護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年6月29日・木曜日   宮沢喜一元総理の訃報

2007年06月29日 15時17分03秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年6月29日・木曜日   宮沢喜一元総理の訃報

 自民党の中で唯一護憲派の宮沢喜一元総理が、お亡くなりになった。

 昔は、自民党の中にも戦時経験者の議員の中には、護憲派の代議士がいたのだが、年とともに戦時経験者が少なり、護憲派の議員の数が少なくなった。もしかすると、現在は自民党員の中で、心の中にでも護憲を思っている議員は全く居ないのではないだろうか。
 
   
 政界は引退されたが、体調を崩されるまでTBSの時事放談に出ておられたのが懐かしい。
 朝粗新聞の宮沢元総理の見出しを集めて切り取ってみた。
  合掌
 
     
 今日はブログの編集方法を変えてみた。御覧いただければありがたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 07/06/28  遊びのブログ | トップ | 07/06/29  目で見るブログ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
官僚とメディア 魚住昭[(ウオズミアキラ)著を読んだ (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
官僚とメディア角川書店このアイテムの詳細を見る この本はメディアを情報操作して、意のままにしようとする官僚とそれを批判しきれないメディアについて 著者のメディア内での記者体験を振り返りながら、現実の官僚とメディアの凄まじい癒着と腐敗をえぐり出し...
"慰安婦決議案" 米下院委が可決 (JUNSKYblog2007)
アメリカ連邦議会・下院外交委員会は26日午後(日本時間27日未明)、 従軍慰安婦問題に関する決議案 を一部修正のうえ、賛成39、反対2の大差で可決した。 慰安婦決議案、米下院委が可決 下院議長が支持表明(朝日新聞) - goo ニュース 当然のことであろう。 直...
自由??への逃亡 (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
先週は晴れ雲り雨と変わりやすく雲の厚い日の多かったが、やっと少しずつ天気が回復してきた。それでもまだ北東の風が例年より強く、海もベタ凪ぎとはいかない。 そんな中を月曜日(6月25日)の夕方、小さな船外機をつけたボートが、こっそりヤップから出て行った。 ...
自民党員・宮沢喜一が「護憲派」「ハト派」となるワケ (ザ・のじじズム)
「歴史観欠ける乱暴な政治」=宮沢元首相が安倍政権危惧-河野議長(時事通信)というニュースは、今の世の中が如何に右傾化しているかを示すものです。PKO協力法を成立させ、自衛隊の海外派遣に道を開いたのは宮沢喜一でした。私にとっては宮沢喜一は「右」でし...
宮沢喜一元首相が死去 (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
http://news.tbs.co.jp/20070628/newseye/tbs_newseye3596915.html 宮沢喜一元首相が老衰のため死去 ご冥福をお祈り申し上げます。天寿は全うされたのでしょうが、如何にも残念なことです。後は託されたと言う理解で、護憲(或いは憲法の充実=われわれの自由・権利の充実...