ひとこと・ふたこと・時どき多言(たこと)

〈ゴマメのばーば〉の、日々訪れる想い・あれこれ

「民意」を、しっかり受け止めてください。

2016-10-18 06:19:30 | 日記
国会答弁でもそうですが、安倍首相のハナシは、
いまいち 筋というか、論理展開が理解できないことが多いのです。
東京10区、若狭候補を応援に来ての弁舌。
  〈我々自由民主党も、あの時は小池さんと戦ったわけですが、
   都民の意思が示された以上、首都東京と国が協力していくことは当然のことであります。
   その協力の象徴が、若狭勝候補であります〉
                      (TBS系10月16日(日)17時58分配信)
安倍首相は、「国」代表で若狭氏の応援に駆け付けたのでしょうか。
小池氏が落選していたら、おそらく、対応はガラッと変わっていたはず。

それにしても、
〈都民の意思が示された以上、首都東京と国が協力していくことは当然のこと〉
と、おっしゃるなら、ぜひぜひ お願い致します。
いや、その責任があるはずです。

新潟県知事選は、再稼働に慎重な姿勢を強く打ち出した米山隆一氏が当選しました。
7月の鹿児島県知事選でも、川内原発の停止を掲げた三反園訓氏が当選しました。
いずれも、県民の意思が、しっかりと示されたわけです。

安倍首相は、国会での答弁の際、
〈国民の皆様から支持され、与党としての議員数を頂いているから〉
との、理由で、政策のすべてを国民から白紙信託されているようなことを述べています。
安倍首相の大好きで、良く用いる言葉、
『しっかりと』
そうです。
しっかり県民の意思を強く受け止め、原発の再稼働に終止符を打ち、
原発政策を見直すべきが筋というものです。
民意が示されたわけですから。

そして、沖縄。
沖縄県の民意も〈しっかり〉と受け止め、強引なやり方を、即刻中止すべきです。

それから、原発事故に遭遇した福島県に住む〈ばーば〉の一人として、
立地市町村の皆様に お願いしたいのです。
日本は火山国です。
福島のような事故が、人災・自然災に拘わらず、絶対に起きないとは言い切れません。
ひと度 事故ともなれば、立地市町村に限定されるものではなく、広範囲に災禍が及びます。
立地市町村民が、「被害者」になるだけに留まらず、稼働を容認・選択したという点で、
「加害者」となってしまってよいものではありません。

お願いします。
原発事故に遭遇した者の一人として、再稼働はさせないで欲しいのです。
放射性廃棄物の「始末の仕方」も、まだ出来ていないのですから。
                              〈ゴマメのばーば〉
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何もできない悲しみに侵され... | トップ | エールを送っているわけでは... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に❗ (Cafe の宿六)
2016-10-18 07:47:57
ゴマメのばーば様
おはようございます。
賛同です。
本当にしっかりとやって欲しいものですね!
こんにちは。 (ゴマメのばーば)
2016-10-18 14:13:50
 (Cafe の宿六)さま。
国会中継を見ていますと、まったく!という思いに駆られますが、今日の青空、深くて澄んでいます。
こんにちは (tempo1078)
2016-10-18 14:46:33
安倍さんの
言うようなことを、


詭弁って言うんでしょうな。

首相としての
品格を疑う。
Unknown (ゴマメのばーば)
2016-10-18 20:23:15
 (tempo1078)さま。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。