”を授与する。 (在日本 自由北朝鮮政府布告)
 自由北朝鮮政府は、篠田昭・新潟市長に”当然のことをしたで賞”とともに、ユニバース・トレーディングから押収した万景峰号で送れなくなった金正日向け黒マグロ1トンを授与する。 関連施設の税減免見直し、朝鮮総連側の請求棄却…新潟地裁  新潟市が在日本朝鮮人...
[辺野古]海自導入ほんとうの目的は?(追記あり) (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
辺野古に海上自衛隊が導入されることになったと聞いたときから、ずーっと考え続けていることがある。それは、なぜ、海自?という、単純な疑問だ。 もちろん、最高司令官としてぼくの軍隊を動かしたくてしようがないアベシンゾーくんとキューマくんだろうけど、非暴力の...
「事前調査はアセス法違反だ!!」okinawa_maxiさんの記事をリンク (競艇場から見た風景)
拙ブログに「沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page」 okinawa_maxiさんより、下記のコメントを頂きました。 TBありがとうございます。メディアは、報じないだけならまだしも、朝日.comはとんでもない政府からの「垂れ流し」報道をしています。環境アセス法で、...
読売新聞の特集「憲法改正への道」で9条を変える理由がないことが明白に! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
 読売新聞が、「憲法改正への道」と題した連載をしているが、そのうちの「国民投票法成立」の「下」(5月17日付朝刊)で書いてあることから、9条改訂の必要がないことがはっきりした。  同紙は、9条改訂の必要性として二つの事例を挙げる。  一つは、イラクの例...
「理屈付けはいくらでもある」、日本が国民主権でなく政府与党主権の国であることの証拠 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「理屈付けはいくらでもある。」 これは、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)への移設に備え、シュワブ沖でサンゴの生息状況などを調べる事前調査のために自衛隊を沖縄に派遣することに
憲法改正はかっこいい? (Muse on Music.)
日本国憲法の改正手続きを定める国民投票法案が参議院で可決された。これですぐに憲法改正ができるわけではないけれど、最近は「改憲はかっこいい」というような誤った考え方があるようなので、今日はそのことについて書いておきたい。 安倍首相が強力にすすめようとして...