護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

2009年05月24日 16時45分50秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
09年5月24日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

1・韓国(ここからお入り下さい)

2・テロップ集(ここからお入り下さい)

3・経済学者グルーグマン教授・1 (ここからお入り下さい)

4・経済学者グルーグマン教授・2 (ここからお入り下さい)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  経済学者グルーグマン教授・2 | トップ | 近畿版朝日新聞2P時時刻刻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アッソーは中外製薬から幾らもらった?(笑) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
集団感染の「予兆」大型連休明けにあった 関西大倉高校(朝日新聞) について.  口を開けば タミフル.ばっかじゃないか,アッソーは(笑) きっと,製造元の 中外製薬 からワイロをもらっているに違いない(笑)  この豊中市の町医者は賢明だったと思う.中1の女の子...
「第7回ゆるゆるトークかふぇ」などのご案内 (鳥居正宏のときどきLOGOS)
莠ャ驛ス蟶ょ圏蛹コ縺ョ繧ィ繧、繧ウ繝ウ繧コ繝サ繝薙Ξ繝ず繧呈侠轤ケ縺ィ縺励※縲∽ク也阜蜷慍縺ァ豢サ蜍輔&繧後※縺k繧キ繝ウ繧ャ繝シ繧ス繝ウ繧ー繝ゥ繧、繧ソ繝シ縺ァ縲∬ュキ諞イ繝サ蟷ウ蜥碁°蜍輔r縺輔l縺ヲ縺k郁㌕陦幃嚏繧...
5/24: 今日のトピックス  国は“地雷”の撤去を急げ 国が引き起こした戦争!反省を (今日のトピックス Blog)
「護憲+」ブログ: 今私たちがすべきこと   (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第六期を迎えました   笹井明子(管理人) 「...
今月一杯が期限のGM、連邦破産法なのか私的再建なのか・・・  (本質)
崖っぷちの『GM』・・・決断の時があと1週間とちょっとにせまる・・・ 『クライス
Panasonic シェーバー (4枚刃)ラムダッシュ 愛用中  (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
Panasonic シェーバー (4枚刃)ラムダッシュ4 青 ES-LA10-Aパナソニックこのアイテムの詳細を見る Panasonic シェーバー (4枚刃)ラムダッシュ ES-LA10を愛用中だ ヤマダ電機で試しぞりをして去年10月に買った。 4枚刃だから圧力を分散して肌になじみふかぞりができる。 ...
千葉地裁から裁判員制度崩壊? (高野 善通のブログアネックス)
 昨日の憲法フェスティバル、私のHPから参加してくださったカイネル様ほか参加者の皆様に御礼申し上げます。裁判員制度についても、竹内一郎さんが「裁判員制度が違憲であると言い出す弁護士の先生も出てきたが、このような議論が生まれることは良いことだ」と述べていら...
清水勇人氏(47)がさいたま市長選で当選確実! (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
さいたま市長選、民主系新顔・清水氏が当選確実 (朝日新聞)について  とりあえず速報.まだ開票0%ですが,自民党を離党して民主党へ合流した,清水勇人氏が47歳の若さで「さいたま市長」に当選しました.投票率が 42.78%へ上昇したことが民主党へ風を送り込んだの...
核廃絶、そして更に前へ (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
この地球という惑星に生命を受けたものは全て、己の種の保存のためには他を排除すべしという宿命を負わされて、生まれ出でたものかも知れぬ。それは、動物・植物を問わずそれぞれの生存を賭けて繰り広げられてきた争いの系譜として、今に連なっている。   人類の歴史とて...
 竹中平蔵さん (政治)
最近よく早口でまくし立てている竹中さんをテレビでよく見かけます。 元々このような話し方の人だったのでしょうか。 以前はゆっくりにこにこ話す人みたいなイメージだったのです。 何となく寂しいです。